No.1マネー誌『ダイヤモンドZAi』の「ザイFX!」がFX会社のスペックを徹底比較!
FX会社徹底比較
  • FX会社詳細情報
  • ザイFX!期間限定キャンペーン

マネーパートナーズ[パートナーズFX]

ザイFX! レーティング
  • 取引コスト
    レート100レート100レート100レート100レート100
  • サービスの充実度
    レート100レート100レート100レート100レート100
  • 特殊な注文機能
    レート100レート100レート100レート100レート100
  • 信頼性
    レート100レート100レート100レート100レート50
マネーパートナーズ

ザイFX!期間限定キャンペーン

「マネーパートナーズ」の専用取引ツールの1つであるHyperSpeedNEXTは優れたヴィジュアルで使いやすい。売買ルール作成や売買シグナル表示、バックテスト機能に加え、パソコンを立ち上げなくても24時間ストラテジの稼働が可能な自動売買機能搭載。さらに、マルチカレンシー海外プリペイドカードや外貨両替・受け取りサービスなど独自サービスも展開している。FX専業会社として初の上場を達成しており、信頼性の面でも安心。下記のスプレッドデータは午前8時から翌日午前5時までとなり、それ以外の時間は拡大する可能性がある。

なお、「マネーパートナーズ」には100通貨単位という非常に小さな単位で取引可能な[パートナーズFX nano]というユニークな口座もある。

【マネーパートナーズ×ザイFX!期間限定キャンペーン実施中】通常のパートナーズFX nanoで1,000円キャッシュバックに加えて、特別に1,000円キャッシュバック!!

ザイFX!編集部が徹底調査! マネーパートナーズ[パートナーズFX]についてもっと詳しく知りたい! 【解説記事&クチコミ・評判】

【マネーパートナーズ[パートナーズFX]の総評/注意点】

ポイント1  上場会社の安心感!
親会社であるマネーパートナーズグループ(証券コード:8732)が東証一部上場で、上場会社が運営するFX会社という安心感がある

ポイント2   約定率100%!
米ドル/円0.3銭原則固定をはじめとした業界最狭クラスのスプレッドに加え、100%(矢野経済研究所調査)を誇る約定力が魅力的

ポイント3  外貨両替や代用有価証券サービスも!
外貨両替サービスや株式を担保に現金不要でFX取引ができる代用有価証券サービスなど、独自サービスが充実している

<注意点>  スワップポイントはあまり高くない……
スプレッドは業界最狭クラスを維持しているが、スワップポイント(スワップ金利)は正直、そこまで高くない。スワップポイントについてはもう1つの口座、[パートナーズFX nano]の方が優遇されている傾向がある

>>>マネーパートナーズ[パートナーズFX]の【無料口座開設】


【目次】

[パートナーズFX]のクチコミ/評判
[パートナーズFX nano]との違い
取扱い通貨ペアとスプレッド
取引に必要な証拠金
スワップポイント
スマホアプリ
パソコン版取引ツール
連続予約注文
外貨両替サービス
代用有価証券サービス/証券・CFD口座
キャンペーン
入出金について
口座開設について(無料
会社概要

>>>マネーパートナーズ[パートナーズFX]の【無料口座開設】


■[パートナーズFX]のクチコミ/評判

 マネーパートナーズ[パートナーズFX]に関するユーザーの【クチコミ/評判】は、以下のとおり。やはり「スワップポイントを引き上げてほしい…」という要望は見られるが、スプレッドや取引ツールに関する評判はおおむね良好な印象だ。

【30代男性 会社員の方のクチコミ】
・ FX投資歴 : 5年~10年
・ 口座の満足状況 : やや満足

マネーパートナーズはスプレッド、スワップポイント、約定力、アプリの使いやすさ、会社の信頼性の高さなどトータルバランスがとれていると感じて昔から利用しています。メキシコペソ/円の取扱開始以降は、おもにスワップポイントを目的とした長期運用口座として利用しています。使い勝手は申し分ありませんが、できれば高金利通貨のスワップポイントを業界最高水準まで引き上げてほしいと感じています。

【30代男性 自営業の方のクチコミ】
・ FX投資歴 : 1年~2年
・ 口座の満足状況 : やや満足

クイック発注ボードをメインにトレードしています。PCでもタブレットでも使えるし、インストールもいらないので使い勝手が良いです。画面を切り替えないで、1画面で取引がすべてできるのもメリットだと思います。

