ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

DMM.com証券[DMM FX]ではザイFX!限定4,000円が1取引でもらえる!

ザイスポFX!
バックナンバー

ポジション数丸見えのツールで、米ドル/円
上昇のピークがわかる警戒サインを発見!?

2017年07月04日(火)14:24公開 [2017年07月04日(火)14:24更新]

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

■6本のラインで構成されているディールスコープ

 それでは、実際のチャートでディールスコープを見ていきたい。

 以下は、米ドル/円の日足チャートで、下段が「ディールスコープ」となっている。

米ドル/円 日足&ディールスコープ
米ドル/円&ディールスコープ

(出所:外為オンライン

 ここで、ディールスコープの部分だけを抜き出して拡大したものも見てみよう。

外為オンライン「ディールスコープ」
外為オンライン「ディールスコープ」

(出所:外為オンライン

 こちらの画像をご覧いただくと、線が重なっていて少し見づらいところはあるが、ディールスコープは「6本のライン」から構成されていることがわかる。

 0(ゼロ)のライン(以下、ゼロライン)の上には黒と青のラインがあるが、これは、黒ラインが買っている人数、青ラインが買っている人の総ポジション数となっている。

 そして、ゼロラインより下にある黒ラインは売っている人数、青ラインが売っている人の総ポジション数となる。

 さらに、真ん中付近に緑ラインと赤ラインがある。緑ラインは買っている人と売っている人の人数の差、赤ラインは買っているポジション総数と売っているポジション総数の差となる。

 上のチャートについていえば、緑ラインも赤ラインもゼロラインより上で推移しているので、米ドル/円は買いが多いということだ。

■ディールスコープは相場とともにどう動く?

 さらに、以下の画像をご覧ください。

米ドル/円 日足&ディールスコープ
米ドル/円 日足&ディールスコープ

(出所:外為オンライン

 こちらは、米ドル/円の日足チャートの下段にディールスコープを表示させたものだが、相場の動きに合わせてポジションがどのように変化したのか、チェックすることができる

 また、ラインにカーソルを合わせると、ポジションの数と人数が別ウィンドウで表示されるようにもなっている。

外為オンライン「ディールスコープ」
外為オンライン「ディールスコープ」

(出所:外為オンライン

 たとえば、上のチャートでは、6月15日(木)は買いポジションの総数が14億1万1000ドルで、買っている人の人数は1万6919人となる。反対に、売りポジションの総数は5億7858万4000ドルで、売っている人の人数は7372人となっている。

 そして、以下のチャートで米ドル/円とポジションの変化を見てみると、価格が下がるにつれて買っている人は多くなり、反対に、価格が上がるにつれて買っている人が少なくなっていることがわかる。

外為オンライン「ディールスコープ」
外為オンライン「ディールスコープ」

(出所:外為オンライン

 これは、以下の【参考記事】で、バカラ村さんも検証しているのだが、最近の相場を見ても、そのとおりの動きになっている。

【参考記事】
大口トレーダーの売買も丸わかり! バカラ村流「ディールスコープ」の読み方

■ディールスコープを活用するには?

 では、この外為オンラインの「ディールスコープ」、どうやってトレードに活用したらいいのだろうか……なんて考えていた記者。

 とりあえず、米ドル/円の週足チャートと買いポジション数(青ライン)と売りポジション数(青ライン)、さらにポジション総数の差(赤ライン)を表示させたディールスコープを上下に並べてみた。すると、あるポイントに気づいたのだ。

 はじめに、以下のチャートをご覧ください。

米ドル/円&ディールスコープ 週足(2014年7月ごろ~2017年6月ごろ、クリックで拡大)
米ドル/円&ディールスコープ 週足

(出所:外為オンライン

 このチャートでは、2カ所を赤丸で囲った。これは、アベノミクス相場とトランプ相場でつけた、米ドル/円の高値だ。アベノミクス相場では、2015年6月に125.80円台、トランプ相場では2016年12月に118.60円台の高値をつけている。

 それを確認いただいた上で、そのまま下段のディールスコープのチャートをご覧いただくと、それぞれ米ドル/円が高値をつけた近辺で、赤ラインがゼロラインを割り込んでいることがわかる。

 先ほど紹介したように、赤ラインはポジション総数の差なので、これがゼロラインを割り込むということは、買いポジションよりも売りポジションのほうが多くなったということを意味する。

 これを見ると、ゼロラインを赤ラインが割り込む(=買いポジションより売りポジションが多くなる)ということは、米ドル/円の上昇がピークを迎える警戒サインとして使えるのではないかと思えてくる。

■一般的なポジション比率の考え方とは逆に考える

日本の個人FXトレーダーは円売り・外貨買いを好む人が多いと言われている。また、以下の【参考記事】でバカラ村さんも述べているように、日本の個人FXトレーダーは逆張りを好む傾向があるとも言われている。

【参考記事】
大口トレーダーの売買も丸わかり! バカラ村流「ディールスコープ」の読み方

 この2つの日本人FXトレーダーの傾向がディールスコープにも表れているようだ。

 すなわち、米ドル/円では、基本的に買いポジションの方が多い期間が長く、また、相場の上昇とともに買いポジションと売りポジションの差は縮小していく。そして、ついに売りポジションの方が多いところまで行ったなら、それは米ドル/円の上昇がピークを迎える警戒サイン──ということである。

 冒頭でも紹介したように、ポジション比率を相場に活かす一般的な考え方では、相場が上昇するほど買いポジションの割合が増えていき、それは将来の決済の売りが増えることを意味するから、相場反落のリスクが増すと言われている。しかし、ディールスコープで見られることはそれとは逆というわけだ。

 ただし、この「ゼロライン割れの警戒サイン」という…

ザイスポFX!
ザイFX!編集部

激動の渦にあるFX業界!? FX業界には日々新しい動きが起こっています。激しさを増すスプレッド競争、おトクなキャンペーン情報、新サービス・新取引ツールの紹介、業界再編の話題などなど、このコーナーではFX業界の最新注目情報をザイFX!編集部がいち早くお届けします。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ
FX毎日バトル!」へ
やさしいビットコイン・仮想通貨研究所」へ

当コラムのバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2811人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 110681人 ザイFX!のtwitterをフォローする

外貨ex byGMO[外貨ex]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
GMOクリック証券[FXネオ] トレイダーズ証券[みんなのFX] キャンペーン比較
GMOクリック証券[FXネオ] トレイダーズ証券[みんなのFX] キャンペーン比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイ投資戦略メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム











元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)