ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

米ドル/円は151.95円で天井を付け、急落する可能性に
警戒! 当面は戻り売りの展開か。米利上げ最終地点の
見通しに変化、米ドルは大きなターニングポイントに!

2022年10月27日(木)14:31公開 (2022年10月27日(木)14:31更新)
西原宏一

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

豪中銀に続いて、カナダ中銀も利上げ幅の縮小を開始

 10月26日の欧米市場の注目は、カナダの中央銀行に集まっていました。

 カナダ中銀の事前の利上げ幅のコンセンサスは0.75%でしたが、実際の利上げ幅は0.5%にとどまり、誘導目標金利は3.75%と発表しました。

 カナダ中銀のマックレム総裁は記者会見で「引き締め局面は終わりを迎える。そこに近づきつつあるが、まだ到達していない」とコメント。政策発表後にカナダ国債相場は大幅上昇し、2年債利回りは一時3.84%台に低下しました。

カナダ2年債利回り・4時間足
カナダ2年債利回り・4時間足

(出所:TradingView

 10月6日のコラムでRBA(オーストラリア準備銀行[豪州の中央銀行])が利上げ幅を縮小したことに、他の中央銀行が追随する可能性があると書きましたが、まずは、カナダ中銀が利上げ幅を縮小した格好になりました。

【※関連記事はこちら!】
米ドル/円は146~147円と、上値余地が限定的になる可能性! RBAのハト派な決定で、米国の利上げペースも緩和されるか? ユーロ/スイスフランは売り継続!(2022年10月6日、西原宏一)

 マーケットでは、RBA、BOC(イングランド銀行[英国の中央銀行])に続きFRB(米連邦準備制度理事会)の利上げ幅の縮小(テーパリング)が行われるのではないかとの予測が拡大し、米10年債利回りはカナダ中銀の発表後に低下。一時3.99%まで下落(クローズは4.00%)しました。

 その結果、米ドルは反落。

 まず英ポンド/米ドルが節目の1.1500ドルを突破し、本稿執筆時点で1.1620ドルで推移。

英ポンド/米ドル・4時間足
英ポンド/米ドル・4時間足

(出所:TradingView

 米ドル/円は一時146.00円を割り込み、145.92円まで急落しました。

米ドル/円・4時間足
米ドル/円・4時間足

(出所:TradingView

米2年債利回りと米ドル/円はトップアウトした可能性も!

 先週金曜日にFEDウォッチャーのニック・ティミラオスがすでにFRBの利上げペースの減速を示唆していたため、カナダ中銀の発表はFRBのテーパリング予想を拡大させた形に。

(※編集部注:「FEDウォッチャー」とは、FRBの金融政策を中心にあらゆる動きを専門に観察・分析している専門家のことを言います)

 FEDウォッチャーであるニックの記事は米当局の意向を受けてのものというのがマーケットの認識であるため、次回のFRBでは利上げのテーパリングが行われる可能性が高まっています。

 米金利先物市場ではターミナルレート(利上げの最終地点)は5%との声も出ていたのですが、4.75%に沈んでいます。

 このターミナルレートの低下は米2年債利回りに大きな影響を与えます

 下図は米2年債利回りの日足です。

米2年債利回り・日足
米2年債利回り・日足

(出所:TradingView

 10月20日に米2年債利回りは、4,6185%まで急騰して反落しています。

仮にターミナルレートが5%ではなく4.75%であれば、米2年債利回りは、4,6185%でトップアウトした可能性が高まります

 そうなると、相関性の高い米ドル/円も151.95円でトップアウトした可能性が高まります

★ザイFX!で人気の西原宏一さんの有料メルマガ「トレード戦略指令!」では、タイムリーな為替予想や実践的な売買アドバイスなどをメルマガや会員限定ウェブサイトで配信! メルマガ登録後10日間は無料解約可能です。

日銀の介入で米ドル買いが増加、米ドル/円の急落にも警戒

 報道では政府・日銀の介入の影響が話題になっていますが、そもそも現在の米ドル/円に大きな影響を与えているのは政府・日銀の介入でも米国株の動向でもなく、米2年債利回り。

 下図は米2年債利回りと米ドル/円の日足の相関図です。

米2年債利回りと米ドル/円・日足
米2年債利回りと米ドル/円・日足

(出所:TradingView

 日足以下の時間軸では、政府・日銀の介入によって、この相関がずれることもありますが、最終的には、米ドル/円は米2年債利回りに連動しています。

 一方、マーケットでは政府・日銀の介入は効果がない、もしくは、これ以上介入が入らない可能性もあるということで、本邦投資家の米ドルロング(買い)が増えているようです。

 言い換えれば、介入が入らなければ米ドル/円は上昇するという考え方が拡大しているため、介入が入らなくても米ドル金利が続落して米ドル/円が崩れると、米ドル/円の下落幅が大きくなる可能性が高まります。

★ザイFX!で人気の西原宏一さんの有料メルマガ「トレード戦略指令!」では、タイムリーな為替予想や実践的な売買アドバイスなどをメルマガや会員限定ウェブサイトで配信! メルマガ登録後10日間は無料解約可能です。

米ドル金利の動向を見ながら米ドル/円の戻り売り

 ともあれ、26日にカナダ中銀が利上げ幅をテーパリングしたことで、今回も10月4日のRBAの判断の先見性に脱帽

このままの流れだとFRBが利上げ幅をテーパリングすることになり、米ドル金利は続落、米ドル安も継続と想定しています。

 前述のように、現在の米ドル/円に大きな影響を与えているのは、政府・日銀の介入でも米国株の動向でもなく、米2年債利回り。

 仮に米国も利上げ幅のテーパリングを決定し、米ドル金利が下がれば米ドル/円の下落幅も大きくなる可能性があるため要注意です。

 詳細は、別な機会でご紹介させていただきますが、個人的には豪ドル/米ドルでの押し目買い(米ドル売り)は継続

米ドル金利の動向を横目に、当面米ドル/円も戻り売り、とします。

 


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 jfx記事
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る