※クチコミのご利用にあたっては、「クチコミ利用規約」をよくお読みいただき、ご同意いただいたうえでご活用ください


■[パートナーズFX nano]との違い


 マネーパートナーズには、[パートナーズFX]と[パートナーズFX nano]という2つのFX口座がある。一度の申込みで両口座とも開設することができるが、あくまで別口座であるため、一部取引ルールには違いがある。おもな違いは下表のとおり。

[パートナーズFX]と[パートナーズFX nano]の違い
比較項目 [パートナーズFX] [パートナーズFX nano]
最低取引単位 1万通貨 100通貨
最大発注数量 300万通貨
(ユーロ/円、豪ドル/円)
200万通貨
(上記以外)
100万通貨
通貨ペア 20通貨ペア 18通貨ペア
米ドル/円スプレッド 0.3銭原則固定 0.4銭原則固定
米ドル/円スワップ
(2019/8/6取引分)
20円 75円
約定率 100%
ロスカット 証拠金維持率40% 証拠金維持率100%
追加証拠金制度 あり なし
代用有価証券 利用可能 利用不可
外貨両替 利用可能 利用不可
※現受けは可能

※[パートナーズFX nano]には香港ドル/円とシンガポールドル/円の取扱いがないため[パートナーズFX]よりも2通貨ペア少ない取扱い通貨ペア数となっている。そのほかの取扱い通貨ペアは同じ
※スワップポイントは1万通貨あたりの値
※南アフリカランド、トルコリラ、メキシコペソの外貨両替は不可
※表はマネーパートナーズのウェブサイトを参考にザイFX!が作成

 特に、取引単位(パートナーズFXは1万通貨~、パートナーズFX nanoは100通貨~)や取扱い通貨ペア数に違いがあるほか、どちらの口座でも取り扱いがある通貨ペアにおいては、全体的にスプレッドが狭いのは[パートナーズFX]の方だが、スワップポイントが高いのは[パートナーズFX nano]の方という特徴もある。

 少額からコツコツとスワップポイントを狙った中長期取引をするなら[パートナーズFX nano]、短期取引で積極的に収益を上げたいなら比較的スプレッドが狭く、約定率100%を誇る[パートナーズFX]というように、マネーパートナーズで2つのFX口座を使い分けるのも良さそうだ。

目次に戻る

>>>マネーパートナーズ[パートナーズFX]の【無料口座開設】


■取扱い通貨ペアとスプレッド


 [パートナーズFX]の取扱い通貨ペアには、米ドル/円やユーロ/円などの主要通貨ペアのほか、トルコリラ/円、メキシコペソ/円、南アフリカランド/円など新興国通貨もラインナップされている。いずれも、主要な通貨ペアについては業界最高水準の原則固定スプレッドが提供されており、低コストでの取引が可能だ。

[パートナーズFX]の取扱い通貨ペアとスプレッド
通貨ペア スプレッド
米ドル/円 0.3銭 原則固定
ユーロ/円 0.4銭 原則固定
豪ドル/円 0.6銭 原則固定
ユーロ/米ドル 0.3pips 原則固定
英ポンド/円 0.9銭 原則固定
カナダドル/円 3.8銭 原則固定
NZドル/円 1.2銭 原則固定
トルコリラ/円 1.9銭 原則固定
メキシコペソ/円 0.3銭 原則固定
英ポンド/米ドル 0.8pips 原則固定
ユーロ/英ポンド 2.0pips 原則固定
スイスフラン/円 3.8銭 原則固定
南アフリカランド/円 1.0銭 原則固定
豪ドル/米ドル 0.9pips 原則固定
ユーロ/豪ドル 2.3pips 原則固定
豪ドル/NZドル 6.0pips 原則固定
英ポンド/豪ドル 4.9pips 原則固定
NZドル/米ドル 2.0pips 原則固定
香港ドル/円 2.8銭 原則固定
シンガポールドル/円 3.5銭 原則固定

※スプレッドはすべて例外あり。原則固定が適用されるのは、コアタイム(8時00~翌午前5時)
※2019年8月6日調査時点
※表はマネーパートナーズのウェブサイトを参考にザイFX!が作成

 これだけの水準でスプレッドが提供されており、しかも約定力は100%を誇るというのだからトレーダーからするとありがたい取引環境と言えるが、実は、[パートナーズFX]が驚異の約定力を誇る背景には、元個人トレーダーで5億円を稼ぎ出したこともあるマネーパートナーズ・奥山泰全社長の並々ならぬこだわりがある。

 詳しくは、過去にザイFX!が実施した奥山社長への取材記事をチェックしてみて!

