ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」

ユーロクロスの異変がユーロ全面安を示唆。
ユーロ/円は年内に118円台の可能性も!

2013年08月09日(金)16:21公開 (2013年08月09日(金)16:21更新)
陳満咲杜

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

■ユーロクロスが示唆する異変とは

 米ドル/円は大幅下落、昨日(8月8日)一時、95円台の安値をつけ、前回のコラムの予想どおりの展開となった。

【参考記事】
ドルインデックスは底打ちの可能性大だが、米ドル/円はなお下落余地が大きい!(2013年8月2日、陳満咲杜)

 一方、ドルインデックスは、想定された200日線のサポートを割り込んだ形で、底打ちの兆しを見せず、予想が外れた。

 ドルインデックスの下落は、8月2日(金)の米雇用統計が悪かったことを受け、ほぼ一直線に続いてきた。リンクしたように、ユーロ/米ドルの上昇もしかり。ここまでは理屈どおりの値動きで、何も特異なところなしと言いたいところだが、ユーロクロス(ユーロと米ドル以外の通貨との通貨ペア)に目を向ければ、ある「異変」に気づく。

 まず、ユーロ/豪ドルは今週(8月5日~)からRSIの弱気ダイバージェンスを証左する形で一服し、反落してきた。ユーロ/米ドルの連騰にもかかわらず、ユーロ/豪ドルのブル(上昇)トレンドは、終焉の兆しを見せている。 

ユーロ/豪ドル 日足(クリックで拡大)

(出所:米国FXCM

 ユーロ/豪ドルの反落をみれば、豪ドル/米ドルの底打ちや反騰も理解できる。RSIが示す強気ダイバージェンスはユーロ/豪ドルと正反対であり、豪ドルの底打ちは、遅ればせながらもユーロ/豪ドルの頭打ちと相俟って、いったん成功した公算が大きい。 

豪ドル/米ドル 日足(クリックで拡大)

(出所:米国FXCM

 次はユーロ/円だが、こちらは前回コラムでの指摘どおり、下落フラッグといったフォーメーションの形成途中と見られ、ユーロ安のトレンドが継続していく可能性が高い。 

ユーロ/円 日足(クリックで拡大)

(出所:米国FXCM

 最後はユーロ/英ポンド。こちらもダブルトップをつけた形で騰勢一服、至って反落していく見通しが強まる。ユーロクロスは、総じて弱含みである。 

ユーロ/英ポンド 日足(クリックで拡大)

(出所:米国FXCM

 強調しておきたいのは、ユーロクロス全般の弱含みは現在、ユーロ/米ドルの強気変動のなかで発生しており、先週(7月29日~)末から推進してきた米ドル全面安の流れでは、受け皿としてユーロ以外の外貨がより重要な役割を果たしていることは明らかだ。

 したがって、ユーロが強いわけではなく、短期スパンにおける米ドル全面安の勢いが強かっただけ、という結論が得られる。

 よって、ユーロプチバブルの崩壊は延期されたものの、現在最終段階に位置するといった判断は修正するどころか、むしろ強化されているとみる。もっともわかりやすいサインはユーロクロスの全面安であり、とりわけユーロ/豪ドルの頭打ちだと思う。

 では、ユーロプチバブルの余地は、あとどれぐらい…

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る