ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

英総選挙に注目! 保守党の単独過半数は?
英ポンドは1.35ドル、1.40ドルへ続伸なるか

2019年12月12日(木)15:16公開 (2019年12月12日(木)15:16更新)
西原宏一

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で4000円もらえる

■英総選挙、YouGovの調査結果は保守党優勢だが…

 みなさん、こんにちは。

 11月27日(水)の調査会社YouGovのMRP方式(YouGovのMRPについては、11月28日のコラムを参照)による分析結果が、保守党359議席と大幅に優勢だったため、マーケットはそれを織り込む形に。英ポンド/米ドルは、節目の1.3000ドルをブレイクして続伸しました。

【参考記事】
米ドル/円は8円程度の狭いレンジで越年へ。保守党、過半数獲得の見通しでポンド上昇(11月28日、西原宏一)

 そしてマーケットでは、12月11日(水)の日本時間7時に、YouGovのMRP方式の最新分析結果が発表されるとの報道で、英ポンド/米ドルはさらに買い進められ、一時1.3215ドルまで急騰しました。

 しかし、12月11日(水)早朝のYouGovの発表では、保守党の議席が339と前回よりも20議席少ない結果に。

YouGovの分析結果

 確かに、これは実質的な過半数である320議席を19議席上回っていることになります。

 しかし、マジョリティー(※)は大幅に減って28議席に。

(※マジョリティーとは、与野党の議席の差(保守党-残りの議席)のことで、今回の結果では(保守党の議席=339)-(残りの議席=311)=28議席となります。ただ英議会のマジョリティーには、もうひとつワーキングマジョリティーという考え方があります。これは、当選しても当院しないシン・フェイン党の議員、慣例により投票しない議長、副議長などを除いた議席のことで、実質的な投票数は640を下回るので、通常、320議席あれば、ワーキングマジョリティーを確保できるといいます。)

 前回の、YouGovのMRP方式による分析結果でのマジョリティーは68議席でしたので、大幅に減ったことになります。

 YouGovのMRP方式による最新の分析結果が正しければ、選挙情勢が最終盤で厳しさを増したことを意味し、労働党の追い上げが続けば、保守党が過半数に届かない可能性も否定できない情勢に。

 これは、12月11日(水)日本時間早朝のYouGovの調査結果が発表されるまではマーケットのメインシナリオではなかったので、マーケットの不透明感が高まったことは確かです。

 ただ、英国の世論調査の結果は、あまり当てにならないことが多いため、英総選挙に向けても、あまりシナリオを固定せずに望みたいところ。

 本稿執筆時点(12月11日)では…


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る