ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

太田忠
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

利上げ幅小さく決定のRBAに連想したドル金利低下、
ドル買いに一服感だが優しいFRBになるのか

2022年10月05日(水)15:13公開 (2022年10月05日(水)15:13更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 オーストラリア中銀が25ベーシスの利上げにとどまった。これが利上げサイクルの終了も間近いのではないかとの観測を促した。欧州債や米国債は一斉の利回りを下げる。7月下旬から8月にかけて起こったのと同じ構図となった。

 つまり勝手にマーケットが金融当局の腹を勘ぐっているのだ。しかも都合の良い方に。それを好感して欧州株や米国株は前日に引き続いて、大幅な上昇と演じることとなった。 FRBはとくに12月の利上げ分が50ベーシスに落ちるのではないかという思惑が強まっていたところだ。

 その根拠はFRBのレポートで来年にかけて失業率が4.4%台まで上昇すると想定していることだ。利上げが景気の下振れリスクになるということを主張したものだ。しかし現状の失業率が3.5%とか3.6%であるのに、金融ショックもなく4.4%まで上がるのかという不思議さもある。失業率の推定に無理があるとすれば、来年3月のFOMCまでは75ベーシスずつの利上げは避けられないところなのだが。

 ユーロドルの反応は強烈だった。0.98台の前半でもんでいたのだが、0.95台まで突っ込んだ後のマックス戻しであった。09840l近辺を越えてきてからはまったくの押し目らしい押し目を作らずに値が持ち上がった。

 そしてついにパリティにワンタッチするところまで吹き上がったのである。たしかに短期的にはショートポジションもたまっていただろう。それに利上げサイクル終了への期待が高まったのが加わったものである。ドル買いには一服感が出て、ドル円も若干ながらも売りに押された。

 ニュージーランドは予想通りに50ベーシスの利上げだった。これをもって利上げ終了の観測が飛んでしまったということはできないが、これまでの流れ、すなわちドル売りの流れは止まっている。果たしてこれが継続するかどうか。


日本時間 15時00分

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で5000円!

セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]

マーケット情報充実!今ならザイFX!限定5000円がもらえるキャンペーン中!

link

ザイFX!限定5000円&オリジナルレポート

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引でもれなく限定5000円&オリジナルレポート!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る