ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

英議会の長期閉会でポンド下落、
クロス円の動向ウォッチ!

2019年08月29日(木)15:23公開 (2019年08月29日(木)15:23更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 昨日は東京時間ではドル円はほとんど動かず。日経先物も50円ほどの値幅しかなかった。ただ106円台は重そうに見えたので、私は105.88でショートにして踏ん張っていた。前日に問題になった米ドル金利の逆イールドの解消はまだ時間がかかると思えたからである。

 欧州時間になってようやく政治的な動きが見られた。イタリアは前日に報道されていた通りに、再びコンテ首相を中心とした組閣が図られるようだ。これでイタリア債のドイツとのスプレッドが縮小して、イタリアの長期金利は一気に低下した。

 また一方、イギリスでは5週間の議会閉会が求められていたのだが、それが認可されそうだということで、いよいよ合意なき離脱の可能性が高まった。これでポンドは急落。ポンドドルは150ポイントほどの急落を演じた。

 前日に1.23台までメクリ上がっていただけあって、その際に積み上がった短期筋によるポンドロングも一斉に切らされた格好だ。ポンドは大騒動の予感が出てきたというのに、ユーロドルもドル円もほとんど反応薄だった。

 ニューヨーク時間では材料は乏しく、かえって何も悪いものが出てこないということが好感されて米国株は上昇するという形となった。あまりにも株価が高いので、私もドル円のショートを持っているのをあきらめて、ほとんど同値で買い戻すことになった。ドル円はその後も堅調に推移し、106円台に乗せてきてニューヨーククローズを迎えることとなった。

 今日も経済指標の存在感は薄い。やはり米中関係の成り行きに関する発言に関心が集まることになるだろう。すでに9月から追加関税第4弾は、10%から15%に増やして実施することが米政府から正式発表されている。

それも反映してか、今日はアジア時間でリスク回避の動きが強まっている。ドル円は再び105円台に突入してきている。昨日の動きでポンド円やユーロ円などの売り圧力が高まってもいる。今晩もドル円を売り目で見ているのだが。

日本時間 15時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る