ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

やっぱりトランプでリスク回避、
ユーロ円120円は壁のように重い

2016年11月29日(火)15:59公開 (2016年11月29日(火)15:59更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 週末にキューバ―のカストロ前議長が死亡した。もうそろそろだと思われていたから、それ自体は大した驚きではない。キューバとアメリカが国交回復のほうに向かっているので、オバマ大統領は必要以上に丁寧なお悔やみの言葉を発した。これも当然のことである。

 問題はトランプ氏である。彼はキューバの政治体制の在り方をさんざんに避難してきた。それでも当選後の柔軟な姿勢から見ると、マイルドな言葉を発するのではないかとの期待もあった。

 しかし実際に出てきた言葉は、実に辛辣なものだった。やはりトランプ氏は変わらないのか。これが間接的にマーケットに不安を与えた。週明けのマーケットでは朝からリスクオフに傾いた。

 ドル円は112円台で始まり、113円台乗せをトライするものの無念に終わった。そしてアジア時間の午前中に111円台まで沈んだ。先週末は114円台を臨んでいたのだから、そこから見ると急落といってもよい。ドル円ほどではないがユーロドルもいちおうのドル安方向には進んでいる。

 そして111.36まで安値を付けた後に、戻しも強烈で112円台まで回復するものの、やはり急落の後だけに売りのプレッシャーも強い。一筋縄では上がっていかない。

 先週末の高値が113.89までだったのだから、その半値戻しは112円台の中盤である。戻っても112.60あたりまでかなとあたりをつけると、なかなか112円台にのせたところからは買っていくのはツラい。

 しかしニューヨーク序盤ではドル円は112.70あたりまで上がってきた。さすがにテクニカル的な売りものも集まってきて、動きは鈍くなった。また経済イベントも全くないのだから仕方がない。

 月末に控えているOPEC総会の結論を出すための会合でも、芳しいコメントは出てきていない。市場には不透明感が漂い、米国株も軟調に推移した。

 リスクオフの動きが顕著に表れているのはユーロ円であろう。ユーロ円は120円ちょうどが壁のように重たくなった。トライはしたが、付けきれなかったので、ついに投げ売りに転じたということなのだろう。ドル円もニューヨーククローズにかけては再び軟化。そして111円台に逆戻りしている。

 今晩もリスクオフの流れに注目したい。ドル円がにわかにショートカバーするようなことがあったら、そこは売り場になると見きって、逆張りでショートメークしたいところ。もしもトランプ相場の反転が来るのであれば、それもそれで結構、大きな相場になりそうである。

日本時間 16時00分
 

おすすめFX会社
link

現金がもらえる!

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

無料オンラインセミナーは初心者に人気!口座開設者向けキャンペーンも充実!

link

ザイFX!限定で4000円!

GMOクリック証券[FXネオ]

当サイト限定キャンペーン実施中!新規口座開設後5万円以上入金&2回以上取引で4000円がもらえる!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る