ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
今井雅人の「どうする? どうなる? 日本経済、世界経済」

ムニューシンの刺激的な発言にも反応薄!?
米ドル/円よりユーロ/米ドルに安心感あり

2018年10月18日(木)17:55公開 (2018年10月18日(木)17:55更新)
今井雅人

FXのことをなんでも相談できるオンライン交流会がスタート! 田向宏行さんがチャートを交えて直接答えてくれた!

■米ドル/円の111円台は新規買い方針で

 これは、何を示唆していると考えればいいのでしょうか?

 恐らく、こうした材料に影響を受けない潜在的な円売り需要、たとえば、M&A絡みの円売りのようなものが、あるということではないでしょうか。

 実際、米ドル/円は、一目均衡表の雲の上限近辺である111円台半ばには、日本人からの円売り注文が集中しているようです。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(出所:Bloomberg)

 こうした実需の米ドル買い・円売り需要が、急激な円高を抑制する働きをすると考えています。

【参考記事】
金利環境を見れば当面、米国が一人勝ち!? 本邦M&A活況で米ドル高・円安相場に!(6月15日、今井雅人)
中国はトランプ大統領に徹底抗戦の構え! 市場が注目する、その他2つのポイントとは?(7月5日、今井雅人)

米ドル/円の111円台は、新規の買いをする方針で考えています。

■米ドル/円よりもユーロ/米ドルに妙味あり!?

 また、米国の長期金利の上昇は、株価にはマイナスの影響が出る一方で、米ドルに対しては米ドル買い要因になります。

 そう考えると、基本は米ドル買い方針ですが、米ドル/円よりもユーロ/米ドルの方が、安心感があります。

 ユーロ/米ドルの戻り売り(米ドル買い・ユーロ売り)も、有効な戦略ではないかと考えています。

1.15ドル台後半から1.16ドル辺りが、当面の天井になってくるのではないでしょうか。

ユーロ/米ドル 日足
ユーロ/米ドル 日足

(出所:Bloomberg)

■米為替報告書は中長期的な懸念材料に

 最後に、米財務省は10月17日(水)に公表した、半年に一度の為替報告書で、中国や日本の為替操作国認定を見送りました。

 これでとりあえず、市場への影響は当面、出ないということになりました。

 ただし、中国、日本、韓国、インド、スイスの監視対象国指定は維持。中国に対しては、「特に懸念されるのは為替の透明性が欠けていることと、最近の人民元安である」と、警戒を強めています。

 日本に関しては、大幅な対日貿易赤字が続いていることを、引き続き、懸念しているとしました。

中長期的には、懸念材料として残っていることは、頭に入れておきたいと思います。

【参考記事】
世界的に株価脆弱で、ドル/円は戻り売り! 米国は中国を為替操作国に認定するのか!?(10月15日、西原宏一&大橋ひろこ)


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

ザイFX!でもおなじみの今井雅人さんからのレポートを受けて、ザイFX!が 配信する「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人(月額:5,500円(税込))」

ザイFX!プレミアム配信with今井雅人

 その日のニュースをコンパクトに解説し、今後の為替の値動きについての予測とともに、今井氏のポジションについても可能な限り配信する、実践型の有料メルマガです。

「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人」には10日間の無料体験期間がありますので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
田向宏行 キャンペーンおすすめ10 jfx記事
田向宏行 キャンペーンおすすめ10 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る