ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
バカラ村の「FX専業トレーダーの相場観」

“小動きの翌年の法則”を考えると2018年の
米ドル/円は16%変動! 101円まで下落か!?

2017年12月26日(火)14:23公開 (2017年12月26日(火)14:23更新)
バカラ村

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

■今年もあとわずか。値動き期待できないまま終了か

 先週(12月18日~)は、ドイツが2018年に30年国債を増発すると発表したことで、欧州各国の国債利回りが上昇し、米長期金利もそれに連れて上昇したため、米ドル/円は113.63円まで上昇しました。

米ドル/円 4時間足
米ドル/円 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 4時間足

【参考記事】
為替が緩やかに動き出した! 休暇明けの投資家が円売りに向かうと考える理由は?(12月21日、今井雅人)

 ユーロ/米ドルも1.1901ドルまで上昇しましたが、その後に、スペイン・カタルーニャ自治州の議会選挙で、独立賛成派の3党が合計で過半数を獲得したことから上げ渋りました。

ユーロ/米ドル 4時間足
ユーロ/米ドル 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/米ドル 4時間足

 本日、12月26日(火)はボクシング・デーとなり、昨日(25日)のクリスマスに引き続き、連休となっている国が多いため、値動きが期待できない日になります。

 残すところ、今年(2017年)は、本日(12月26日)を含めてあと4営業日となりますが、米税制改革法案も成立し、経済指標も重要なものが少なく、このまま今年は終わりそうです。

■米ドル安・円安で小動きになった2017年

今年(2017年)の米ドル/円は、非常に値幅が小さな1年でした。

 2017年の米ドル/円の始値は117.55円、高値は118.60円、安値は107.32円(※)。年間の値幅は11.28円ですが、変動率では9.6%となります。

(※編集部注:EBS(電子仲介システム)のデータを参考、以下同)

米ドル/円 週足
米ドル/円 週足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 週足

 過去20年間の変動率は平均で16%程度となるため、2017年の9.6%という変動率は、かなり小動きだったといえます。

※2017年のデータは12月26日(火)時点
※小数点第2位を四捨五入して算出
※EBS(電子仲介システム)のデータを基にザイFX!が作成

【参考記事】
ザイFX!で2017年を振り返ろう!(1) 為替相場よ、トランプ・ラリーは何処へ?

 振り返ってみると、今年(2017年)の米ドル/円は、108円付近から115円付近の往復を繰り返したのが、メインの動きとなりました。

米ドル/円 週足
米ドル/円 週足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 週足

 米ドルも円もどちららも弱い通貨だったため、その綱引きで動きが出なかった年といえます。

【参考記事】
2018年年初に注目すべき通貨ペアは…!? 米国株安と米金利上昇の綱引きもカギに?(12月25日、西原宏一&大橋ひろこ)

 ここで、来年(2018年)の米ドル/円の動きを考えてみると…


【注目情報】

バカラ村の2022年上半期トレード実績大公開! 動乱の為替相場でも810pipsを獲得した、低リスクで高効率のトレードテクニックとは?(2022年07月25日/FX情報局)

【ザイFX!編集部からのお知らせ】

バカラ村のFXトレード日報!

ロビンスカップ・ジャパンFX2017(Robbins World Trading Championship)優勝で高い実力を見せつけたカリスマ個人トレーダー・バカラ村氏。彼の相場予測&トレードが毎日配信される、有料メルマガ「バカラ村のFXトレード日報!(月額:5,060円(税込))」はザイFX!がお届けしている有料メルマガです。

「バカラ村のFXトレード日報!」では個人トレーダー目線で初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスや相場分析などを、メルマガでご覧いただけます。

「バカラ村のFXトレード日報!」は、登録後10日間は無料解約可能なので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る