ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

クロス円の上昇は株価とともに失速へ、
アルゼンチン再び大幅な緊急利上げ

2018年08月31日(金)16:24公開 (2018年08月31日(金)16:24更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 昨日はアジア時間でリスクテーク感が高まった。日経平均が節目の23000円台に乗せてスタートしたからだ。これはいうまでもなく前日までの米国株の最高値トライアルと関係している。マーケット全体に余力が増してきているのだ。

 ドル円も111円台の後半でスタートし、まったく下がらない。まあ112円台に乗せたらカットしようかという考えで、気軽にドル円を売ってみることにした。いちおうグローベックスの中での米国株は、前日の最高値から離れてきており、利食い売りモードに入っているようにも見えたからだ。

 もしも最高値を更新するならば、米国市場がオープンする前にムシャムシャとフロントランニング的に買いあさるだろう。それが見られないのだ。積極的な理由ではないが、リスクオフの方向でポジションを持つことにした。

 ドル円を売ったつもりが、間違ってユーロ円を売ってしまった。大台を見ないのはいつものことだから仕方がないが、それにしても久しぶりに間違えた。リスク回避にかけているのだからユーロ円でもいいではないかと思い直して納得するしかない。すぐに操作間違いに気づいたことだけでも良しとしよう。

 ユーロ円は130.34で売ったのだが、本当を言えば、ユーロ円はあまりショートするのに気が向かなかった。前日までの上げが鮮明に記憶に残っていて、130円台までよくぞ戻してきたなあ、というリスクオンの力の方に驚いていたからだ。でも持ってしまったものは仕方がない。きっちりと130.50で買い戻しのストップロスだけ置いておく。

 しかし自分が考え込んで作ったポジションでないだけに、結果的には非常にうまくいった。ドル円も下がったのだから、結局のところ、どちらでも良かったのだが、間違ったポジションだったので気が気ではなかったのだ。ドル円やユーロ円が下がったのには、とくに大きな材料はない。経済指標でも動かなかった。

 BREXITの問題で上がっていたポンドも、おとなしい。EUの対米関税で自動車分をゼロにするという話が出ていたが、これは前から出ている話だ。トランプ大統領が「対中の関税発動が来週にも」と発言したのはニューヨーク時間の終盤であるし、そのときには私のユーロ円ショートはもうなくなっていた。まあ理由を深く考えても、どうしようもないことだ。米国株がやや調整の色合いを含んだ動きをしたからと言っておくしかないようだ。

 昨日はアルゼンチンが金利を45%から60%に緊急利上げした。これは新興国の不安をあおることにつながりそうだ。トルコももちろんそうだし、イランもそうだ。そうした危険の回避先が再び日本円に向かって、円高の流れとなるのかどうか。今日も円買いをベースに臨もうと考えている。


日本時間 16時00分

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で5000円!

セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]

マーケット情報充実!今ならザイFX!限定5000円がもらえるキャンペーン中!

link

人気の1000通貨自動売買『iサイクル注文』

外為オンライン

特別に3000円と書籍『月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門改訂版』プレゼント!

ザイFX!最新&おすすめ記事

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る