ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
志摩力男の「マーケットの常識を疑え!」

現実とマーケットの違いに猛烈な違和感。
米マイナス金利導入なら米ドル大暴落も…

2020年05月13日(水)17:50公開 (2020年05月13日(水)17:50更新)
志摩力男

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

■現実とマーケットの違いに猛烈な違和感

 英エコノミスト誌、最新号(2020年5月9日)の表紙は象徴的です。

 “A dangerous gap”と題し、金融市場と実体経済との間にある大きな「ギャップ」を表現していました。

 その後、巻頭コラム“The Market v the real economy”(「株式市場」対「実体経済」)に移るのですが、1929年世界大恐慌以来と言われる現実の経済に対し、株式市場は力強く戻しており、たしかにこの現実とマーケットの違いには、著しい違和感があります。

NYダウ 日足
NYダウ 日足チャート

(出所:TradingView

 先日の米雇用統計発表時もそうでした。

 失業者数2050万人、失業率14.7%という恐ろしいほどの数字が発表されましたが、「予想(失業者数2200万人、失業率16%)より良かった」とのことで、米国株はもう一段上昇し、米ドル/円やクロス円も買い戻されました。

【参考記事】
衝撃の米雇用統計でバイ・ザ・ファクト! 米マイナス金利は年内!? ドル/円は戻り売り(5月11日、西原宏一&大橋ひろこ)

NYダウ 1時間足
NYダウ 1時間足チャート

(出所:TradingView

世界の通貨VS円 4時間足
世界の通貨VS円 4時間足チャート

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:世界の通貨VS円 4時間足

 日々市場に接する身からすると、「まあ、こんなもんかな」程度の動きです。

 しかし、世界中で新型コロナウイルスというとんでもない敵と戦っている医療関係者のご苦労、日々の資金繰りと戦う事業者の方々、働き場を奪われている多くの人々のことを考えると、猛烈な違和感を感じざるを得ません。

■一部では「コロナバブル」という言葉も

 今、富裕な人たちはNYを一時的に離れているようです。

 感染者の多いNYを離れることは、個人としては合理的行動でしょうが、安全な場所から株の売買だけしている富裕層と、現場で戦う普通の人々という構図は、社会のギャップを感じさせます。

 市場を支えているのは、猛烈な金融緩和措置を次々と実行しているFRB(米連邦準備制度理事会)、トランプ大統領による経済対策です。

 米国では1人あたり1200ドルもの支援金が支給されましたが、使う必要のない人もいます。

そうした資金が米株式市場に流入、特にGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)と呼ばれるIT株に流れて行っています。

 仕事ができないからこそ、未来に投資するしかないという理屈ですが、一部では「コロナバブル」という言葉も出てきています。

 傍から見ると、FRBは十分金融緩和したように…


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 志摩力男のYoutubeチャンネル「志摩力男のグローバルFXトレード!チャンネル」で最新動画「月刊!志摩力男」の10月号「為替介入を狙うヘッジファンド!米ドル/円の買い場に!英ポンドにまだ下落余地があるのか?」を公開(2022年9月27日)しました!ぜひ、ご覧ください。

(出所:志摩力男Youtubeチャンネル「為替介入を狙うヘッジファンド!米ドル/円の買い場に!英ポンドにまだ下落余地があるのか? 【月刊!志摩力男10月号】」より)

 有料メルマガ「志摩力男のグローバルFXトレード!(月額:4,950円[税込み])」の会員限定動画やウェブセミナーなども企画していく予定なので、「志摩力男のグローバルFXトレード!」の登録をよろしくお願いします。

※YouTube「志摩力男のグローバルFXトレード!チャンネル」のチャンネル登録よろしくお願いします!

外資系金融機関でトップトレーダーとして活躍した伝説の男が、ザイ投資戦略メルマガについに登場!「志摩力男のグローバルFXトレード!(月額:4,950円[税込み])」
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事 キャンペーンおすすめ10
トレーディングビュー記事 jfx記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る