【参考記事】
マネーパートナーズ・奥山社長に聞く(4)「即約定」の秘密はどこにあるのか?

目次に戻る

>>>マネーパートナーズ[パートナーズFX]の【無料口座開設】


■取引に必要な証拠金


 マネーパートナーズ[パートナーズFX]で取引する際に、必要となる証拠金(建玉必要証拠金)は、以下のとおり。

 証拠金の算出方法は各社によって異なることがあるが、[パートナーズFX]の場合は、各通貨ペアの前営業日終値(BID=ユーザーが売ることができる価格)を基準として算出される。

建玉必要証拠金一覧
各通貨ペアの
前営業日終値(BID)
1万通貨あたりの
建玉必要証拠金金額
120円以上 5円ごとに建玉必要証拠金金額が
2,000円ずつ加算
115円以上120円未満 48,000円
110円以上115円未満 46,000円
105円以上110円未満 44,000円
100円以上105円未満 42,000円
95円以上100円未満 40,000円
90円以上95円未満 38,000円
85円以上90円未満 36,000円
85円未満 5円ごとに建玉必要証拠金金額が
2,000円ずつ減算
10円以上15円未満 6,000円
5円以上10円未満 4,000円

※ユーロ/豪ドル、ユーロ/英ポンドについてはユーロ/円の建玉必要証拠金が、英ポンド/豪ドルについては英ポンド/円の建玉必要証拠金が、豪ドル/米ドル、豪ドル/NZドルについては豪ドル/円の建玉必要証拠金が、NZドル/米ドルについてはNZドル/円の建玉必要証拠金が適用される
※各通貨ペアの建玉必要証拠金額は、取引画面内に毎営業日表示される
※最大レバレッジはおよそ25倍となる

 なお、トルコリラ/円、メキシコペソ/円、南アフリカランド/円の高金利3通貨ペアについては、最低建玉必要証拠金が定められているため、一定のレートを下回っても、定められた最低建玉必要証拠金の額を下回ることはない点には注意が必要だ。

★ 高金利3通貨ペアの最低建玉必要証拠金額は?

トルコリラ/円 : 10,000円
※トルコリラ/円レートが20円を下回っても建玉必要証拠金は10,000円

メキシコペソ/円 と南アフリカランド/円 : 4,000円
※メキシコペソ/円と南アフリカランド/円が5円を下回っても建玉必要証拠金は4,000円

目次に戻る


■スワップポイント


 ここでは、主要通貨ペアと高金利通貨として人気のトルコリラ/円など一部の通貨ペアのスワップポイントを紹介しよう。

 正直なところ、以下に挙げた通貨ペアいずれも、他の高スワップポイントのFX会社と比べると見劣りする…。マネーパートナーズの中で考えてもスワップポイントは[パートナーズFX nano]の方が相対的に高いので、スワップポイントを狙った取引をするなら、そちらをメインにするのもありだろう。

[パートナーズFX]スワップポイント(2019年7月16日時点)
通貨ペア スワップポイント(買い)
米ドル/円 20円
ユーロ/円 マイナス15円
豪ドル/円 18円
英ポンド/円 24円
カナダドル/円 35円
NZドル/円 24円
トルコリラ/円 80円
メキシコペソ/円 11円
南アフリカランド/円 11円

※スワップポイントは、1日(2019年8月6日取引分、南アフリカランド/円は8月5日取引分)1万通貨あたりの値
※表はマネーパートナーズのウェブサイトを参考にザイFX!が作成

目次に戻る

>>>マネーパートナーズ[パートナーズFX]の【無料口座開設】


■スマホアプリ


 [パートナーズFX]の取引用スマホアプリの名前は「HyperSpeed Touch」。もちろん、iPhone、Androidともに対応しており、手持ちのスマホに無料でダウンロードできる。

