ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」

米ドル高の一服は、ユーロ/米ドルの動きを見れば一目
瞭然! 米ドル/円はしばらく高値圏での保ち合いに
とどまり、ユーロ/円は上値余地が拡大する可能性!

2022年10月28日(金)18:18公開 (2022年10月28日(金)18:18更新)
陳満咲杜

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

米ドル全面高一服!? ユーロ/米ドルチャートで
ユーロ底打ちの可能性を確認!

 前回(10月21日)のコラムをもって示唆したように、米ドル全面高の一服を示唆するサインが鮮明になってきた。

【※関連記事はこちら!】
日本の個人投資家による「介入プレー」は明らかな失敗。主要なクロス円の多くがさらなる円安余地を示唆! 主役が変わり、英ポンド/円は190円台へ!?(2022年10月21日、陳満咲杜)

 米ドル全体の話ならユーロ/米ドルを見ればわかるので、まずユーロ/米ドルの日足を見てみよう。

 ユーロの底打ちがあれば、米ドル全面高の一服が示唆されるから、ユーロの底打ちやその可能性を測る方法を、まず確認したい。

 テクニカルの世界では、いろんな指標があるが、個人的には「1-2-3の法則」がもっとも役に立つのではないかと思う。

 同法則で測るとすると、まず(1)で表示された安値を確認してもらいたい。それは10月13日(木)の安値で、9月安値(20年ぶりの安値だった)に再度接近していたが、安値の再更新を回避した。

ユーロ/米ドル 日足
ユーロ/米ドル 日足チャート

(出所:ゴールデンウェイ・ジャパン

 その後、切り返しを継続し、(2)の矢印が指しているように、長期レジストタンスラインをブレイクした。そして、(3)の矢印が示すように、10月4日(火)高値(安値更新後、最初の切り返しの終点)を超えたので、「1-2-3の法則」の条件をすべて満たし、ユーロ/米ドルの底打ちが確認された。また、ベア(下落)トレンドがこれから反転する可能性を示唆したというわけだ。

 (2)のところで、レジスタンスラインのブレイクがあったが、そのレジスタンスラインが長ければ長いほど、ブレイクの可能性が高く、また「1-2-3の法則」に照らした底打ちの可能性が高いとされる。

 上のチャートが示しているように、少なくとも今年(2022年)3月高値から同レジスタンスラインが引かれてきたから、ブレイク自体が本物である、という公算が高いと思われる。

ユーロ/米ドルは、しばらく切り返しの構造を強化していくだろう

 プライスアクションの視点でも、ユーロの底打ちを確認できるサインを確認できる。(1)~(3)の矢印は、安値トライした日足をさしているが、日足におけるサインは揃って「強気リバーサル」のサインであったことがわかる。

ユーロ/米ドル 日足
ユーロ/米ドル 日足チャート

(出所:ゴールデンウェイ・ジャパン

 「強気リバーサル」とは、当日ザラ場にていったん安値を更新したにもかかわらず、終値では少なとも前日の高値より高く大引けするローソク足である。このようなローソク足の連続があったからこそ、10月4日(火)高値を一気にブレイクしたから、しばらく切り返しの構造を強化していくだろう。

 昨日(10月27日)のような反落は、むしろ押し目買いの好機とみなし、戻りの余地をさらに拡大していくだろう。言ってみれば、米ドル高の一服のみではなく、米ドル全体の調整がこれからも期待できる。

ユーロ/米ドルの内部構造は、米金利の動向に影響を受けるものの、
米金利より早期に底打ちの可能性を示していた

 米長期金利(米10年物国債利回り)の動向を照らし合わせてみれば、相場の内部構造が一段と鮮明になってくる。

 直近の米10年物国債利回りの高値(4.338%)が10月21日(金)に形成され、また同利回りの反落(10月27日にいったん3.898%へ下落)が米ドル高一服の根拠としてよく説明されている。

 しかし、ユーロ/米ドルの最近の最安値は9月28日(水)に記録され、2番目の安値は10月13日(木)に形成、10月21日(金)までくると、すでに3番目の安値となっている。

ユーロ/米ドルVS米長期金利 日足
ユーロ/米ドルVS米長期金利 日足チャート

(出所:TradingView

 要するに、ユーロ/米ドルの内部構造は、米金利の動向に影響を受けるものの、米金利より早期に底打ちの可能性を示していたので、より信憑性が高いわけだ。

政府・日銀の2度目の介入は成功した可能性が高いが、それは「タイミング」が良かったから

 米ドル/円に関してはいろんな憶測があるが、基本的に以下の2点を押さえたい。

 1つは、先週末(10月21日)の政府・日銀の2度目の大規模介入は、9月の介入失敗とは対照的に「成功した」可能性が高いということ。

 もう1つは、米長期金利の低下が続くのであれば、同可能性が一段と高まるということだ。

 ただし、誤解をしないでほしい。政府・日銀の2度目の介入が仮に成功したとしても、それは介入自体の成功ではなく、「タイミング」が良かっただけの話だ。

 なにしろ、前回(10月21日)のコラムをもって指摘したように、152円台はロング筋にとって重要なターゲットであったから、同節目手前にて大規模な介入を行った日銀の判断は、ロング筋の目標達成感と相まって、成功しやすかった。

【※関連記事はこちら!】
日本の個人投資家による「介入プレー」は明らかな失敗。主要なクロス円の多くがさらなる円安余地を示唆! 主役が変わり、英ポンド/円は190円台へ!?(2022年10月21日、陳満咲杜)

 その上、米長期金利の頭打ち、また反落の勢いに乗った介入だったから、一層効いたに違いない。

 これから米長期金利の急上昇がない限り、しばらく米ドル/円の高値更新もなかろう

 反面、下のチャートが示しているように、1回目の介入、すなわち9月22日(木)の大陰線の存在感がなお大きい。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足チャート

(出所:ゴールデンウェイ・ジャパン

 その後、高値更新を果たし、また政府・日銀2度目の大規模介入で再度大陰線を形成。目先まで反落してきたが、9月22日(木)大陰線が示した役割(一転してサポートゾーンを提供)を、たちまち否定できるとは考えにくいから、米ドル/円はしばらく高値圏での保ち合いにとどまるだろう。

143円台前半~145円台前半のサポートゾーンを完全に割らない限り、
ユーロ/円の下値余地は限定的

 ゆえに、クロス円(米ドル以外の通貨と円との通貨ペア)としてのユーロ/円は上値余地を拡大するだろう。9月22日(木)、政府・日銀の介入があって大きく波乱したものの、大陰線をもって、かえってサポートゾーンを再度確認、また10月24日(月)の「スパイクロー」風大陽線をもって、同サポートゾーンが再度強化されたというわけだ。

ユーロ/円 日足
ユーロ/円 日足チャート

(出所:ゴールデンウェイ・ジャパン

 9月高値や10月4日(火)高値の水準に照らして考えると、143円台前半~145円台前半のサポートゾーンを完全に割らない限り、ユーロの下値余地が限定され、昨日(10月27日)のような反落があれば、むしろ押し目買いの好機とみなせる。

 詰まるところ、一番大きなロジックは以下のとおりである。

米ドル全面高の一服、または米ドル全面高に対する修正があれば、ユーロや英ポンド、また豪ドルなどの外貨が円より買われるから、主要クロス円は一段と上昇余地を拡大する。

 同ロジックの検証は、これからも続けたい。市況はいかに。

14:30執筆

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 jfx記事
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る