ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
田向宏行式 副業FXのススメ!

米ドル/円は148.79円を昨日わずかに上抜けたが、150円
の厚い壁が意識され、上昇が止まる可能性を考えた方が現
実的。買いポジションは決済を昨日安値の下に置いて維持

2024年02月06日(火)16:10公開 (2024年02月06日(火)16:10更新)
田向宏行

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

米ドル/円は148.79円をわずか9pips更新して148.88円まで上昇。145.88円を割らない限り上昇が続く

 米ドル/円は1月19日(金)高値148.79円がずっと上値を抑えていました。

 先週のコラムでも書いたように、1月31日(水)のFOMC(米連邦公開市場委員会)、2月2日(金)の米雇用統計でも超えられなかった148.79円は、何のイベントもない昨日、2月5日(月)の午前に上抜けて、148.81円までわずか2pips上昇。これで高値更新され、その後NY時間に148.88円まで上昇して、148.79円の高値を9pips更新しました。

【※関連記事はこちら!】
米ドル/円は148.79円を上抜けない限り、月末でもFOMCでも上昇しない! 相場が一方的に傾く場所をチャートから読み取るのが大事で、わからない場所では手を出さない(1月31日、田向宏行)

米ドル円 日足
米ドル円 日足チャート

(出所:TradingView

 この9pipsの上昇で、米ドル/円は買い手が優勢となって、148.79~144.34円だった日足レンジが更新されたため、ダウ理論では再び上値を試す動きになっています。

 直近の日足レンジは高値が148.88円、安値が2月1日(木)安値の145.88円の3円幅なので、日足は145.88円を割らない限り、上昇の動きが続くことになります。

米ドル/円 日足
米ドル/円  日足チャート

(出所:TradingView

145円台や146円台では買えても、149円に迫ると150円の厚い相場の壁が意識されて買いにくい

 ただ、現在までの高値が148.88円で、149円手前で上値が重そうなことは1月から変わっていません

 2月2日(金)の米雇用統計で、米ドル/円は約2円上昇して日足は大きな陽線になりましたが、週明けの2月5日(月)はあまり動いていません。これまでの日足レンジの上限を9pips上抜けて、日足レンジを更新したものの、この日の値幅は約60pipsです。

 この動きを見ると、米雇用統計というイベントで反応した買い手の他に、この上昇の値動きについてくる買い手が少なかったのかもしれません。

 2月2日(金)の145円台や146円台では買うことができても、149円に迫ると150円の厚い相場の壁が意識されるので買いにくいのかもしれません。

 そもそも値動きの仕組みは、次の買い手がいるから値が上がります。

 次の買い手が少なくなってきていると、値は上がりにくくなります。

 こうした動きをチャートや値動きから見ると、すでに買っている人は下がる可能性を考えて利食いに向かいやすくなります。

 米ドル/円の日足チャートでは、149円台後半から150円にかけて、過去の高値などの相場の壁ができているので、これを意識する人が増えると、新たな買い手は入りにくくなるでしょう。また、150円に近づくと日本当局からの牽制発言も出てきそうです。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足チャート

(出所:TradingView

日足レンジが更新されていても、上昇が止まる可能性を考えておく方が現実的

 こうした状況を考えると、米ドル/円の上値は引き続き重くなりやすく、日足レンジが更新されているとしても、上昇が止まる可能性を考えておく方が現実的です。

 米ドル/円の上値が抑えられ、日足レンジ内で前回のように調整入りするなら、まず2月5日(月)安値を割る動きが起こります。

 そこで、買いポジションを保有しているなら、決済を2月5日(月)安値の下に置いて、下方向に動き出した場合に備える。一方で、上値が伸びた場合にも備えて、利確決済は置かずに上昇に期待する、という戦略を取ることができます。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足チャート

(出所:TradingView

 また、日足レンジが148.79~144.34円から148.88~145.88円に更新したことで、レンジ上限は本稿執筆時点でわずか9pipsしか上昇していませんが、レンジ下限は154pips上昇しています。つまり、日足レンジの幅が縮小しています。これにより、前のレンジの時より下方向へ転換しやすくなっています。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足チャート

(出所:TradingView

 米ドル/円は150円に向けて上昇していくのか、ここで上値が抑えられ調整、または下落の動きになるのか、まずは150円手前の149円台の動きが注目されます。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 ザイFX!で新連載をスタートした田向宏行さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「田向宏行のダウ理論で勝つ副業FX!(月額:4400円・税込)」です。

田向宏行のダウ理論で勝つ副業FX!画像

 FXや投資に関する書籍7冊が、計10万部超えの人気を博す田向さんが、100年以上続くダウ理論を基に、チャートポイントやテクニカル分析を配信します。

 さらに、トレーダーを孤独にしたくないとの思いから、週1回、Zoomなどでオンライン交流会を実施する予定です! 田向さんに相場の見方を直接聞いたり、メルマガ読者同士で交流したり―――顔出しなしでもかまいませんので、お気軽なご参加をお待ちしています。

10日間の無料体験期間がありますので、「田向宏行のダウ理論で勝つ副業FX!」をぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
経済指標速報記事 jfx記事 トレーディングビュー記事
経済指標速報記事 jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る