[パートナーズFX]スマホアプリ「HyperSpeed Touch」

 他のFX会社のスマホアプリと比べて特別、高機能という印象はないが、シンプルな取引画面のなかに必要な機能がひととおり揃っており、チャート分析から発注まで問題なく行うことが可能。

 チャートに搭載されたテクニカル指標はなかなか豊富で、移動平均線やボリンジャーバンド、一目均衡表などに加え、エンベローブやパラボリック、スパンモデル、HighLowチャネルなども表示することができる。

 このほか、クイック入金画面をスマホアプリから呼び出すことができたり、マネーパートナーズ独自の機能、連続予約注文もスマホアプリから設定できる点は、ぜひ、覚えておきたい。

入出金について
連続予約注文

目次に戻る


■パソコン版取引ツール


 [パートナーズFX]のパソコン版取引ツールの名前は「HyperSpeed NEXT」。自分のパソコンに無料ダウンロードすると利用できる。

 通常の取引に必要なチャートや発注画面などの基本機能に加え、ストラテジー(取引戦略)構築機能が搭載されており、裁量トレードだけでなく自動売買までできるのがこの取引ツールの特徴。「HyperSpeed NEXT」に内蔵された20種類以上のテクニカル指標を使ってオリジナルのストラテジーを作ることができ、さらに、構築したストラテジーを過去のチャートで検証するバックテスト機能まで付いている。

[パートナーズFX]の取引用パソコン版ツール「HyperSpeed NEXT」

 このほか、パソコンに加えてタブレットにも対応している「クイック発注ボード」というシンプルな発注ツールも用意されている。「HyperSpeed NEXT」ほど高機能ではないが、インストール不要で見た目もシンプルなので、初心者でも使いやすそうだ。

「クイック発注ボード」

目次に戻る


■連続予約注文


連続予約注文とは、想定レンジ内にあらかじめ複数の注文を設定することができるマネーパートナーズのオリジナル注文機能。パソコンからならクイック発注ボード、スマホからなら「HyperSpeed Touch」から設定することができる。

 この注文は、相場に張り付いていなくても、値動きがあれば設定どおりに自動で収益を積み重ねてくれるのが魅力だが、連続して設定できる注文の回数は最大20回までと限られている点には注意が必要だ。

目次に戻る


■外貨両替サービス


 マネーパートナーズで外貨両替サービスを利用したいなら[パートナーズFX]への口座開設は必須だ。実際の外貨両替手続きは、[パートナーズFX]の取引ツール(旧WEB取引画面 ※2019年秋以降はクイック発注ボード)へログインして行うことになる。なお、[パートナーズFX nano]では、外貨両替サービスを利用することはできない(現受けは利用可能)。

[パートナーズFX nano]との違い

>>>マネーパートナーズ[パートナーズFX]の【無料口座開設】

 [パートナーズFX]の外貨両替サービスの魅力はコストにある。1通貨あたりの両替手数料は、スプレッド+20銭(0.2円)だ。FXのスプレッドを想像するとコストとしては大きく感じるが、銀行などで外貨両替をすると、通貨にもよるものの、たいてい何銭ではなく何円という単位で手数料がかかるのが一般的。それに比べると、うんと安く外貨を仕入れることができる。

 [パートナーズFX]で両替した外貨は、あらかじめ登録しておいた外貨預金口座に出金できるほか、一部の通貨については空港受取サービスを利用したり、マネパカードにチャージすることもできる。

[パートナーズFX]の外貨両替サービス概要
外貨両替手数料 20銭(0.2円)
受付時間 平日7時30分~翌5時30分
最小単位 0.01通貨
対応通貨 米ドル、ユーロ、英ポンド、スイスフラン、豪ドル、香港ドル、NZドル、カナダドル、シンガポールドル、日本円
外貨の受取方法 ・外貨口座への出金
・空港受取サービスの利用(一部通貨のみ)
・マネパカードへのチャージ(一部通貨のみ)

※表はマネーパートナーズのウェブサイトを参考にザイFX!が作成

★ 空港受取サービスとは?

