ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?

「FX友の会 in 東京 2014」潜入レポ(4)
もしも、日本国債が暴落しそうになったら…

2014年07月29日(火)12:53公開 (2014年07月29日(火)12:53更新)
ザイFX!編集部

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

「『FX友の会 in 東京 2014』潜入レポ(3) 東大卒トレーダーがチャート術を大公開!」からつづく)

 「FX友の会 2014 in 東京」もいよいよ終盤。ラストは、ザイFX!の人気コラム「ヘッジファンドの思惑」でもおなじみの西原宏一さん、世界的な投資銀行ゴールドマン・サックスでディーラーとして活躍されていた志摩力男さん、ロンドンFXこと松崎美子さんが登場した。

■インディケーターで「トレンド」を探し出せ!

 西原さんのテーマは「Back to basics(基本に戻ろう)」。今回のFX友の会でもさまざまなチャートやインディケーターが出てきたが、改めて基本に戻ってチャートやインディケーターの見方や使い方について詳しく解説してくれた。 

 西原さんは、インディケーターを使うことで「レンジ」か「トレンド」なのかを知ることがとても重要としている。

 その中でも、「すべてはトレンドを探すことにある」そうだ。

 レンジについては、上昇したら売る、下落したら買うということで簡単そうに見えるが、「どこまでがレンジなのかわかりにくい」と指摘。書店にレンジ相場の解説書がないことを引き合いに出しながら、レンジトレードが簡単ではないことを話していた。

 では、なぜトレンドの方がうまくいくのかだろうか。西原さんいわく、「たとえば、上昇トレンドの際に感極まって高値づかみしても、トレンドが出ていればあまり下がらず、待っていればまた上昇してくるのでトレードがしやすい」からだそうだ。

レンジ相場とトレンド相場

 また、「トレンドを探すためにインディケーターを使うのだが、いくつものインディケーターに手を出しても混乱するだけなので、1つに絞るべき」とも言っていた。

■頻繁にインディケーターを変えても上達しない!

 さらに、チャートを見る上でのポイントについては、「時間の範囲が狭く、ローソク足の数が少ないと、レンジであっても結構動いているように見えてしまう。したがって、時間の範囲を広くしてローソク足の数を多くすることで、レンジなのか、トレンドなのかを明確にすることができる」という。

時間の範囲が狭いチャート

 

時間の範囲が広いチャート

 

  さらに、200日移動平均線を表示させたチャートを使って、レンジとトレンドの探し方についての解説があった。

米ドル/円 日足 200日移動平均線

 

  上のチャートについて、西原さんは、「200日移動平均線は一応上昇トレンドであると言える。こういった場合は押し目買いスタンスで考える」と解説。

 ただ、「これは基本的な流れのチェックであって、これだけを材料にしてエントリーできるわけではありません。これだけでエントリーできるのであれば、簡単なシステム売買を作成できてしまいます。上のようなチャートでは、まず基本的な流れをつかもうというわけです」と話していた。

 そのほか、ボリンジャーバンドや一目均衡表といったメジャーなテクニカル指標を使った米ドル/円相場の見通しも披露された。

 西原さんが解説している際、チャートには常に1つのインディケーターしか表示させていなかったのだが、これについては、インディケーターを入れ過ぎるとわかりにくくなることが理由だという。

 そして、「インディケーターを何種類も使うよりも、1つをじっくり使って、得意なツールにしていくことが大事頻繁にインディケーターを変えても上達しない」との言葉で、西原さんはこのテーマについての話を締めくくっていた。

 西原さんのチャートとインディケーターの話が終わった後は…

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る