ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
志摩力男の「マーケットの常識を疑え!」

ワクチン争奪戦後、市場は欧州経済復活を
織り込むか。ユーロは1.20ドル台回復も

2021年04月07日(水)17:52公開 (2021年04月07日(水)17:52更新)
志摩力男

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で5000円もらえる

■外貨準備に占める円のシェアがさらに高まる

前回のコラムで、この数年、各国中央銀行が円の外貨準備を増やしていると書きましたが、IMF(国際通貨基金)は2020年第4四半期の数字を発表しました。それによると、円の外貨準備はさらに増加し、6.03%になりました。

【参考記事】
米ドル/円は、さらに上昇するか? 各国の外貨準備でこれ以上円買いが出ないなら…(3月31日、志摩力男)

世界全体の外貨準備のシェア
(2015年~2020年Q4まで)

(出所:IMF

米ドルが、引き続きシェアを低下させています。米ドル安の影響もあったとは思いますが、基本的にはトランプ政策の影響でしょう。2020年第4四半期の米ドル/円相場は、ほぼ103~106円レンジだったことを考えると、かなり円高レベルで、円が外貨準備として買われたということになります。

米ドル/円 週足
米ドル/円 週足

(出所:IG証券

★志摩力男さんの有料メルマガ「志摩力男のグローバルFXトレード!」では、世界情勢の解説に定評がある志摩氏が、その分析に基づいたポジションや、実践的な売買アドバイスをメルマガで配信! 10日間の無料体験期間もあります!

志摩力男のグローバルFXトレード!

■接種が順調なら、ワクチン相場の逆回転もあり得るか

 このところの相場は、ワクチン接種が進む米国の米ドル、英国の英ポンドが買われ、ワクチン接種の遅れているユーロ、そして円が売られるという相場が続いています。

 ワクチン接種の効果は絶大であり、ピーク時で7万人近かった英国の1日あたりの感染者数は、4月6日(火)時点では2379人であり、そのうち日本より少なくなるかもしれません。米国も、多くの州で経済活動が自由になってきています。

 対して、変異型ウイルスに悩まされるフランスは、またロックダウン(都市封鎖)に入っていますし、日本も緊急事態宣言こそ解除になりましたが、心理的に萎縮した状況が続き、経済指標は、なかなか上向きません。

 しかし、今はワクチン争奪戦になっていますが、遅かれ早かれ、ワクチンは多くの国に行き渡ります。米英同様に欧州も、そして日本も正常化に向かうことになります。時間の問題です。

【参考記事】
新年度入りに向け、米ドル/円は大幅上昇の可能性! 米長期金利は2%超えもあるか(3月10日、志摩力男)

 そうであるならば、このワクチン相場の逆回転もあり得るということになります。

 ワクチン相場をもっとも象徴していたのが、ユーロ/英ポンド相場だと思います。英ポンドが買われ、ユーロが売られてきました

ユーロ/英ポンド 日足
ユーロ/英ポンド 日足

(出所:IG証券

 もちろん、ブレクジット(英国のEU離脱)で売られていた英ポンドが再評価を受けたという背景はありますが、欧州の復活が2~3カ月先に見えているとすれば、相場はそれを織り込み始めるでしょう。

★志摩力男さんの有料メルマガ「志摩力男のグローバルFXトレード!」では、世界情勢の解説に定評がある志摩氏が、その分析に基づいた実践的な売買アドバイスをメルマガで配信! 10日間の無料体験期間もあります!

志摩力男のグローバルFXトレード!

■復活する欧州経済を織り込めば、ユーロは1.20ドル台も

 欧州経済は、ロックダウン等が続いているので、サービス業は低迷しています。しかし、製造業は強い。特に、ドイツの3月製造業PMIは66.6と、見たこともない高い数字です。

ドイツ製造業PMI
ドイツ製造業PMI

(出所:TRADINGECONOMICS

 同様に、ユーロ/米ドルも1.16ドルが重要でしたが、それは今のところサポートされています。ワクチン接種で復活する欧州経済をどこかで織り込み始めれば、1.20ドル台への回復もあり得るかもしれません

ユーロ/米ドル 日足
ユーロ/米ドル 日足

(出所:IG証券

 円に関しては、微妙です。ウォーレン・バフェット氏のバークシャー・ハサウェイが円建て債券を発行しますが、割安な日本株の物色に動くのでしょう。CVCキャピタルパートナーズの東芝への投資も、同様の背景があるのかなと思います。

 しかし、日銀が長期金利をゼロ近辺に抑え込むという姿勢を維持しているので、他通貨との金利差が狭まることはあっても、絶対的には開いたままになります。若干の揺り戻しはあるでしょうが、米ドル/円の反転は、まだまだ先のことかなと思います

米ドル/円 週足
米ドル/円 週足

(出所:IG証券


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 2022年10月25日(火)20時~志摩力男のYouTube「グローバルFXトレード!チャンネル」「第2回 ライブ配信!志摩力男」を開催しました。

 見逃した!という人は、志摩力男のYoutubeチャンネル「志摩力男のグローバルFXトレード!チャンネル」でアーカイブを配信しているので、ぜひ追っかけ視聴でご覧ください。政府・日銀の為替介入の行方、米ドル/円相場の動向などを丁寧に解説。視聴者の質問にもすべて回答していてトレードの参考になること間違いなしです!

 志摩力男のYoutubeチャンネル「グローバルFXトレード!チャンネル」では、有料メルマガ「志摩力男のグローバルFXトレード!(月額:4,950円[税込み])」の会員限定動画やウェブセミナーなども開催していきますので、チャンネル登録よろしくお願いします。

※YouTube「志摩力男のグローバルFXトレード!チャンネル」のチャンネル登録よろしくお願いします!

外資系金融機関でトップトレーダーとして活躍した伝説の男が、ザイ投資戦略メルマガについに登場!「志摩力男のグローバルFXトレード!(月額:4,950円[税込み])」
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 jfx記事
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る