 米ドル、ユーロ、英ポンド、スイスフラン、韓国ウォン、中国人民元の6通貨について、マネーパートナーズで両替した外貨を空港(成田・羽田・関西国際・中部国際)で受け取ることができるサービス。マネーパートナーズに口座を保有していれば、会員専用サイトから利用することが可能(月1回1通貨について利用可能、事務手数料500円)。

 空港受取サービスの利用申込み手続きのなかで、各6通貨の両替もすることができるが、米ドル、ユーロ、英ポンド、スイスフランについては、上で紹介したとおり、取引ツール内であらかじめ両替を行って外貨を用意し、空港受取についてのみ予約することもできる。

★ マネパカードとは?

マネパカードとは、マネーパートナーズが提供するマルチカレンシー・プリペイドカードのこと。マネパカードには、日本円のほか米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドルをチャージすることができる。米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドルについては取引ツール内であらかじめ両替を行って外貨を用意し、マネパカードへチャージすることも可能だ。

 ただし、マネパカード自体は[パートナーズFX]とは別サービスになるので、カードの作成には別途、申込みが必要。(マネパカードの申込はコチラ

マネパカード(Manepa Card)

目次に戻る

>>>マネーパートナーズ[パートナーズFX]の【無料口座開設】


■代用有価証券サービス/証券・CFD口座


 マネーパートナーズでは、FX以外に、個別株やETFの取引ができる証券口座や金(ゴールド)と銀(シルバー)を証拠金で取引できるCFD口座も用意されており、複数の金融商品を同じ会社で取引したいトレーダーには便利だ。

 特に、証券口座を保有していると、預けた株を証拠金として(掛目:証券取引所の前日基準値の70%)、現金不要でFX取引ができるという独自のサービス(代用有価証券サービス)が展開されている点には注目したい。ちなみに、このサービスが使えるのは、[パートナーズFX]のみで、[パートナーズFX nano]では利用できない。

代用有価証券サービス

(出所:マネーパートナーズ)

 ちなみに、代用有価証券サービスを利用して[パートナーズFX]に預け入れた証拠金がマイナスになった場合は、入金もしくは代用有価証券の売却、未使用預かり金の振替などによって証拠金のマイナスを解消する必要があるなどサービスの利用にあたって注意すべき点もいくつかある。実際に利用する際は、よくルールを確認しておきたい。

 証券口座やCFD口座を開設するには、FX口座開設後、会員専用サイトから各口座を個別に申込み、別途、審査を受ける必要がある。マネーパートナーズでは、証券口座やCFD口座を単体で開設することはできない点も覚えておこう。

目次に戻る


■キャンペーン


1000円がもらえるザイFX!限定タイアップキャンペーン

ザイFX!を経由して[パートナーズFX]に新規口座開設し、口座開設月の翌月末までに1万通貨取引すると1000円キャッシュバックされるザイFX!限定タイアップキャンペーンが実施されている。比較的、かんたんな条件でキャッシュバックが受けられるので、口座開設の際には、ぜひ活用を。

 このほか、マネーパートナーズでは取引高に応じてキャッシュバックが受けられるキャンペーンなど、毎月さまざまな通常キャンペーンが実施されている。最新のキャンペーン情報は、ウェブサイトでチェックを!

目次に戻る

>>>マネーパートナーズ[パートナーズFX]の【無料口座開設】


■入出金について


★ 入金について

 マネーパートナーズへの入金方法には、クイック入金(日本円のみ)と銀行窓口やATMなどから行う通常の振込入金がある。

 おもに活用したいのは、クイック入金。提携先金融機関のネットバンキングサービスを使ったクイック入金なら、メンテナンス時間を除き、24時間いつでも手数料無料で即時入金することが可能だ。

 対応金融機関は、三井住友銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、楽天銀行、ソニー銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行の8行。

クイック入金対応金融機関
クイック入金対応金融機関

(出所:マネーパートナーズ)

 なお、マネーパートナーズでは一部外貨の入金も可能だが、外貨の入金についてはクイック入金は利用できないため、通常の振込入金が必要となる。

入金概要
通貨の種類 入金方法 手数料
日本円 クイック入金 無料
振込入金
(窓口・ATMなど)
ユーザー負担
(各行所定額)
外貨 振込入金
(窓口・ATMなど)
ユーザー負担
(各行所定額)

