ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
今井雅人の「どうする? どうなる? 日本経済、世界経済」

為替が緩やかに動き出した! 休暇明けの
投資家が円売りに向かうと考える理由は?

2017年12月21日(木)17:15公開 (2017年12月21日(木)17:15更新)
今井雅人

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で5000円もらえる

■欧米の長期金利上昇で為替相場が動き出した!

 先週(12月11日~)は、それまでの動きを引き継いで、クリスマス休暇に向けて、非常に動意の薄い展開が続いてきました。どの通貨ペアも、1日の変動幅が非常に狭くなり、投資家泣かせの状態でした。

 そんな中、今週(12月18日~)に入ってから、欧米の長期金利が上昇したことで、為替相場が反応して、緩やかに動き出すという展開となっています。

■きっかけはドイツ。ユーロ圏各国で利回り上昇

 きっかけは、ドイツ政府が今週(12月18日~)の初めに、来年(2018年)の国債発行額を、償還額が増えるために今年(2017年)より増やす計画を発表したことでした。

 具体的には、ドイツの30年債は160億ユーロ発行する予定で、今年(2017年)の約110億ユーロから、かなり増加します。他の年限(=償還期間)の国債に関しては、今年(2017年)から変化はありませんでした。

 この発表を受けて、ドイツの国債利回りは、30年債利回りを中心に上昇していきました。

ドイツ30年物国債利回り 日足
ドイツ30年物国債利回り 日足

(出所:Bloomberg)

それと合わせる形で、ユーロ圏各国の、すべての債券利回りが上昇しています。

ユーロ圏主要3カ国の長期金利(10年債利回り) 日足
ユーロ圏主要3カ国の長期金利(10年債利回り) 日足

※イタリアの利回りは左軸、ドイツ・フランスの利回りは右軸に表示
(出所:Bloomberg)

■余波は米国にも。米長期金利は2.5%へ

この影響は米国にも及んでいます。米国では、米税制改革法案の可決が確実になったことを受けても、米国債利回りの上昇は緩やかなものにとどまっていました。

 しかし、12月19日(火)のNY市場で、11月の米住宅着工件数が1年1カ月ぶりの高水準となったことに加えて、ドイツの長期金利が上昇し始めると、それにつられる形で米国の長期金利も上昇。翌20日(水)には、10年物国債利回りが、一時2.5%に達する展開となっています。

米長期金利(米10年債利回り) 日足
米長期金利(米10年債利回り) 日足

(出所:Bloomberg)

 こうした金利の動きに為替市場は素直に反応し…


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

ザイFX!でもおなじみの今井雅人さんからのレポートを受けて、ザイFX!が 配信する「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人(月額:5,500円(税込))」

ザイFX!プレミアム配信with今井雅人

 その日のニュースをコンパクトに解説し、今後の為替の値動きについての予測とともに、今井氏のポジションについても可能な限り配信する、実践型の有料メルマガです。

「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人」には10日間の無料体験期間がありますので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 jfx記事 トレーディングビュー記事
キャンペーンおすすめ10 jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る