ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
FXトレーダー(FX投資家)の取引手法を公開!

緊張下にある世界経済。
大揺れの為替相場を乗り切るための3か条とは?(1)

2008年09月25日(木)11:54公開 (2008年09月25日(木)11:54更新)
ザイFX!編集部

 大きく揺れ動いている世界の金融市場。中でも先週のリーマン・ブラザーズ破綻には驚かされたが、その直後、9月16日にEURO SELLERさんのブログを見たら、「年内を乗り切るための8か条」というエントリーが目に止まった。

 EURO SELLERさんは以前、当コーナーに登場してもらったことがあるFXブロガー(「FXブロガー・EURO SELLERさんに聞く(1) ~FXのトレードで成功するカギは?~」などを参照)。FXのトレードでこれまで大きな利益を上げてきた個人投資家だ。

 さて、その「年内を乗り切るための8か条」とは果たしてどのようなものなのか? 激動の相場が続く中、非常に興味深く思えるその”8か条”とは以下のとおりだ。

1.円高をチャンスとするために中途半端なクロス円ロングの禁止
 2.為替は当面テクニカルシグナルに基づいた短期売買に徹すること
 3.ユーロとポンドは短期には絶対買わないこと
 4.ドルのレパトリが続く間は,新興国への株式投資を禁止
 5.いざと言うときのためにキャッシュポジションを増やしておくこと
 6.VIXが20~30の間は中途半端なので株式取引は自重すること
   (30以上の底で買うか,20を切ってから満を持して出動する)
 7.資源・材料株からは撤退するか,プットオプションを買うこと
 8.金融関連株のオプション買いは利幅が出るので推奨する


 EURO SELLERさんは株やオプションなどの取引もしているため、為替以外の話も入っているが、今回は為替に関する上記1~3について、つまり、「大揺れの為替相場を乗り切るための3か条」について、EURO SELLERさんに詳しく聞いてみることにした。

■中途半端なクロス円ロングは禁止!

 まずは「1.円高をチャンスとするために中途半端なクロス円ロングの禁止」という項目について。

 当コーナーでも「クロス円」という用語はすでによく出てきているが、念のためここで今一度説明しておくと、クロス円というのは「米ドル以外の通貨と円の通貨ペア」のこと。ユーロ/円、ポンド/円、豪ドル/円などがクロス円になる。

 また、「ロング」はその通貨ペアの「買い」を意味し、逆に「ショート」はその通貨ペアの「売り」を意味する。

 さて、ユーロ、ポンド、豪ドルなどは今のところ金利が高く、一方、円の金利は低い。このため、たとえば、ポンド/円をショートすると(ポンドを売り円を買うと)、スワップ金利が結構なマイナスになる。

 この”マイナススワップ”ということがあるため、EURO SELLERさんはクロス円については基本ロングを狙っているという。しかし、中途半端なロングはすべきでないと言っているのだ。

■「相場を味方につける」とは?

 「今のように毎週末にイベントリスクがある状況では、本当は円高になるのか、円安になるのか、わかりません。だから、このような場合は『相場を味方にして』保険をかけたいと思ったのです」

 「たとえば、以下のポンド/円の日足チャートを見てください」
英ポンド/円 日足

 「『年内を乗り切るための8か条』を書いた9月16日、ポンド/円は190円を割れており、チャートの中にそれより下のレートの部分がまったくありませんでした。こういう場合はあと1円下がって終わりなのか、それとも10円下がってしまうのか、わかりません。

 このようなケースで逆張りで買う場合、失敗した時に自分の決めていたレートでちゃんと損切りできるのならいいのですが、そうでないとしたら非常に危険です。

 上のチャート上の赤いラインは3月につけた安値196円のところへ引いたものですが、9月になってここを割れたあとでロングポジションを取るということは、それより上でショートポジションを取ったすべての人たち----つまり、このチャート上のほぼすべての期間にショートポジションを取った人たちを全部敵に回していることになります。

 このようなところでロングポジションを取る人は『相場を味方にしている』とはとても言えないのです。

『相場を味方につける』とは、自分より上にショーターがいる場面でショートする、あるいは自分より下にロンガーがいる場面でロングする、ということなんです」

■頭と尻尾はくれてやれ!

 相場格言に「頭と尻尾はくれてやれ」というものがある。天井で売ることや、大底で買うことは難しいので、そういうところでうまく売買しようと考えず、頭と尻尾の間にあるおいしい”身”の部分だけ取れればよいという考え方だ。

 EURO SELLERさんが語る「相場を味方につける」とは、この「頭と尻尾はくれてやれ」という格言に当たるものとのこと。

 「私は『相場を味方につけたい』ので、クロス円の場合は底をきちんと見極めてから、つまり、尻尾の部分を見極めてから買おうと思ったのです。これが『1.円高をチャンスとするために中途半端なクロス円ロングの禁止』の意味になります」

 なお、ポンド/円は9月16日のあと反発し、いったん196~197円付近まで上がってきているが、まだ、上のチャートの赤いラインを明確に上抜いてきているわけではない。EURO SELLERさんの言う「中途半端なクロス円ロングの禁止」状態はまだ続いている状況と思われる。

 ただ、今後、さらに上昇し、9月になって196円割れでショートポジションを取った人たちに上昇相場が打ち勝って底入れしたと判断できれば、「中途半端」ではなくなるのだから、そこではじめて買っていく可能性が出てくるわけだ。

「緊張下にある世界経済。大揺れの為替相場を乗り切るための3か条とは?(2)」へつづく)

(ザイFX!編集部・井口稔)
【2022年7月最新版】

FX初心者におすすめのFX会社はココだ!

