ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

米ドル/円が76.25円まで暴落!
パニック相場の終息は当局の対応しだいか

2011年03月17日(木)14:52公開 (2011年03月17日(木)14:52更新)
西原宏一

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 まず、東北関東大震災でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された方々のご無事をお祈りいたします。

 加えて、今後の余震情報にも十分にお気をつけください。

市場の関心は「リパトリ」に集まっている

 為替相場は、日本の巨大地震の影響で大きく円高に振れています。

 この円高の動きは、日本の保険会社が巨額の外貨資産を円転する可能性があることが要因として挙げられています

 つまり、市場の関心は「リパトリエーション(本国への資金送還)」に集まっています

 1995年に阪神・淡路大震災が発生したときを振り返ると、その後、米ドル/円は3カ月で約20%も円高が進み、4月に79.75円の史上最安値をつけました。

米ドル/円 月足

 ただ、当時は機関投資家の外貨資産ヘッジ比率が3割程度しかなかったため、ヘッジ売りが重なり、それがさらなる円高を呼ぶという悪循環を繰り返したことが円急騰劇の要因です

現在の彼らのヘッジ率は70%に達していると言われており、当時とは相場環境がかなり違うため、 単純に前回の震災時と比較することはできないと考えています。

 そもそも、地震の被害が確定していないのに、生保が円転するわけはなく、 「リパトリエーション」に関しては中期的な円高要因ということでしょうか?

■米ドル/円は「パニック相場」に陥り、76.25円まで暴落

 短期的には、海外勢からの円高圧力が高まっています。

 その要因は、福島の原発に対する警戒が高まっているためです。

 3月16日(水)の海外市場では、EU(欧州連合)のエッティンガー委員(エネルギー担当)による「日本の原子力機関の状況、制御不能」との発言、天野・国際原子力機関(IAEA)事務局長の「日本の状況は非常に深刻で、緊急IAEA会議を招集する」との発言が伝わりました。

 さらに、カーニー米大統領報道官が「在日米国人に、原発から50マイル退避するよう勧告」と発言したことも報道され、米ドル/円は「パニック相場」に陥りました。

米ドル/円 5分足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 5分足

 3月17日(木)早朝、米ドル/円は79.50円のバリアを突破すると、78円台、77円台のバリアを次々にヒットし、一時は76.25円まで暴落しました

 しかし、東京市場に入ると、当局による介入への懸念が高まり、現執筆時点で米ドル/円は79円台前半で推移しています。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る