※入金可能な外貨は、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフラン、香港ドル、シンガポールドル

★ 出金について

 日本円の場合は、12時59分までに出金依頼を行うと翌営業日が出金予定日となり、13時以降だと2営業日後が出金予定日となる。手数料については、1カ月以内に1回~5回の出金であれば無料だが、6回目以降は1回あたり432円の手数料が発生するので注意したい。

 また、マネーパートナーズでは、あらかじめ出金先に外貨預金口座を登録しておくと(口座開設時または会員専用サイトより登録可能)、一部外貨での出金も可能だが、外貨の場合は、12時59分までに出金依頼を行うと3営業日後が出金予定日となり、13時以降だと4営業日後が出金予定日となる。手数料は、基本的に毎回2500円かかるが、1回の出金が同一通貨で2万通貨以上なら無料で利用することができる。

出金概要
通貨の種類 出金タイミング 手数料
日本円 ・12時59分までの出金依頼
→翌営業日
・13時以降の出金依頼
→2営業日後
・1カ月以内に1回から5回
→無料
・1カ月以内に6回以上
→432円
外貨 ・12時59分までの出金依頼
→3営業日後
・13時以降の出金依頼
→4営業日後
・1回あたり2500円(ただし、1回の出金が同一通貨で2万通貨以上なら無料)

※外貨出金可能な通貨は、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフラン、香港ドル、シンガポールドル
※外貨送金の場合、銀行によってはリフティングチャージ(外貨取扱手数料)や外貨引出手数料などが発生する場合がある
※出金タイミングは予定日であり、状況によってさらに時間がかかる場合もある

目次に戻る


■口座開設について(無料)


口座開設申込みは、ウェブ上から無料で行える。もちろんスマホからでもOK。案内に従って必要事項の入力を行えば数分で完了するので、その後、【必要書類】(マイナンバー確認書類と本人確認書類)を送付すれば、あとは審査完了を待つだけ。

 登録内容や提出書類に不備などがなければ、最短で当日、または翌営業日には口座番号やパスワードが記載された口座開設通知書が簡易書留で発送される。これを受け取って、入金すればいつでも取引をはじめることが可能だ。

口座開設申込フォーム
口座開設申込フォーム

 【必要書類】(マイナンバー確認書類と本人確認書類)の組み合わせ例は、以下のとおり。マイナンバー確認書類が、「個人番号カード」か「通知カード」か「住民票」かによって、併せて提出できる本人確認書類が変わってくるので注意が必要だ。「個人番号カード」を保有していれば、1つでマイナンバー確認書類と本人確認書類を兼ねることができる。持っている場合は、活用するといいだろう。

マイナンバー確認書類と本人確認書類の組合わせ例
マイナンバー確認書類と本人確認書類の組合わせ例

(出所:マネーパートナーズ)

 なお、これらの書類は、口座開設申込後に案内される画像アップロードのほか、EメールやFAX、郵送などの方法で送付することができる。サクっと提出を完了したいなら、おすすめは画像アップロード。これが一番手っ取り早い

目次に戻る

>>>マネーパートナーズ[パートナーズFX]の【無料口座開設】


■会社概要


 マネーパートナーズの会社概要は、以下のとおり。

 本筋とはあまり関係のない情報だが、マネーパートナーズの本社が入っている住友不動産六本木グランドタワーは、経済情報番組、モーニングサテライトを制作しているテレビ東京やベルギー高級チョコレートでおなじみのGODIVA(ゴディバ)ジャパンも入っている超高級オフィスだったりする。

 そんな超高級オフィスに居を構えるなんて、さすが、上場会社を親会社に持つFX会社と言えそうだ。

会社概要
会社名 株式会社マネーパートナーズ
設立年月日 2008年5月9日
代表者 代表取締役社長 奥山泰全
金融商品取引業の登録番号 関東財務局長(金商)第2028号
資本金 31億円(2019年3月31日現在)
本社所在地 東京都港区六本木 3-2-1
住友不動産六本木グランドタワー 33階
関連会社 株式会社マネーパートナーズグループ(東証一部上場:コード番号:8732)
株式会社マネーパートナーズソリューションズ
公式サイト https://www.moneypartners.co.jp/

