ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

米大統領選前の追加経済対策とりまとめは
難しいか。為替市場は、神経質な展開続く

2020年10月15日(木)11:35公開 (2020年10月15日(木)11:35更新)
西原宏一

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で5000円もらえる

■マーケットで話題の「欧州グリーンボンド革命」とは?

 このところ米大統領選挙の話題が多くなっているので、今回は視点を変えて「欧州グリーンボンド革命」について、取り上げてみます。

 米大統領選を目前に控え、今月(10月)はユーロ/米ドルも狭いレンジでの乱高下に終始していますが、マーケットではポストコロナでのユーロの動向を探るカギとして、「欧州グリーンボンド革命」が話題になっています。

欧州グリーンボンド革命、ユーロ高要因にも-環境意識する資金が流入

欧州はグリーンボンド発行で世界的リーダーになろうとしている。これはユーロ高の一因となる可能性があると、スタンダード銀行が指摘した。

欧州連合(EU)は新型コロナウイルス禍からの復興基金の一部として2250億ユーロ(約28兆円)のグリーンボンド発行を計画している。グリーンボンドは環境問題を解決するための資金を調達する債券。環境に優しい資産への投資家需要が急増している中で、これがユーロへの資金流入を促す可能性があると同行は分析した。

出所:Bloomberg

 為替市場の規模から考えれば、欧州グリーンボンド発行は、ユーロ高要因とはならないという意見もありますが、政治的要請もあることから欧州の銀行はこうしたグリーンボンドの購入を考えているでしょうし、欧州発でグリーンボンド革命が始まる可能性もあるでしょう。

■金融市場は米大統領選挙と連邦議会選挙の結果待ち

 本稿執筆時点での為替市場は、今年(2020年)最大のイベントである米大統領選挙を控えて、明確な方向性を出せずにいます。

前回のコラムでご紹介させていただいたように、トランプ大統領の再選はもとより、トリプルブルーの場合でも米国株買いという考え方が浸透してきており、11月3日(火)の米大統領選挙と連邦議会選挙の結果を待たないと、金融市場では明確な方向性を出すのが難しい展開です。

【参考記事】
米大統領選、トリプルブルーなら増税を掲げるバイデン氏勝利でも株高・円安に!(10月8日、西原宏一)

11月3日(火)の米大統領選挙と連邦議会選挙の結果を待たないと、金融市場では明確な方向性を出すのが難しい展開となっている。写真は9月末に行われたトランプ大統領とバイデン氏による討論会のもの (C)Bloomberg/Getty Images News

11月3日(火)の米大統領選挙と連邦議会選挙の結果を待たないと、金融市場では明確な方向性を出すのが難しい展開となっている。写真は9月末に行われたトランプ大統領とバイデン氏による討論会のもの (C)Bloomberg/Getty Images News

 ただ、米大統領選挙以外にも、マーケットでは前述のような欧州グリーンボンド革命のようなものが話題になっており、ポストコロナでのユーロ/米ドルの方向性を探る要因のひとつとなっています。

ユーロ/米ドル 日足
ユーロ/米ドル 日足

(出所:TradingView

 11月3日(火)の米大統領選挙と連邦議会選挙の行方のみならず、欧州グリーンボンド革命によるユーロ/米ドルの行方にも注目です。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 jfx記事
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る