ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
志摩力男の「マーケットの常識を疑え!」

米ドル/円は、いずれ上昇相場がやってくる。FOMCは
タカ派な内容だったが、パウエルFRB議長の会見は緩和
的な印象を与える結果に。次回の利上げ幅は0.25%か

2022年12月15日(木)12:06公開 (2022年12月15日(木)12:06更新)
志摩力男

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

YouTube動画「週刊!志摩力男」では、志摩さんがより注目しているテーマをピックアップし動画で解説します。動画を視聴したら、続けて最新コラムをご覧ください。

週刊!志摩力男


12月FOMCで発表されたドット・チャートはややタカ派的に変化した

 12月のFOMC(米連邦公開市場委員会)では、ドット・チャート(ドット・プロット)がどのように変化するかがポイントでしたが、市場予想をやや上回る(ややタカ派的な)ドット・チャートの変化だったと思います。

12月FOMCで示されたドット・チャート
12月FOMCで公表されたドット・チャート

(出所:FRB

 このドット・チャートやパウエル議長の会見冒頭の挨拶までは、かなりタカ派的に見えました。最後のところでは、お決まりの言葉もしっかり言っていました。

 “The historical record cautions strongly against prematurely loosening policy. We will stay the course, until the job is done.”

 「過去の記録は、時期尚早に政策を緩和することに強い警告を発しています。仕事が完了するまで(インフレを退治するまで)引き締め政策を維持しなければなりません」

 しかしながら、質疑応答が始まると、「タカ」だったはずのパウエル議長にやや揺らぎが見えてきます。

 最初にCNBCのベテランキャスター、スティーブ・リースマン氏の質問、

「前回のFOMCと比べて、株価等が上昇しFCI(フィナンシャル・コンディション・インデックス=事実上どの程度金融引き締め的な状況なのかということ)が緩和しているが、どうお考えでしょうか?」と鋭く迫りましたが、パウエル議長は直接的な回答を控え、長期的には目標達成に向け十分にFCIは引き締め的でなければならないが、短期的な動きには重きは置いてないと回答しました。

 これが、「逃げている」印象を与えたのでしょう。ここから金利低下が始まりました。本来であれば、FOMCは引き締め的ということで、その方向に動くはずですが、前日(12月13日)のCPIが急速に低下したこともあり、マーケットはインフレ終了、引き締め終了、株価上昇の方向に自信を持ってしまったようです。

 最近、リーク的な記事を次々と発表することで名前が売れているWSJ(ウォール・ストリート・ジャーナル)紙記者のニック・ティミラオス氏も質問し、来年(2023年)2月FOMCの利上げ幅は0.25%で行くのか?的な質問を投げましたが、利上げはこれまでより、よりスローなペースで行うとの発言を引き出していました。来年(2023年)2月が0.50%の利上げなのか、それとも0.25%なのかが、大きな焦点のひとつでしたが、0.25%でほぼ決定的となった模様です。

【※関連記事はこちら!】
FX取引の収益源!? FRBの意図を代弁する、WSJの記者ニック・ティミラオスとは? FOMC前のブラックアウト期間に発せられるメッセージは、必ずフォローしたい(12月8日、志摩力男)

★志摩力男さんの有料メルマガ「志摩力男のグローバルFXトレード!」では、世界情勢の解説に定評がある志摩氏が、その分析に基づいたポジションや、実践的な売買アドバイスをメルマガで配信! メルマガ登録後10日間無料です。

パウエル議長の会見は緩和派という印象を与えたか。米ドル/円は「いって来い」に

 パウエル議長は8月末のジャクソンホールでの講演では、「俺はボルカーになる」と発表したようなものでした。その後、11月FOMC後の会見は良かったのですが、11月30日(水)の講演では、従来の超ハト派的パウエル議長が全面的に出てしまい、今回の会見も、やはり緩和派という印象を与えたかもしれません。

【※関連記事はこちら!】
米ドル/円の140円は通過点で、150円や160円を意識したトレードが必要! 日本以外の主要国が金利の引き上げ競争を演じる中では、円は徹底的に売られるのみ!(9月1日、志摩力男)

 この結果、米ドル/円はパウエル会見冒頭の急騰で136円近辺まで上昇しましたが、会見終了時には134円台後半へと、まさに「いって来い」の展開となってしまいました。

米ドル/円 30分足
米ドル/円 30分足

(出所:TradingView)

 すでに述べたとおり、マーケットは、「インフレ終了⇒金利上昇終了⇒株価上昇」という流れに自信を持ちはじめているようです。11月の米CPI(消費者物価指数)の構成要素を見ると、住宅関連の数字がまだ強く、それがCPIをある程度押し上げていますが、それ以外は落ち着いています。

 とはいえ、FRB(米連邦準備制度理事会)がタカ派姿勢でいるのも事実です。「マーケット VS FRB」この構図がどの様に今後変化していくのでしょうか、注目したいところです。

★志摩力男さんの有料メルマガ「志摩力男のグローバルFXトレード!」では、世界情勢の解説に定評がある志摩氏が、その分析に基づいたポジションや、実践的な売買アドバイスをメルマガで配信! メルマガ登録後10日間無料です。

米ドル/円は、いずれ上昇相場がやってくる

 個人的には、いずれ米国もリセッション(景気後退)入りするのかもしれませんが、より深いリセッションが目前に迫っている欧州、そして防衛費拡大を最終的に国家債務増額で対処しようとしている日本と比べると、ファンダメンタルズ的に米国の優位性は変わらないのではないかと考えてしまいます。

 米ドル/円はいずれまた上昇相場がやってくるのではないでしょうか。

【※関連記事はこちら!】
米ドル/円の上昇再開はいつになる? 2023年の米国の最大の課題は「インフレ対策」。目先は荒れたマーケットを想定して、今年の収益を飛ばさないように注意!(11月30日、志摩力男)

米ドル/円 週足
米ドル/円 週足

(出所:TradingView)


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 2023年1月31日(火)20時~志摩力男のYouTube「グローバルFXトレード!チャンネル」「第3回 ライブ配信!志摩力男」を開催しました。

 見逃した!という人は、志摩力男のYoutubeチャンネル「志摩力男のグローバルFXトレード!チャンネル」でアーカイブを配信しているので、ぜひ追っかけ視聴でご覧ください。視聴者の質問にもすべて回答していてトレードの参考になること間違いなしです!

 志摩力男のYoutubeチャンネル「グローバルFXトレード!チャンネル」では、有料メルマガ「志摩力男のグローバルFXトレード!(月額:4,950円[税込み])」の会員限定動画やウェブセミナーなども開催していきますので、チャンネル登録よろしくお願いします。

※YouTube「志摩力男のグローバルFXトレード!チャンネル」のチャンネル登録よろしくお願いします!

外資系金融機関でトップトレーダーとして活躍した伝説の男が、ザイ投資戦略メルマガについに登場!「志摩力男のグローバルFXトレード!(月額:4,950円[税込み])」
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 jfx記事
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る