24時間いつでも仮想通貨をかんたん売買!マネックスグループのコインチェック!

「ICO」とは? 「IPO」と何がどう違うの?
テックビューロ発、「COMSA」のしくみは?

2017年09月25日(月)12:40公開 [2017年09月25日(月)12:40更新] 向井友代[ザイFX!副編集長] バックナンバー一覧へ>>

国内で唯一ファクトムが取引できるマネックスグループのコインチェック

■テックビューロが発表した「COMSA」って何?

 そんななか、日本国内では、2017年8月3日(木)に仮想通貨取引所・Zaif(ザイフ)を運営するテックビューロが、資金調達用のICOソリューション「COMSA(コムサ)」を発表しました。

 一瞬、お洋服屋さんかと思いましたが、それとは、ぜんぜん違う話です。

「COMSA」のウェブサイト
「COMSA」のウェブサイト

 一般の大手メディアでも取り上げられていますので、聞いたことがあるという方もいるのではないかと思います。言葉は知っていても、それが何か? と言われると、固まってしまいそうですけれども…。「COMSA」とは、いったい何なのでしょうか?

 ひとことで説明するのは難しそうですが、大枠は、ICOを実施しようとする企業などが抱える技術面や実務面での諸問題を、テックビューロが持つ技術やノウハウの提供によって解決したり、解決へ向けてサポートすることで、「あなたのICOが成功するよう、始めから終わりまでバッチリ応援します」というサービスであるように見えます。

テックビューロは、もともと「mijin(ミジン)」というブロックチェーン商品を持っていますので、その機能をフル活用するICOということみたい。

 サービスという言葉が適切かどうかはわかりませんが、「COMSA」のウェブサイトを見ると、COMSAは、「実ビジネスのブロックチェーン導入を支援するICOソリューション」とあり、ソリューションを直訳すると「回答」や「解決」と言った意味になりますので、まあ、そういうことなのだろうと思うワケです。

■テックビューロ自ら実施する案件が、「COMSA」のICO第1号

 そんな「COMSA」を使ったICO案件で、2017年9月現在、これから予定されているものが3つありますので、ざっと見てみましょう。

 1つめは、「COMSA」の生みの親であるテックビューロ自らが、「COMSA」のシステム開発や取引所Zaif、ブロックチェーン商品「mijin」の機能拡充のための資金調達としてICOを実施するというもの。

 2017年8月3日(木)から事前登録が始まっており、9月20日(水)までのプレセールを経て、10月2日(月)~11月6日(月)の期間でトークンセールが実施される予定となっています。

 当記事公開時点ではすでに終了していますが、プレセールは事前販売みたいなもので、トークンセール時にトークンを購入するよりも20%多くトークンをもらうことができたそう。10万ドル相当以上購入することが、プレセール参加の条件となっていました。

プレセールで利用できる仮想通貨は、ビットコイン、イーサリアム、ネム(XEM)の3つ。10万ドル相当って、日本円にすると1000万円以上ですので結構な金額ですよね…。

 プレセールに参加するのが厳しい場合は、通常のトークンセールに参加してトークンを購入するという形になります。トークンセールは、上述のとおり、10月2日(月)~11月6日(月)。参加するには、事前にウェブサイトからの登録が必要なようです。

テックビューロの発表によると、9月13日(水)時点で登録者数は15万人超、ホワイトペーパー(目論見書)のダウンロード数は6万件以上となったそう。9月25日(月)現在、申込み画面を確認してみると、登録者数は18万人を超えているようでした…。なんだかよくわからないけど、注目されているってことみたい!

COMSAの申込み画面
COMSAの申込み画面

ホワイトペーパーとは、そのICO案件の概要や集めた資金をどうやって使うかなどが記されたもので、「COMSA」の場合、ウェブサイトで誰でも閲覧することができます。

 先ほど、ICOでは、「より慎重にトークンの発行体となる企業が信用できるかどうかを判断する必要がある」とお伝えしましたが、ホワイトペーパーは、その判断材料の1つとなるもの。この機会に、興味がある人は、一度、「COMSA」のホワイトペーパーを見てみると良いのではないでしょうか?

