ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

太田忠
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

中国デモの拡大とラガルド発言でユーロ上下に振れる、
今晩は高め予想のドイツCPIなのでまた要注意!

2022年11月29日(火)16:03公開 (2022年11月29日(火)16:03更新)
持田有紀子

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 週明けの昨日はドル高で始まった。ドル円は139円台に乗せて、ユーロドルは1.03台で始まった。しかしアジア時間ではクロス円の売りが目立って、ドル円が軟化した。そして欧州序盤ではドル円は137円台に突入。

 景気後退によるドル金利の低下がすこぶる意識された。景況感の悪化は中国国内でのデモ騒動の拡大が一因である。中国の強権が試されている中、一部には制限を解除したとの話もあり、今後の動向が懸念される状態となったのだ。

 中国の景気動向も心配されたのが、クロス円の下落にも強く出たのだろう。アジア時間ではドル円のショートにうまくついていけた。もちろんどこまで下がるかは予測不可能だ。予断を持って臨むのは良くない。しかし11月の押し目が137円台のミドルだったので、その辺りが一応の目安になる。そして本当に137.50まで安値をつけた後、相場は反転した。

 ニューヨーク時間では年末商戦の好調な滑り出しを好感して、ドル金利は上昇に転じたのだ。ドル相場も復調し、金利上昇のため、米国株は下落している。このドルの上げにはついて行けなかった。下手に下げ過程を目にしてしまったので、また落ちるのではないかと思い、買っていくだけの勇気がでないのだ。

 心理的には戻り売りでもいいかなと思っている。そうして打ってきた連中がスクイーズにあっているのだろうか、ドル円は139円台まで戻す。コアレンジは変わらないものの、ドル円は激しく上も下もやったという感じだった。

 今晩はドイツのCPIが出る。前年比で11%くらいが見込まれている。昨日ラガルド総裁も言ったとおり、欧州域内のインフレ率上昇はまだ収まっていないようだ。この11%という数字が出た途端、予想通りとはいえ、マーケットは過剰な反応を示すかもしれない。ちょっとだけ注意を払っておきたいところだ。

日本時間 15時40分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る