ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ポール・サイ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?

ドル/円は再び上昇? 下落調整が続く?
トレードチャンスの探し方を徹底解説!

2012年04月03日(火)15:44公開 (2012年04月03日(火)15:44更新)
ザイFX!編集部

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 米ドル/円は3月30日現在、これまでの上昇に対する下落調整を形成する展開となっています。トレーダーとして気になるのは、米ドル/円が2月からスタートした上昇を再び継続するのか、それとも直近の下落調整を続ける展開になるのか、という点です。

■ポイントは“トレードチャンス”の見極め方!

 FXトレードで利益を上げていくためには、トレードチャンスを見極めてトレードを行う必要があり、それはいついかなる時にも求められるものです。

 トレードチャンスとは、それぞれのトレーダーが採用するトレード戦略ごとに異なりますので、一概に「この瞬間」と断定することはできません。逆に言えば、自分の戦略が決まっていなければ、トレードチャンスも決まらないことになり、戦略を決めることなく、トレードチャンスを探すことはできないのです。

 ここでは直近の米ドル/円の値動きの中で確認される、いくつかのトレードチャンスを振り返り、戦略の決定や今後のトレードチャンスを探すヒントを提供します。

■米ドル/円のトレンドはいつ転換したのか?

 米ドル/円はご存じのとおり、2011年後半まで、「リスク時の円買い」や「超円高」と呼ばれるような円高・米ドル安の値動きを続けていました。つまり、米ドル/円の下落トレンドが続いていたのです。

 トレードの手法には2種類あり、トレンドが発生した際にトレンドと同じ方向にトレードを行うことを「順張り(トレンドフォロー)」と呼び、トレンドに逆らうトレードを「逆張り」と呼びます。そして、それぞれは独自の優位性を持っています。

 米ドル/円においては、2011年10月31日に安値をつけた後、政府・日銀による円売り介入が行われ、同日の最安値が直近の安値となって、その後安値切り上げを見せましたので、10月31日の安値を境にトレンドが転換し、この安値付近で逆張りのトレードチャンスが存在したことになります。

■アップトレンドへの転換点はココだった!

 ダウントレンドからアップトレンドへ転換する際のポイントとしては、最初に安値の切り上げが完成したところ、その後高値の切り上げが完成したところが挙げられます。そして、そのような中で徐々にトレンド転換が想定されていくのです。

 今回の値動きの中で、安値切り上げ、高値切り上げを確認すると、下図1や2のようなポイントがトレードチャンスとなります。

図1 米ドル/円 日足(クリックで拡大)
図2 米ドル/円 日足(クリックで拡大)

(チャート出所:インベストメントテクノロジーズ「Egde Trader」)

 上図2では、直近高値切り上げが確認でき、この時点でトレンド転換が徐々に想定され、さらに強い節目である10月31日の高値を切り上げた時点で、いったんこのトレンド転換が鮮明になります(下図3)。

図3 米ドル/円 日足(クリックで拡大)

(チャート出所:インベストメントテクノロジーズ「Egde Trader」)

 上図3の高値切り上げ確認以降、アップトレンドが形成されていると考えていきますので…

外貨ex byGMO[外貨ex]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ jfx記事
トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る