 ただし、記者も実際に「COMSA」のホワイトペーパーを見てみましたが、結構、難しいことが書いてあるなぁって印象…。正直、記者の現在のICOへの理解度では、投資判断ができないと感じました。

 最終判断は読者のみなさん、それぞれで行っていただきたいのですが、記者個人としては、無鉄砲モードで安易に出資するのは、避けた方が良いかも…という気がしています(あくまで記者個人が出資するかどうかということの判断です)

■東証2部上場の会社もICOするらしいけど


【記事公開後の追記】

 本記事公開後、「COMSA」公式サイトの記述が変更されました。以下に記したプレミアムウォーターホールディングス、CAMPFIREのICOを今後予定している旨の記述は消えました。

 また、CAMPFIREはCOMSA上でのICOの実施について詳細な条件の合意をした事実はなく、今後も実施する予定はなく、別の手段によるICOを検討しているとのリリースを9月29日に出しました。


テックビューロに続いて、11月中旬に予定されている「COMSA」を使ったICO案件が、プレミアムウォーターホールディングス、そして、年内に予定されているのがCAMPFIREという企業のものです。

プレミアムウォーターホールディングスのウェブサイト
プレミアムウォーターホールディングスのウェブサイト

プレミアムウォーターホールディングス(証券コード:2588)は、ミネラルウォーターの宅配事業を営んでいる東証2部上場企業ということもあり、話題になった感じ。

 上場企業なら、新株を発行すれば資金調達できるんじゃないの? という疑問は、若干ありますが、何かしらの理由でICOという新しい手法を用いて資金調達することを考えているみたいです。

 ちなみに、プレミアムウォーターホールディングスの株価は、テックビューロが「COMSA」を発表し、そこでプレミアムウォーターホールディングスがICOの実施を予定しているということが明らかになってから、アホみたいに上昇していました。

プレミアムウォーターホールディングス 日足
プレミアムウォーターホールディングス 日足

(出所:Bloomberg)

 当記事でもお伝えしてきたとおり、まだまだICOにはわからないことがたくさんあるものの、世間の注目度が高まっているというのは、この株価の動きからも伝わってくる気がします。

 そして、もう1つの案件であるCAMPFIREは、クラウドファンディングサービスを提供する会社。こちらは、上場企業ではありません。

CAMPFIREウェブサイト
CAMPFIREウェブサイト

CAMPFIREは、paperboy&co.(現GMOペパボ)の創業者である家入一真(いえいりかずま)氏が代表を務めています。起業家として、波瀾万丈な(?)経歴を持つ家入氏の会社ということで、こちらも何かと注目が集まっているみたい。

 現状、テックビューロに続き、プレミアムウォーター、CAMPFIREと第3弾まで予定されている「COMSA」を使ったICO。今後、どんな盛り上がりを見せるのか? また、どんな企業が、この後に続くのか? 注目です。

 ということで、今回はビットコイン価格の下落のきっかけとなった、「ICO」というキーワードについて、お伝えしてみました。

 引き続き、ザイFX!では、ICOを含め、仮想通貨に関連する話題に注目し、さまざまな角度からお伝えしていけるよう、情報収集を行っていきたいと思います。

(ザイFX!編集部・向井友代)

前のページへ
この記事を各ソーシャルメディアで共有する
ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在のいいね数 2396人ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロワー数 102415人ザイFX!のtwitterをフォローする

