ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
トルコリラ相場の明日は天国か? 地獄か?

トルコリラにとって、原油価格と天然ガス価格の下落
は追い風になりそう。ただし、EU諸国の景気悪化は、
トルコの製造業に急激な減速をもたらすリスク!

2022年09月14日(水)17:17公開 (2022年09月14日(水)17:17更新)
エミン・ユルマズ

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

7月のトルコ鉱工業生産指数はネガティブサプライズに。EU諸国の景気悪化が製造業に急減速をもたらすリスクも

 TUIK(トルコ統計局)は今週(9月12日~)、7月の鉱工業生産のデータを発表しました。7月の鉱工業生産指数は前年同月比で2.4%の上昇となりましたが、前月比では6.2%の下落となり、月次ベースで2020年3月のコロナショック以来のマイナスを記録しました。

トルコ鉱工業生産指数 前年同月比
トルコ鉱工業生産指数 前年同月比

(出所:TUIK

トルコ鉱工業生産指数 前月比
トルコ鉱工業生産指数 前月比

(出所:TUIK

 データの中身を見ると前月比で下げがもっとも大きかったのが、8%の下落となった耐久消費財でした。

トルコの鉱工業生産指数の悪化はドイツの鉱工業生産指数の悪化と深いつながりがあります。

 トルコはドイツを中心とするEU(欧州連合)諸国の生産拠点のひとつであり、輸出の大部分をEU向けに行っています。そのため、EU諸国の景気悪化はトルコの製造業に急激な減速をもたらすリスクがあります。新型コロナウイルスのパンデミック以降、製造業は観光業と違って好調だっただけに、7月のデータはネガティブサプライズとなりました。

トルコの売上高指数は前月比で下落。建設業救済でエルドアン大統領が新プロジェクトを発表

 今週(9月12日~)TUIKが発表したもうひとつの重要なマクロ指標は、トルコ企業の売上高のデータでした。

 7月の売上高指数は前年同月比で122.4%の上昇となりましたが、こちらも月次が悪く、前月比で1.5%の下落となっています。

トルコ売上高指数 前年同月比
トルコ売上高指数 前年同月比

(出所:TUIK

トルコ売上高指数 前月比
トルコ売上高指数 前月比

(出所:TUIK

 特に建設業の売上高は前年同月比で5.7%の減少となり目立っています。エルドアン大統領は今週(9月12日~)行った演説で、低所得者向けの公営住宅建設プロジェクトを発表しました。この住宅建設プロジェクトは選挙キャンペーンの一環であるとともに業績が悪化している建設業を救済するためのプロジェクトであると考えます。

エルドアン大統領は低所得住宅建設プロジェクトを発表した。これは業績が悪化している建設業を救済するためのプロジェクトだという (C)Anadolu Agency/Getty Images

エルドアン大統領は低所得住宅建設プロジェクトを発表した。これは業績が悪化している建設業を救済するためのプロジェクトだという (C)Anadolu Agency/Getty Images

原油と天然ガス価格の下落により経常赤字拡大が止まれば、トルコリラに追い風になると予想

 今週(9月12日~)のトルコリラは対米ドルでは下げに転じたものの、対円では円安の進行を受けて上昇を続けています。米ドル/トルコリラは18.25リラまで上昇し、トルコリラ/円は7.90円を超えました。

米ドル/トルコリラ 日足
米ドル/トルコリラ 日足

(出所:TradingView

トルコリラ/円 日足
トルコリラ/円 日足

(出所:TradingView

 以前から指摘しているように、トルコリラの動きとトルコの経常収支の間には深い相関関係があります。トルコ中銀が発表した7月の経常赤字は40.1億ドルでした。昨年(2021年)7月の経常赤字が3.1億ドルだったことを考えるとトルコの経常収支の悪化度合いがわかります。

【参考記事】
【トルコリラ見通し】トルコの消費者信頼感指数は歴史的低水準。政権交代がない限り、負のスパイラルから抜け出すことは難しい(7月13日、エミン・ユルマズ)

 直近12カ月の経常赤字は366億ドルで、経常赤字がGDPに占める割合は4%を超えています。

 一方で経常赤字の最大要因はエネルギーです。原油価格と天然ガス価格が足元で下げに転じているので、今後、経常赤字の拡大が止まり、これがトルコリラに追い風になると予想しています。

エブリシング・バブルの崩壊(エミン・ユルマズ著)
エブリシング・バブルの崩壊
エミン・ユルマズ

<内容紹介>
今後の世界経済はどのように展開していくのか?すべてがバブルと思われるほど価格が上昇したいま(2022年春)、リーマンショック以上の世界経済の崩壊(!)が近づいていることを、著者は深く懸念している。さらにサイバーセキュリティへの懸念や暗号通貨の広がりなど、グローバル化、デジタル化した世界経済ならではの、新しい問題についても警鐘を鳴らしている。
著者は、こんなときだからこそ、日本に世界の資金が集まるチャンスとも言う。投資をする人も、そうでない人も、世界経済の大転換期に入った今、是非読んでおきたい一冊である。
楽天ブックス『エブリシング・バブルの崩壊』を見る
Amazon.co.jp『エブリシング・バブルの崩壊』を見る
外貨ex byGMO[外貨ex]

ザイFX!最新&おすすめ記事

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る