ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」

「日本は少子化、低成長だから円安になる」
という考え方は根本的に間違っている!

2012年04月27日(金)17:58公開 (2012年04月27日(金)17:58更新)
陳満咲杜

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 今週に入ってからもドルインデックスは弱含みに推移しており、米ドルの弱さを証左する事例は今週に入ってからいくつも挙げられる。

■ユーロ圏の混乱からユーロの高安を論じるのは無意味

 まず、ユーロ/米ドルだが、先週も指摘したように、巷に溢れる「スペイン危機云々によるユーロ下落論」はあまり効いていないようだ。

 何しろ、4月26日(木)のユーロは一時1.3263ドルまで上昇していたから、英ポンドほど強くはなかったものの、スペイン危機を感じさせる値動きではなかった。

ユーロ/米ドル 1時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/米ドル 1時間足

 それもそうである。

 ギリシャにしても、スペインにしても、あるいはこれからはポルトガルか、イタリアか、さらにはフランスかはわからないが、ユーロ圏の混乱はこれからも続くことだろう。

 しかし、それをもってユーロの高安を論じるのはある意味ではインチキである。なぜなら、これはユーロ圏の構造的な問題であるだけに、言い続ければいつかは当たるものだからだ。

 その過程において、ユーロの値動きはとんでもない上下動を記録しているのだから、ユーロ圏の混乱をユーロの値動きに結びつけて論じることは、まったくと言っていいほど無意味であろう。

■「日本は少子化、低成長だから、円安になる」のウソ

 このような教訓、実は日本人ほどわかってもらえるのではないかと思う。

 というのは、ある外資系銀行出身者の著作が一世を風靡したように、一時期「トンデモ円安論」が普通に受け入れられていた。

 曰く「日本は少子化、低成長だから、円安になる」といったロジックと結論であった。

 2006、2007年あたりにはこのような理論が正しく見えたせいか、当時、円安の原因が相場サイクルに基づいた変動であったことを知らずに、スワップ金利(死語?)を狙う「放置プレイヤー」がいた。しかし、その多くがその後、相場に放置されるハメになったことは記憶に新しい。

豪ドル/円 月足

(出所:米国FXCM

 要するに、日本の少子化、低成長といった構造論をもって為替相場の動きを推測するのは極めて危険であり、ロジックも根本的に間違っている。

 今になってやっと、このような話は理解してもらえると思うが、円からユーロに話を移すと、多くの方はまたこういった教訓を忘れてしまう。本質はいっしょなのだが。

 言い換えれば、「ユーロ圏の危機が続くからユーロは必ず暴落する」といったロジックは、「日本は少子化、低成長だから円安になる」といった考え方と大して変わらない。

 だから構造論の視点で延々と相場を説明する者は能なしか、インチキそのものである。

■トンデモ論ほど一般的には受け入れられやすい

 残念ながら、トンデモ論ほど一般的に受け入れられやすい傾向が強く、また一般人が受けた教育自体も、「理外の理」とされる相場の真実を受け入れることに拒絶反応を起こさせるものだから、どうしても「わかりやすく、常識で納得できる」トンデモ論に支配されがちなのだ。

 もっとも、構造論なら、本来誰でもできるのだから、あれこれと解釈する者はいらないし、相場がそんなに簡単なものなら、相場自体が壊れて成り立たないはずだ。

 この意味では、自称ファンダメンタルズ派アナリストの多くは、すでに発生していることをさらに複雑に解釈しているだけである。構造論の延長で相場の値動きをとらえようとしているから、常に後解釈になってしまうのも当然の結果と言えるだろう。

 ただし、注意していただきたいのは、市場センチメントはファンダメンタルズ上の材料によって形成されることが多いから、ファンダメンタルズ上の材料や市場センチメントを常にチェックする価値はあるということだ。

 なぜなら、時々ファンダメンタルズ上の材料や市場センチメントと値動きの間に明らかなギャップが生じることがあるからだ。それはトレーダーに絶好の取引チャンスを教えてくれるのである。

■「不安だメンタルズ」になってくればチャンス!

 最近の例を簡単にまとめたので、次のチャートを見てほしい。

 まず、ユーロ/米ドルの例だが、2月24日(金)の高値をトップに。三尊型(※)を形成していたように見えたので、4月16日(月)の安値が一時1.3000ドルの節目を割れると、同フォーメーションの下放れを果たしたように見えた。

(※編集部注:「三尊型」はチャートのパターンの1つで、天井を示す典型的な形とされている。仏像が3体並んでいるように見えるために「三尊型」と呼ばれていて、人の頭と両肩に見立てて「ヘッド&ショルダー」と呼ぶこともある)

ユーロ/米ドル 日足(クリックで拡大)

(出所:米国FXCM

 しかし、結局ダマシであったから、残る道は1つしかない。

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事
キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る