ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
バカラ村の「FX専業トレーダーの相場観」

ユーロ/ドルはファンダメンタルズ的には売り
でもなぜ買いなのか? 1.20ドルへの上昇も

2018年06月26日(火)12:26公開 (2018年06月26日(火)12:26更新)
バカラ村

【副業FXで勝つためのメルマガ】田向宏行さんのFXメルマガは儲かるのか? ダウ理論の転換トレードで検証したらこうなった!

■貿易摩擦継続だが金融市場の反応は小さい

トランプ大統領による敵対的な通商政策が続いており、それに振らされる展開とはなっているものの、金融市場の反応は小さくなってきています。

 6月19日(火)に、トランプ大統領は中国からの輸入品に対して2000億ドルの追加関税を課すことを警告し、リスク回避の動きから、米ドル/円は109.55円まで下がりました。

米ドル/円 4時間足
米ドル/円 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 4時間足

 中国はすぐに、報復関税をかけることを示唆しています。

 貿易摩擦が活発化しており、そのため、リスクを取る動きが抑制され、株式市場は軟調な展開となっています。

NYダウ 日足
NYダウ 日足

(出所:Bloomberg)

■2000億ドル規模なら中国は報復関税が不可能に…

 これまでの中国の報復関税は、米国と同額の関税を課すという行動でした。しかし、今回は2000億ドルと巨額になります。

 昨年(2017年)の米国の中国への輸出額は約1300億ドルのため、これまでのような同額の報復関税は不可能となります。

【参考記事】
米中貿易戦争激化でも中国株以外はなぜ安定?中国が早晩、妥協するとみる理由は?(6月22日、陳満咲杜)

 もし、トランプ大統領が2000億ドルの関税を決定するようであれば、中国はそれへの対抗措置では、別の方法を採るしかなくなります。

米中による報復関税の応酬が続いているが、仮に米国が2000億ドル規模の追加関税を発動したら、中国は別の措置を模索しなければいけなくなる。写真は2017年11月の米中首脳会談時のもの。 (C)Bloomberg/Getty Images

■今後は日本も貿易摩擦の当事者に!?

 トランプ大統領は、EU(欧州連合)から輸入する自動車に対しても、20%の関税をかけることを示唆しました。

 中国だけでなく、EUとも貿易摩擦が続いており、今後は日本もその当事者となりそうです。

 来月(7月)には日米通商交渉が始まるため、米ドル/円は上昇しにくい展開となりそうです。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 日足

 さらに、中国による知的財産権の侵害を防ぐため、中国企業の対米投資制限を計画しているとの報道もありました。

■米ドル/円は戻り売りを継続

 今週(6月25日~)は半期末の週になるため、特殊玉が出てくる可能性も高く、それに振らされる展開となりますが、来週(7月2日~)末の7月6日(金)には、米国が中国へ500億ドル規模の追加関税を発動することから、株式市場も上昇しにくく、米ドル/円も上昇しにくい展開が続くと予想されます。

【参考記事】
ドイツ政情混乱! 今週は月末、四半期末、半期末が重なり、「特殊玉」にも要注意!(6月25日、西原宏一&大橋ひろこ)

米ドル/円は、長期の下降トレンドラインが111円台後半にあります。また、2017年11月からの下降トレンドラインも110.80円あたりまで下がってきており、これが上値を抑えています。

米ドル/円 週足
米ドル/円 週足

(出所:Bloomberg)

 M&A絡みの買いもあって、下がりにくい展開が続いていますが、110円台後半から上値が重く、貿易摩擦もあって買い上げるような状況ではないため、戻り売り継続で考えています。

【参考記事】
貿易戦争を警戒してるのに米ドルはなぜ安定している? 米ドル/円は需給に注目!(6月22日、今井雅人)

■ユーロ/米ドルは1.15ドルがサポート水準

 ユーロ/米ドルは、1.1500ドルのサポートで反発し、昨日(6月25日)は1.7001ドルまで上昇しました(※)。

(※編集部注:本記事の寄稿後、6月26日(火)の東京時間にユーロ/米ドルは一時、1.1720ドル付近まで上昇した)

ユーロ/米ドル 日足
ユーロ/米ドル 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/米ドル 日足

 FRB(米連邦準備制度理事会)は利上げサイクルに入っており、米国の景気見通しも良いことから、米ドル高になりやすい状況です。一方でECB(欧州中央銀行)は、来年(2019年)の夏を過ぎるまで利上げはなく、景気見通しも下方修正されていることから、ファンダメンタルズ的にはユーロ/米ドルは売り方向となります。

ただ、1.1500ドルではオプションの影響に加えて実需の買いもあり、中銀による買いの噂も出ているため、サポートされています。

 テクニカル的にも、1.1500ドルは長期のサポートゾーンとなり、ここを下回るか、サポートされるかで状況が変わる水準になります。

【参考記事】
下抜けるか、抜けないか。ユーロ/米ドルは強いサポート水準の1.15ドルの攻防を注視(6月19日、バカラ村)

ユーロ/米ドル 週足
ユーロ/米ドル 週足

(出所:Bloomberg)

 もし、1.15ドルを割れるようなことになると、テクニカル的には1.13ドル台への下げが予想されますが、1.15ドルがサポートされるのであれば、1.18ドルを目指す展開となります。

■買い材料が出れば1.20ドルも狙える!?

メルマガ「バカラ村のFXトレード日報!」で配信しましたが、6月14日(木)のECB理事会の発表を見て売ったユーロ/米ドルは、残っていたポジションを1.1550ドルですべて手仕舞い、今度は1.1530ドルで買いエントリーしています。

 ファンダメンタルズ的には売り材料が多いですが、テクニカル的には、まずは1.18ドルへの上昇もあるのではないかと考えています。

 もし、買い材料が出てくるようであれば、1.20ドルへの上昇も狙えるのではないでしょうか。

ユーロ/米ドル 日足
ユーロ/米ドル 日足

(出所:Bloomberg)

 今週(6月25日~)は半期末のため、特殊玉に振らされるとは思いますが、基本的に米ドル/円は戻り売り、ユーロ/米ドルは押し目買いで良いのではないかと考えています。

GMOクリック証券[FXネオ]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
CFD口座おすすめ比較 トルコリラスワップポイントランキング 経済指標速報記事
CFD口座おすすめ比較 トルコリラスワップポイントランキング 経済指標速報記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る