ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

株安を伴わない絶妙なテーパリング!
米ドル/円は、107円が見えてきた!

2013年12月19日(木)19:10公開 (2013年12月19日(木)19:10更新)
西原宏一

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

■豪ドル/米ドルは依然として0.85ドル台へ向け続落中

 みなさん、こんにちは。

 今週(12月16日~)もRBA(オーストラリア準備銀行[豪州の中央銀行])のスティーブンス総裁がいつものコメントを繰り返したこともあり、豪ドル/米ドルは軟調。

「追加緩和については引き続き予断を持っていない」
「豪ドルは依然として不快なほど高い」
「介入について考えたが控えることを決めた」
「為替介入はファンダメンタルズに逆らえない」
「政策金利は現在、非常に低い」
「必要なら再び利下げする」

 つまり、仮に豪ドル/米ドルが反発基調に転ずれば、介入という手はとりませんが、為替を考慮して利下げをする用意があるとのコメント。

 豪ドル/米ドルは本日、12月19日(木)に一時、0.8821ドルまで下落。

 豪ドル/米ドルはIMF(国際通貨基金)や、スティーブンス総裁が示唆している0.85ドルまで、あと300ポイントというところまで下落しました。

【参考記事】
ドル/円は100円台を回復し早晩103円へ! 豪ドルはIMFに10%過大評価と言われ下落(西原宏一、2013年11月21日)
豪ドル/ドルは0.85ドルへ向けて下落中! 12月雇用統計に注目が集まる理由とは?(西原宏一、2013年12月5日)

豪ドル/米ドル 1時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:豪ドル/米ドル 1時間足

 ターゲットまで300ポイントと迫っていることと、マーケットの豪ドル/米ドルのショートが徐々に増えてきていることで、12月19日(木)の現時点のレベル(=0.8830ドル)では下値を叩かず、ていねいに戻り売りのレベルを模索したいところです。

■株安を伴わない絶妙なテーパリングで米ドル高・円安に!

 12月19日(木)の日本時間未明、2013年最後の大イベントであるFOMC(米連邦公開市場委員会)が開催され、テーパリング(※)が決定されました。

 その内容ですが、資産買入れ額の縮小は100億ドルという小幅な数字。また、縮小ペースは示されず。

 加えて、「失業率が6.5%を下回ったとしても、インフレ率が長期目標の2%を下回って推移すると見込まれる間はゼロ金利を維持する」というハト派的な(?)テーパリングの決定。

 この結果、株の急落を伴わない絶妙な展開に。

 まず、「テーパリング開始=リスクオフ」を懸念してこれまで軟調だった新興国通貨が、発表直後に急回復しています。

 その後は「株高・米ドル高・円安」へ。

(※編集部注:「テーパリング」とは、米量的緩和政策により、進められてきた資産買い取りを徐々に減少し、最終的に購入額をゼロにしていこうとすること)

米国株(US30) 1時間足

(出所:米国FXCM

米ドルVS世界の通貨 1時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドルVS世界の通貨 1時間足

世界の通貨VS円 1時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:世界の通貨VS円 1時間足

 米ドル/円は年初来高値を更新し…


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事 キャンペーンおすすめ10
トレーディングビュー記事 jfx記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る