ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
バカラ村の「FX専業トレーダーの相場観」

ユーロ/ドルはファンダメンタルズ的には売り
でもなぜ買いなのか? 1.20ドルへの上昇も

2018年06月26日(火)12:26公開 (2018年06月26日(火)12:26更新)
バカラ村

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で5000円もらえる

■ユーロ/米ドルは1.15ドルがサポート水準

 ユーロ/米ドルは、1.1500ドルのサポートで反発し、昨日(6月25日)は1.7001ドルまで上昇しました(※)。

(※編集部注:本記事の寄稿後、6月26日(火)の東京時間にユーロ/米ドルは一時、1.1720ドル付近まで上昇した)

ユーロ/米ドル 日足
ユーロ/米ドル 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/米ドル 日足

 FRB(米連邦準備制度理事会)は利上げサイクルに入っており、米国の景気見通しも良いことから、米ドル高になりやすい状況です。一方でECB(欧州中央銀行)は、来年(2019年)の夏を過ぎるまで利上げはなく、景気見通しも下方修正されていることから、ファンダメンタルズ的にはユーロ/米ドルは売り方向となります。

ただ、1.1500ドルではオプションの影響に加えて実需の買いもあり、中銀による買いの噂も出ているため、サポートされています。

 テクニカル的にも、1.1500ドルは長期のサポートゾーンとなり、ここを下回るか、サポートされるかで状況が変わる水準になります。

【参考記事】
下抜けるか、抜けないか。ユーロ/米ドルは強いサポート水準の1.15ドルの攻防を注視(6月19日、バカラ村)

ユーロ/米ドル 週足
ユーロ/米ドル 週足

(出所:Bloomberg)

 もし、1.15ドルを割れるようなことになると、テクニカル的には1.13ドル台への下げが予想されますが、1.15ドルがサポートされるのであれば、1.18ドルを目指す展開となります。

■買い材料が出れば1.20ドルも狙える!?

メルマガ「バカラ村のFXトレード日報!」で配信しましたが、6月14日(木)のECB理事会の発表を見て売ったユーロ/米ドルは、残っていたポジションを1.1550ドルですべて手仕舞い、今度は1.1530ドルで買いエントリーしています。

 ファンダメンタルズ的には売り材料が多いですが、テクニカル的には、まずは1.18ドルへの上昇もあるのではないかと考えています。

 もし、買い材料が出てくるようであれば、1.20ドルへの上昇も狙えるのではないでしょうか。

ユーロ/米ドル 日足
ユーロ/米ドル 日足

(出所:Bloomberg)

 今週(6月25日~)は半期末のため、特殊玉に振らされるとは思いますが、基本的に米ドル/円は戻り売り、ユーロ/米ドルは押し目買いで良いのではないかと考えています。


【注目情報】

バカラ村の2022年上半期トレード実績大公開! 動乱の為替相場でも810pipsを獲得した、低リスクで高効率のトレードテクニックとは?(2022年07月25日/FX情報局)

【ザイFX!編集部からのお知らせ】

バカラ村のFXトレード日報!

ロビンスカップ・ジャパンFX2017(Robbins World Trading Championship)優勝で高い実力を見せつけたカリスマ個人トレーダー・バカラ村氏。彼の相場予測&トレードが毎日配信される、有料メルマガ「バカラ村のFXトレード日報!(月額:5,060円(税込))」はザイFX!がお届けしている有料メルマガです。

「バカラ村のFXトレード日報!」では個人トレーダー目線で初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスや相場分析などを、メルマガでご覧いただけます。

「バカラ村のFXトレード日報!」は、登録後10日間は無料解約可能なので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る