ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

12月は2020年を先取りする米ドル安進行!?
英総選挙に向けて英ポンドは1.33ドル台へ

2019年12月05日(木)15:17公開 (2019年12月05日(木)15:17更新)
西原宏一

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

■2020年を先取り!? 主要通貨に対してドル全面安

 みなさん、こんにちは。

 サンクスギビングデー(感謝祭)が終わり、欧米勢にとっては、実質的に新年入りともいえる時期に突入。

 来年(2020年)は、総じて米ドル安を予測している米国の大手銀行が目立ちます

11月21日(木)のコラムでも触れましたが、たとえばモルガン・スタンレーは、英ポンド/米ドル、NZドル/米ドル、ユーロ/米ドルの上昇を予測。つまり、主要通貨に対し、すべて米ドル安を予測しています。

【参考記事】
トランプ大統領が吠えて徐々に米ドル安へ… 2020年は総じて米ドル安との見方も!(11月21日、西原宏一)

 その予測のとおり、今月(12月)、実質的に新年入りしている欧米市場では米ドル安が進行。英ポンド/米ドル、NZドル/米ドルで米ドル安が進みました。

英ポンド/米ドル 日足
英ポンド/米ドル 日足チャート

(出所:TradingView

NZドル/米ドル 日足
NZドル/米ドル 日足チャート

(出所:TradingView

 以下は、12月に入ってから本稿執筆時点までの、対米ドルでの主要通貨の騰落率。主要通貨に対して、米ドルは全面安になっています。

対米ドル主要通貨の騰落率

(出所:Bloombergのデータを基にザイFX!編集部が作成)

米ドルの下落率が一番大きいのはNZドル、次が英ポンドとなっています。

 こちらは、過去のコラムでご紹介した通貨ペアであり、どちらも12月に入って急騰しています。

【参考記事】
12月の英総選挙は事実上の再国民投票!? 合意ある離脱なら英ポンドは1.40ドル台へ(10月31日、西原宏一)
米ドル/円は2段構えのバリアが上値阻む! 狭いレンジで推移後、108.50円割れか?(11月14日、西原宏一)

■12月に入って米ドル安が進んでいる理由とは?

米ドルは、対円でも下落しています。

 米ドル/円の109.50円のバリア・オプションはブレイクされましたが、次の110.00円のバリア・オプションは崩せず、米ドル/円は108円台ミドルまで反落

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足チャート

(出所:TradingView

 値幅は最小なれど、今月(12月)に入り、対円でも米ドルは値を下げています。

 この米ドル安の要因のひとつは、トランプ大統領のツイート

 今月(12月)2日(月)に、トランプ大統領は、ブラジルとアルゼンチンからの鉄鋼輸入に関税を復活させると発表しました。

 「ブラジルとアルゼンチンは、自国通貨の大幅な切り下げを行ってきた。これは米国の農民にとって不利だ」とツイート。

 加えて、「FRB(米連邦準備制度理事会)は金利を引き下げ、金融政策を緩和し、各国が自国通貨切り下げによって米ドルの強さを利用することができないようにするべきだ」とコメントしています。

 トランプ大統領のツイートの効果もあったのか、今月(12月)の為替相場は総じて米ドル安へ。英ポンド/米ドルは1.31ドル台、NZドル/米ドルは0.65ドル台と大きく値を上げていて、米ドル安が進んでいます。

前回のコラムで…


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る