ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?

議員殺人事件の衝撃が流れを変えた!
英国民投票で核兵器並みの為替介入も!?

2016年06月21日(火)16:27公開 (2016年06月21日(火)16:27更新)
ザイFX!編集部

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

「英国がEU離脱なら英ポンドは20%暴落か。7500万円払えば、いち早く結果がわかる!?」からつづく)

■議員殺人事件の衝撃が流れを変えた

 「英国民投票の流れが変わったようです。きっかけとなったのは、EU(欧州連合)残留を支持していたジョー・コックス議員が銃撃されたうえに刃物で刺されるという大変、痛ましい事件です」

 そう解説するのは、ロンドン在住の元・為替ディーラー、「ロンドンFX」こと、松崎美子さんだ。

ジョー・コックス議員への献花

EU残留派のジョー・コックス議員殺害事件は英国民投票の流れを大きく変えた

(C)Dan Kitwood/Getty Images

 間近に迫った2016年6月23日(木)の英国民投票。前回の記事では「離脱派の急伸」をお伝えしたばかりだが、再び流れは残留へと傾きつつある。国民投票へ向けた最終週、英ポンド/円相場は上に大きく窓開けして始まった。

【参考記事】
英国がEU離脱なら英ポンドは20%暴落か。7500万円払えば、いち早く結果がわかる!?(6月15日)

英ポンド/円 1時間足
英ポンド/円 1時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:英ポンド/円 1時間足

 「16日(木)以降に行なわれた世論調査では再び、残留支持が優勢となっています。コックスさんへの同情票もあるのでしょうね。残留派がよほどの失言や失態を演じないかぎり、残留が濃厚になったと思います」

コックス事件前と後のEU残留・離脱調査結果

■離脱支持を表明した大手新聞

 投票日が迫る中、世論に影響を与えそうな動きもあった。大手新聞の社論だ。

 「先週(6月13日~)、発行部数トップの大衆紙『サン』が、離脱支持を一面にデカデカと打ち出しました。また、投票直前の週末には伝統ある高級紙『タイムズ』日曜版と、やや右寄りの『テレグラフ』日曜版が離脱支持を表明したんです」

 日本の新聞でも日曜版はあるが、イギリスでは位置づけが違う。

 「イギリスの家庭では、どこもテーブルに日曜版が載っていて、お菓子を食べながら、ビールを飲みながら読まれています。まだ態度を決めていない人も10%ほどいるとみられ、彼らがタイムズやサン、テレグラフの影響で一斉に離脱に傾けば、まだ逆転の可能性もあります」

英大手紙の社論

■ブックメーカーでは残留支持の巻き返しが明確

 ただ、世論調査から見ると基本は残留優勢。「世論調査よりも信ぴょう性が高い」と評判のブックメーカー(賭け屋)でも同じ傾向が出ている。

 「オッズから見た残留の確率は一時、60%程度まで落ちていましたが、6月20日(月)時点で77~80%台まで回復しています。ただ、実際の得票率は僅差になりそう。いちばん人気のある賭けは『残留票が50-55%』、『離脱票が40-50%』とするもの。残留に賭けている人が多いですが、彼らも楽勝で残留とは思っていません」

ブックメーカーのオッズでも残留支持の巻き返しが鮮明に

■スコットランド残留を見事に当てた賭け屋のオヤジ

 イギリスでは「床屋よりも多い」と言われるくらいに一般的なブックメーカー。顧客の多くはサッカー目当てだが、選挙での実績もある。

 キーワードは「賭け屋のオヤジ」。美子さんのセミナーを見ている人は聞いたことがあるかもしれない。

 「2014年、スコットランド独立を問う国民投票がありました。当時も投票日が近づくにつれ、独立派の勢いが増していったのですが、投票2日前、『スコットランドは79%の確率で残留する』と予測したのが大手ブックメーカー・ベットフェアーの社長のオヤジ。この発言をきっかけに英ポンドが買われたんです」

 賭け屋のオヤジが今回も予想を発表するかどうかは不明だが、ニュースが出たら侮らず、注意しておこう。

■投票終了直後、スコットランド99%残留と宣言したオヤジ

 「もうひとり、注目すべきオヤジは『ユーガブ』の社長です」

 英ポンドを動かす大きな材料となっている世論調査だが、調査を行なっている会社のひとつがユーガブだ。

 「ユーガブのオヤジはスコットランド独立の国民投票で投票所が閉まった瞬間、『99%残留だろう』と宣言、やはりマーケットが反応しました。ユーガブは独自に5000人規模のサンプル調査を行って、結果を予測していたそうです」

ユーガブ、今回も同じことをやるかも。ユーガブとベットフェアー、2人のオヤジに注目あれ。

 次に「英国民投票をどう収益に変えるか」を…

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

ザイFX!最新&おすすめ記事

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る