※表はマネーパートナーズの公式サイトを参考にザイFX!が作成

目次に戻る

ザイFX!編集部が徹底調査! マネーパートナーズ[パートナーズFX]についてもっと詳しく知りたい! 【解説記事&クチコミ・評判】

マネーパートナーズ[パートナーズFX]のデータ一覧

1.取引コスト
売買手数料(1万通貨・片道) 往復総コスト(米ドル/円1万通貨取引時の最低コスト) スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 英ポンド/円 豪ドル/円 NZドル/円 ユーロ/米ドル
無料 30円 0.3銭
原則固定
0.4銭
原則固定
0.9銭
原則固定
0.6銭
原則固定
1.2銭
原則固定
0.3pips
原則固定

※スプレッドは原則として通常時の数値、または3週間以上に渡るキャンペーンの数値を掲載している
(1日の中の対象時間が短すぎるものは掲載していない)。

2.スワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 英ポンド/円 豪ドル/円 NZドル/円 南アフリカランド/円 情報取得日
20円 -15円 28円 25円 26円 11円 2019/6/24

※「スワップポイント」は各通貨ペアを1万通貨買った時、1日あたりに受け取れる金額を示している。

3.通貨ペア
通貨ペア総数 米ドル/円など基本7通貨ペア ユーロ/米ドル 英ポンド/米ドル 豪ドル/米ドル 南アフリカランド/円 トルコリラ/円 中国元/円
20ペア ×
4.レバレッジなど
最大レバレッジ 初回入金額 取引単位
25倍 規定なし 1万通貨
5.為替ニュース
FXi24 Market Win24 フィスコ ロイター ダウ・ジョーンズ その他
× × 独自
6.入出金サービス
日本円の入金手数料 日本円の出金手数料 クイック入金 ネットで出金 米ドルを証拠金にできる 現受け
クイック入金サービスは無料 会社負担(月5回まで)
7.注文機能・システム
逆指値(ストップ)OCO,IFD,IFO注文 トレール注文 使用システム ウェブブラウザ型/インストール型 Mac対応 売買シグナル システムトレード(リピート系発注機能を含む) デモトレード・バーチャルトレード
マネーパートナーズ系(シンプレクス系) 両方 ○(ブラウザ型のみ) ×
8.モバイル対応
スマートフォン 携帯電話(ガラパゴス携帯) 相場情報
iPhone Android携帯 NTTドコモiモード auEZweb SoftBankYahooケータイ 相場情報メール配信(モバイル向け)
× × ×
9.ロスカット・メール機能
ロスカット ロスカットアラートメール 価格通知メール 約定通知メール
×
10.会社の信頼性
口座数 証拠金残高 自己資本規制比率 資本金 証拠金の信託先 決算の公開 上場
33万3795口座(2019/06時点)[※マネーパートナーズ合計] 644億2600万円(2019/06時点)[※マネーパートナーズ合計] 331.7%(2019/03時点) 31億円(2018/03時点) 三井住友銀行、みずほ信託銀行 あり 株式会社マネーパートナーズグループ(東証1部【8732】)
カバー先
ユービーエス・エイ・ジー銀行、ゴールドマン・サックス証券株式会社、バークレイズ銀行、ドイツ銀行、コメルツ銀行、バンク・オブ・アメリカ・エヌ・エイ、ナットウエスト・マーケッツ証券会社、シティバンク、エヌ・エイ、JPモルガン・チェース銀行、大和証券株式会社、モルガン・スタンレー・アンド・カンパニー・インターナショナル・ピーエルシー、株式会社みずほ銀行、ビー・エヌ・ピーパリバ、クレディ・スイス・エイ・ジー、スタンダードチャータード銀行、三菱UFJ銀行、オーストラリア・アンド・ニュージーランド・バンキング・グループ・リミテッド銀行、ステート・ストリート銀行、ファストマッチ
お得なキャンペーン情報
実施期間 キャンペーン内容
終了日時未定 ★ザイFX!独自★1,000円キャッシュバック+1,000円キャッシュバック(パートナーズFX nanoで100通貨以上の取引で)

※「おトクなキャンペーン情報」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

会社概要
運営会社 株式会社マネーパートナーズ
登録番号 関東財務局長(金商)第2028号/金融先物取引業協会(会員番号:1184)
所在地 東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー33F
電話番号 0120-860-894
受付時間:平日・祝日7:30~23:00/月曜のみ7:00~23:00
ザイ オンライン