ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
今井雅人の「どうする? どうなる? 日本経済、世界経済」

ユーロ安は欧州経済回復にプラスの効果。
ECBによるユーロ買い介入は考えづらい!

2010年05月27日(木)17:03公開 (2010年05月27日(木)17:03更新)
今井雅人

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 またまた激動の1週間が経過しました。

 この1週間はレンジ内で乱高下という展開になっています。混乱の第1ラウンドが終わって、次の流れができるまでの「場つなぎ」相場となっているという認識をもっておきたいと思います。

 来週も新しい材料が出てこなければ、この1週間と同じような相場展開になる可能性が高いでしょう。
ユーロ vs 世界の通貨 日足
(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ vs 世界の通貨 日足

■今のユーロ諸国に必要なこととは?

 さて、今回は、ギリシャ問題の「出口」について考えてみたいと思います。

 それを考えるにあたって参考となるのは、1997年に起きた「アジア通貨危機」だと思います。

 日本でFX取引が始まったのが1998年ですから、皆さんはあまり記憶にないかもしれませんが、このときのアジア通貨市場は今のユーロなど比較にならないほど激しい動きをしました。東南アジアの国を中心に通貨も急落しました。

 しかし、この危機を乗り越えた後、東南アジア諸国は急激に景気を回復し、経済を拡大させました。

 この間、どのような経緯をたどったかということは、簡単に言えばこうです。

 急激に財政が悪化したことを受けて、東南アジア諸国はIMF(国際通貨基金)などから資金援助を受けました。

 そして、IMFの指導を受けて財政の建て直しに取り組み、さらに、通貨が急激に下落した(あるいは切り下げをした)ことを受けて、輸出が急速に回復・拡大し、経済が立て直されたというものでした。

今のユーロ諸国に必要なことと、そっくりだと思いませんか?

【ザイFX!編集部からのお知らせ】

ザイFX!でもおなじみの今井雅人さんからのレポートを受けて、ザイFX!が 配信する「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人(月額:5,500円(税込))」

ザイFX!プレミアム配信with今井雅人

 その日のニュースをコンパクトに解説し、今後の為替の値動きについての予測とともに、今井氏のポジションについても可能な限り配信する、実践型の有料メルマガです。

「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人」には10日間の無料体験期間がありますので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る