ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
今井雅人の「どうする? どうなる? 日本経済、世界経済」

米景気回復のカギは雇用環境と住宅市場。
住宅着工が弱く、米ドルは戻り売り継続!

2011年05月26日(木)17:25公開 (2011年05月26日(木)17:25更新)
今井雅人

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

アメリカの経済指標があまり芳しくない

先週のコラムでは、米ドルの戻り売り、特に、米ドル/円で82円台でのショートメークを推奨しました「金融引き締めが先になりそうな米ドルは戻り売りか。豪ドルは緩やかに上昇と予想」を参照)

 基本的には、今週に入っても、その考えは変わっていません。

 その理由は、なんと言っても、アメリカの経済指標があまり芳しくないからです。

 5月17日(火)に発表された4月の住宅着工件数は、年率換算で52万3000戸にとどまっており、市場予想の56万9000戸を大きく下回っていました

米国の住宅着工件数

(詳しくはこちら → 経済指標/金利:米国主要経済指標の推移

 また、3月と比べても10.6%のマイナスと大幅な落ち込みを見せています。

 同日発表された4月の建設許可件数に関しても、年率換算で55万1000戸にとどまり、市場予想の59万戸を割り込んでいます。前月と比べても4%のマイナスとなっています。

■米長期金利が低水準で推移し続けているということは?

 私はかねてから、アメリカの景気回復のカギとなるのは、雇用環境と住宅市場だとお話ししてきました。

 その住宅市場の低迷が続いているということは、当面、金融政策の転換はなさそうだと市場関係者は考えてしまいます

 実際のところ、アメリカの長期金利(10年もの国債の金利)を見てみますと、低水準で推移し続けていまして、反発して上昇する様子は今のところはありません。

 これから上昇するためには、かなり良い結果の経済指標が出てくる必要がありそうです。

米ドル/円 週足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 週足

米ドルは一般的に、米国の長期金利の動向に大きく影響されると、よく知られています。ある程度は、今回もその影響を受けるでしょう

 ですから、当面ということで言えば、米ドル/円の上値は重いと思われます。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

ザイFX!でもおなじみの今井雅人さんからのレポートを受けて、ザイFX!が 配信する「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人(月額:5,500円(税込))」

ザイFX!プレミアム配信with今井雅人

 その日のニュースをコンパクトに解説し、今後の為替の値動きについての予測とともに、今井氏のポジションについても可能な限り配信する、実践型の有料メルマガです。

「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人」には10日間の無料体験期間がありますので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事
キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る