ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル円101円台へダイブの週明け、
戻り売り態勢か米国株に要ウォッチ

2014年01月27日(月)16:22公開 (2014年01月27日(月)16:22更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 木曜日に中国の景況感の悪化が問題になって、世界的な景気スローダウンが意識されてのリスク回避が続くなか、金曜日のマーケットが始まった。ドル円はアジア時間で103円台の前半まで沈んで、リスク許容度はかなり減退。今年のドル円の安値は102.86までだったので、103円台の前半には買いのインタレストが強かった。

 そこで私もドル円を103.14で拾った。しかし欧州序盤に103.50あたりまで戻るものの、すぐに反落に転じて、やっとこさという感じで103.33で売り抜けた。だがドル円はそのまま急降下していく。今年の安値も下回ってきた。ここでショートにしないと、テクニカルというか、チャート見ている理由がない。

 アジア時間に安いというレベル感からドル円や日本株を買う日本人が多かったようだ。木曜日の海外クローズに比べて、金曜日のアジアクローズのほうが値が切り上がっている。その無用なロングの積み上げが、その後の海外市場でのポジションのアンワインドを加速したものと言えるだろう。ドル円は102.85割れで、私の注文通りにドル円のショートポジションができた。

 19時を回るとリスク回避が加速してきた。グローベックスの米国株は下げ幅を拡大。そしてナイトセッションでの日経先物も昼間の安値である15270円も下回ってくると、投げ売りを呼び込んだ。ドル円も102.50をも下回ってきて、なおも安値圏で張りつき。経済イベントがない状態だったので、次のフレッシュなフローはニューヨーク勢の参入までない。

 ドル円は102.00近辺まで落ちて、日経先物は15000円割れを喫した。そしてニューヨーク待ちに入ったのだが、ニューヨークオープン前に再びドル円は102.50を超えてきたので、私は一度ポジションをスクエアに戻した。

 米国株は大幅安でスタートと思われたが、すでにグローベックスで大幅に下げていたのもあって、ややショートカバー優勢でスタート。それでも安いことには安いままだ。ユーロ円は急落の後は139円台で値動きがない。テレビではアルゼンチンの話しをしていたが、通貨安は週初からの現象で今に始まったことではないし、介入ギブアップのニュースも欧州時間にはすでに出ていた。


 ドル円も1年で30%も円安になったのだから、アルゼンチンペソが対ドルで30%下がっても同じようなものである。自国通貨買いの為替介入を止めたというのは、これ以上のリスク回避の理由にするにはちょっと根拠に乏しいように思える。

 米国株はニューヨーク時間の午後から一段安へと向かい、そのまま安値引け。週明けの本日、早朝にはドル円は101円台に突入し、101.75近辺まで安値を拡げ、グローベックスの米国株も安値を更新する局面もあった。でもやはりアジア時間が近づくにつれて日本勢によるリスクテークが強まった。ドル円は下値攻めをまったくしなくなり、日経先物もニューヨーククローズの14930円よりも上サイドでしかプレイしなった。

 今晩は米国株が、果たして続落するのか、反転するのかの見極めが重要になってくる。これが反転しないことにはドル円やユーロ円は戻り売りのスタンスで臨むしかないからだ。私としてもドル円は、当面は102円台のなかでの動きが中心になるのではないかと思っている。ニューヨーク市場の引け後には、アップルの決算も控えている。


日本時間 16時00分
 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 ヒロセ通商「LION FX」
ヒロセ通商「LION FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(10-28時)
0.3pips原則固定 1000通貨 54ペア
【ヒロセ通商「LION FX」のおすすめポイント】
54種類の豊富な通貨ペア、取引環境にあわせて選べる取引ツール、主要通貨ペアのスプレッドの狭さなどの優れた基本スペックに加え、毎月趣向を凝らした多彩な食品がプレゼントされるキャンペーンも人気のFX口座です。経済指標の速報をリアルタイムで知らせてくれる、「ロイター経済指標速報」を無料で使えるのも魅力です。
【ヒロセ通商「LION FX」の関連記事】
■ヒロセ通商「LION FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼ヒロセ通商「LION FX」▼
ヒロセ通商「LION FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年5月14日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 経済指標速報記事 CFD口座おすすめ比較
jfx記事 経済指標速報記事 CFD口座おすすめ比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る