■少額から取引できる「最低取引単位が小さいFX会社」!

SBI FXトレード⇒詳細情報ページへ

最低取引単位 スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.09銭 0.30銭 0.19pips 34ペア
※取引量が1~1000通貨までのスプレッド。2022年5月2日(月)7時00分~2022年6月1日(水)5時30分までの配信実績
【SBI FXトレードの関連記事】
「SBI FXトレード」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレードの公式サイトはこちら!▼
SBI FXトレードの公式サイト

MATSUI FX(松井証券)⇒詳細情報ページへ

最低
取引単位
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.2~0.9銭 0.5銭原則固定 0.4pips原則固定 20ペア
【MATSUI FX(松井証券)の関連記事】
「MATSUI FX(松井証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼MATSUI FX(松井証券)の公式サイトはこちら!▼
MATSUI FX(松井証券)の公式サイト

パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)⇒詳細情報ページへ

最低
取引単位
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
100通貨 0.0銭原則固定 0.0銭原則固定 0.1pips原則固定 18ペア
※スプレッドは取引量によって変化。2022年7月30日までのキャンペーンスプレッド
【パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の関連記事】
「パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の公式サイトはこちら!▼
パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の公式サイト

■スプレッドが狭くて「取引コストが安い、おすすめのFX会社」!

 米ドル/円

SBI FXトレード⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.09銭 0.30銭 0.19pips 34ペア 1通貨
※取引量が1~1000通貨までのスプレッド。2022年5月2日(月)7時00分~2022年6月1日(水)5時30分までの配信実績
【SBI FXトレードの関連記事】
「SBI FXトレード」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレードの公式サイトはこちら!▼
SBI FXトレードの公式サイト

FXネオ(GMOクリック証券)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.5銭原則固定 0.4pips原則固定 20ペア 1万通貨
【FXネオ(GMOクリック証券)の関連記事】
「FXネオ(GMOクリック証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼FXネオ(GMOクリック証券)の公式サイトはこちら!▼
FXネオ(GMOクリック証券)の公式サイト

LINE FX(LINE証券)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.4銭原則固定 0.4pips原則固定 23ペア 1000通貨
※日本時間9時~翌27時までの時間帯に適用されるスプレッド。スプレッドはすべて例外あり。ユーロ/円・ユーロ/米ドルは、2022年10月1日までのキャンペーンスプレッド
【LINE FX(LINE証券)の関連記事】
「LINE FX(LINE証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼LINE FX(LINE証券)の公式サイトはこちら!▼
LINE FX(LINE証券)の公式サイト
 ユーロ/米ドル

LION FX(ヒロセ通商)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2~0.9銭 0.4~1.6銭 0.3pips 51ペア 1000通貨
【LION FX(ヒロセ通商)の関連記事】
「LION FX(ヒロセ通商)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼LION FX(ヒロセ通商)の公式サイトはこちら!▼
LION FX(ヒロセ通商)の公式サイト

MATRIX TRADER(JFX)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2~0.9銭 0.4~1.6銭 0.3~1.0pips 38ペア 1000通貨
【MATRIX TRADER(JFX)の関連記事】
「MATRIX TRADER(JFX)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼MATRIX TRADER(JFX)の公式サイトはこちら!▼
MATRIX TRADER(JFX)の公式サイト

外貨ネクストネオ(外為どっとコム)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.4銭原則固定 0.3pips原則固定 30ペア 1000通貨
※日本時間9時~翌27時までの時間帯に適用されるスプレッド。スプレッドはすべて例外あり。ユーロ/円・ユーロ/米ドルは、2022年7月30日までのキャンペーンスプレッド
【外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の関連記事】
「外貨ネクストネオ(外為どっとコム)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の公式サイトはこちら!▼
外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の公式サイト

※本コンテンツの調査対象は法人口座ではなく、すべて個人口座となっています。
※サービス内容は当社が独自に調査したものです。正確な情報を提供するよう努めておりますが、詳細は各FX会社にお問い合わせください。

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定5000円&オリジナルレポート

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引でもれなく限定5000円&オリジナルレポート!

link

現金がもらえる!

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

無料オンラインセミナーは初心者に人気!口座開設者向けキャンペーンも充実!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
JFX[MATRIX TRADER] 外貨ex byGMO[外貨ex] GMOクリック証券[FXネオ]
JFX[MATRIX TRADER] 外貨ex byGMO[外貨ex] GMOクリック証券[FXネオ]
世界の為替チャート

ビットコイン/円+4588.002615914.00

XBTJPY

ビットコイン/米ドル+60.600019354.1000

XBTUSD

ビットコイン/ユーロ+50.000018540.0000

XBTEUR
Powered by kraken
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る