ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

米ドル/円は日経平均との相関性が顕著に! 円安懸念や
円買い介入への期待がないのはなぜ? 日経平均が3万
4000円に向けて上昇するなら、米ドル/円は145円へ!

2023年05月25日(木)18:30公開 (2023年05月25日(木)18:30更新)
西原宏一

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

米ドル/円は米2年債より日経平均と相関!

 みなさん、こんにちは。

 過去2年の米ドル/円は、なんといっても米2年債利回りに連動する動きが続いていました。

 日本の金利が動かないため、米ドル/円の動きは米ドル金利の動向に左右されていたわけです。

 ところが今年の3月ごろからの米ドル/円は、日経平均の動きに追随する傾向が顕著になってきました。

 下図は日経平均と米ドル/円の相関チャートです。

米ドル/円と日経平均株価の相関チャート・日足
米ドル/円と日経平均株価の相関チャート・日足

(出所:TradingView

 ここでご覧いただけるように、3月からの米ドル/円は、日経平均の上昇に引っ張られる形で上昇しています。

 この要因は、過去のコラムで何度もご紹介させていただいているように、海外リアルマネーの日本株買いと、それに伴うヘッジとしての米ドル/円の買いが連動しておきているため。

【※関連記事はこちら!】
米ドル/円は140円台、スイスフラン/円は160円に向けて続伸中! 日経平均は3万円台を回復! アベノミクスの初期を彷彿させる、日本株買いと為替ヘッジが継続(2023年5月18日、西原宏一)

米ドル/円は140円に迫る勢いで上昇中!

 今週(5月22日~)も彼らの日本株と米ドル/円の買いが断続的にマーケットに投入されていることに加え、本邦の年金も日本株を買っているとの噂もあり、日経平均は一時3万1000円台まで急騰しています。

 これに追随して、米ドル/円も年初来高値を突破

 本稿執筆時点で、139.70円まで値を伸ばし、先週のコラムのターゲットとしていた140円に迫る勢いで上昇しています。

 ここで昨年(2022年)の米ドル/円の動きを確認すると、140円を突破したレベルから急速な円安に対する懸念の声が高まりました。

米ドル/円・週足
米ドル/円・週足

(出所:TradingView

 最終的には政府・日銀が為替介入という手段をとってまで、円安を封じ込めようとしました。

 では、今年もそういう声が上がってきて、米ドル/円は失速するのでしょうか?

★ザイFX!で人気の西原宏一さんの有料メルマガ「トレード戦略指令!」では、タイムリーな為替予想や実践的な売買アドバイスなどをメルマガや会員限定ウェブサイトで配信! メルマガ登録後10日間無料です。

アベノミクスの初期を彷彿とさせる動きに

 米ドル/円は、節目の140円目前というところまで上昇しています。

 ところが今年の円安は、昨年いっせいに報道されたような「円安懸念」といった批判はでてきていません。もちろん、日銀による介入期待もなし。

 この違いは日本株の上昇にあります。

 今年の円安は、欧米のリアルマネーによる日本株買いに起因しています。

 頻繁に報道されているように東証から低PBR企業に改善要請がでたことも彼らにとって好印象だったようで、欧米勢による日本株買いは止まらず、5月17日に日経平均は3万円を上抜け、今週は一時3万1000円台まで駆け上がっています。

日経平均株価・日足
日経平均株価・日足

(出所:TradingView

 過去のコラムでの確認になりますが、今年の欧米リアルマネーは日本株買いと為替ヘッジ(=米ドル/円の買い)を同時にマーケットに投入しています。

 これはアベノミクスの初期を彷彿させる動きとなり、日経平均は3万4000円に向けて上昇する可能性が高まっています

 仮にそうなると考えれば、米ドル/円も軽く140円を超えることになります。

★ザイFX!で人気の西原宏一さんの有料メルマガ「トレード戦略指令!」では、タイムリーな為替予想や実践的な売買アドバイスなどをメルマガや会員限定ウェブサイトで配信! メルマガ登録後10日間無料です。

日経平均は3万4000円、米ドル/円は145円へ上昇か!?

 中長期の動きは別にして、米ドル/円の動きを日足ベースに時間軸を落として確認してみましょう。

 下図は米ドル/円の日足です。

米ドル/円・日足
米ドル/円・日足

(出所:TradingView

 チャートを見ると、137.91円と137.77円でダブルトップになっていたのですが、今回の上昇過程でブレイク。

 200日移動平均線(=137.21円)がサポートになって上昇トレンドを形成中です。

 では、どこまでいくのか? 波動論からは1月安値から3月高値までの上昇幅を3月安値の129.64円を起点に当てはめると140.32円となるため、いったんのターゲットは140.32円レベルでしょうか。

 ただ前述のように日経平均が3万4000円に向けて上昇するようであれば、米ドル/円の次のターゲットは145円ということになります。

 米債務上限問題の行方がはっきりしないため、マーケットは日経平均の押し目を待っていたのですが、いっこうに押し目を形成しないため、欧米勢は、米債務上限問題の行方に関係なく、断続的に日本株と米ドル/円の買いを持ち込んでいます。

 今年の米ドル/円は米2年債利回りより、日経平均との相関性が顕著に。

 アベノミクスの初期を彷彿させる、日本株と米ドル/円の買いがマーケットに投入され、3万円を超えて続伸する日経平均と米ドル/円に注目です。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 田向宏行 トレーディングビュー記事
キャンペーンおすすめ10 田向宏行 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る