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

GMOコイン
ビットコイン・仮想通貨の取引所&販売所を紹介!くわしくはこちら

人気記事アクセスランキング

  1. 12月12日(火)16:27更新【超初級】 ビットコイン・仮想通貨入門(2)「電子マネー」と「仮想通貨」の違いとは?(上岡由布子[ザイFX!編集部])
  2. 11月10日(金)14:56更新ビットコイン・仮想通貨の取引所/販売所を比較。取引コストが安いのはどこ?(向井友代[ザイFX!副編集長])
  3. 05月17日(金)12:31更新約10カ月ぶりの90万円突破でビットコインが活況!?DMM Bitcoinで実施中の4大キャンペーンって?(山口学[ザイFX!スタッフライター])
  4. 01月28日(日)07:04更新コインチェック事件は全額返金で一転解決!?消えた580億円分の仮想通貨NEMどうなる?(高城泰[ミドルマン]&井口稔[ザイFX!編集長])
  5. 09月20日(木)21:38更新「またか!?」 Zaifで67億円相当の仮想通貨消失!フィスコ、50億円の金融支援で顧客損失補填へ!?(高城泰[ミドルマン])
  1. 11月10日(金)14:56更新ビットコイン・仮想通貨の取引所/販売所を比較。取引コストが安いのはどこ?(向井友代[ザイFX!副編集長])
  2. 12月24日(火)15:00更新ザイFX!で2019年を振り返ろう(3)仮想通貨業界に大手企業の参入相次ぐ(向井友代[ザイFX!副編集長])
  3. 07月24日(水)15:30更新ビットコイン急騰劇をズバリ予想! 億り人の意外な前歴と儲かる手法!?をマル秘公開!(高城泰[ミドルマン])
  4. 08月17日(金)17:03更新2018年の今、ホリエモンに聞いた「ビットコインなどの仮想通貨が日本で爆発的に普及しうるシナリオ」(井口稔[ザイFX!編集長]&杉原光徳[ミドルマン])
  5. 12月12日(火)16:27更新【超初級】 ビットコイン・仮想通貨入門(2)「電子マネー」と「仮想通貨」の違いとは?(上岡由布子[ザイFX!編集部])
  1. 11月10日(金)14:56更新ビットコイン・仮想通貨の取引所/販売所を比較。取引コストが安いのはどこ?(向井友代[ザイFX!副編集長])
  2. 06月28日(木)14:27更新約2億円の利益!? ヨーロピアン氏がBTCを200万円付近で決済できたのはなぜか?(高城泰[ミドルマン])
  3. 08月17日(金)17:03更新2018年の今、ホリエモンに聞いた「ビットコインなどの仮想通貨が日本で爆発的に普及しうるシナリオ」(井口稔[ザイFX!編集長]&杉原光徳[ミドルマン])
  4. 07月04日(水)14:30更新ヨーロピアン氏がビットコインを買う理由。早くて2019年に200万円超えへトライか?(高城泰[ミドルマン])
  5. 11月30日(木)19:23更新【仮想通貨激論!】広瀬隆雄vs大石哲之(0)大物2人がツイッター上でにわかに激突!(井口稔[ザイFX!編集長])
  1. 11月10日(金)14:56更新ビットコイン・仮想通貨の取引所/販売所を比較。取引コストが安いのはどこ?(向井友代[ザイFX!副編集長])
  2. 06月28日(木)14:27更新約2億円の利益!? ヨーロピアン氏がBTCを200万円付近で決済できたのはなぜか?(高城泰[ミドルマン])
  3. 07月04日(水)14:30更新ヨーロピアン氏がビットコインを買う理由。早くて2019年に200万円超えへトライか?(高城泰[ミドルマン])
  4. 08月17日(金)17:03更新2018年の今、ホリエモンに聞いた「ビットコインなどの仮想通貨が日本で爆発的に普及しうるシナリオ」(井口稔[ザイFX!編集長]&杉原光徳[ミドルマン])
  5. 11月17日(金)14:40更新「ビットコイン・仮想通貨のFX」ができる取引所を比較。上昇も下落も収益チャンスに(向井友代[ザイFX!副編集長])

さらに人気記事アクセスランキングを見る>>

ザイFX!トップに戻る ザイFX!×MT4トップに戻る
↑ページの先頭へ戻る