ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
今井雅人の「どうする? どうなる? 日本経済、世界経済」

金融引き締めが先になりそうな米ドルは
戻り売りか。豪ドルは緩やかに上昇と予想

2011年05月19日(木)13:47公開 (2011年05月19日(木)13:47更新)
今井雅人

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

■米国の金融引き締めは、まだ先の話

 5月18日(木)に、4月26日(火)~27日(水)開催分のFOMC(米連邦公開市場委員会)の議事録が公表されました。

 その中で、いわゆる「出口戦略」について話し合われていたことが明らかになっています。

 議事録によると、ほぼすべてのメンバーが、正常化への第一歩は「昨年8月に開始したMBS(住宅モーゲージ担保証券)の償還金再投資をやめることである」という考えで一致したということでした。

 また、多くのメンバーが「短期金利の誘導目標を引き上げた後に、証券を売却すべき」と主張していることもわかりました。

 こうした「出口論」が話し合われたことで、いよいよ金融引き締めが始まるのかというムードが広がりそうですが、そのようになることを意識してか、FOMCでは、出口戦略をめぐる議論は引き締めが「近く必ず始まること」を意味してはいないとも述べて、クギを刺しています

 やはり、住宅市場が依然として低迷していること、景況感がここにきて腰折れしていることなどを心配しているのでしょう。

 FRB(米連邦準備制度理事会)による金融引き締めは、まだ先のことだと考えておきたいと思います。

■対円、対ユーロあたりで、米ドルの戻り売り戦略が有効か

 それを踏まえて、米ドルの動向を考えてみましょう。今回はドルインデックスを例にとってみます。

 ドルインデックスはここ数年の最安値をつけた後、反転して、一時は76まで上昇していました。しかし、その後はまた少し緩み始めています。

ドルインデックス 日足

(出所:米国FXCM)

 ドルインデックスのMACDを見てみると、5月5日(木)にMACDとシグナルが逆転し、上昇サイクルに入りましたが、その後は2つの線のカイ離が大きくなって「買われ過ぎ」の状態に入っていました

 最近の反落は、このことを反映したものだと思います。

 このような前提で考えるとすれば、米ドルのアタマは重そうだということになります。

米ドル/円、ユーロ/米ドルあたりで、米ドルを戻り売りするのが今のところは有効ではないでしょうか?

米ドル/円 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 日足

米ドル/円の82円台があれば、そこは売りゾーンとして考えておきたいと思います。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

ザイFX!でもおなじみの今井雅人さんからのレポートを受けて、ザイFX!が 配信する「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人(月額:5,500円(税込))」

ザイFX!プレミアム配信with今井雅人

 その日のニュースをコンパクトに解説し、今後の為替の値動きについての予測とともに、今井氏のポジションについても可能な限り配信する、実践型の有料メルマガです。

「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人」には10日間の無料体験期間がありますので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10
jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る