ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ポール・サイ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

日本の初ベスト8がかかった今晩、
ドル円は88円割れトライへ!?

2010年06月29日(火)19:15公開 (2010年06月29日(火)19:15更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 昨日の欧州市場の序盤、いくぶんリスク回避が和らいでいたようにも見えた。金曜日に可決されたアメリカの金融規制法案はほとんど骨抜きだったことや、G20からも新たな金融業界にたいする規制案なども出て来なかったという、妙な安堵感もあったのだろう。

 しかしその後に予定されているイベントもほとんどないし、火曜日以降に出てくる重要な経済指標を待ちたいというムードのほうがマーケットには強かった。私はドル円が89円台を割れてくればショートで持つつもりでいた。

 ドル円の88円ちょうどまで待っての突っ込み売りでもよいのだが、金利市場の動きもかなり際どい状態になっているので、とにかくこのあたりでドル円ショートのポジションをつくりたかった。

 なにしろ5月初旬に米国の株価が急落した場面でドル円は88円ちょうどをつけにいってから、下落しても89円ちょうど付近では止められていた。89円台を割れてくれば、今度は88円割れをトライしにいくだろう。さらにこのポイントを下方向にクリアすれば、昨年末の安値84円台も視野に入ってくる。

 だが米国市場がオープンしたくらいにドル円は89円ちょうど付近まできたが、また止められた。あまり動くとは思えなかったが、念のために88.95にストップメークのドル円の売り注文を置いて、イフダンで89.50のロスカットレベルを設定して就寝した。朝みると何もできていなかった。

 昨日ユーロはまた1.22台ミドルにまで後退していた。欧州ではイタリア国債の入札が振るわなかったようだし、1日におこなわれるスペインの入札にも不安感が出てきていることもあるのだろう。7月中旬にはギリシャの短期債での資金調達も予定されているので、それまではユーロはまた売り方向での不安定な動きとなっていくのかもしれない。
 本日のお昼に私のドル円ショートのポジション(@88.95)がダンになった。アジア市場の午後は、一気にリスク回避の動きが進んだのだ。ドバイの航空会社が新型航空機の納入を延期するという話しのせいもあるようだし、中国株が大幅下落となったこともマーケットのムードをかなり悪くしていた。

 アジア時間に米国の10年債はついに注目されていた3%台を割れるという場面もあったのだが、今のところは急落するには至っていない。だが、欧州市場でもアジア市場の流れをそのまま引き継いでリスク回避の動きが続き、ユーロドルも1.21台まで下落している。

 今晩はアメリカの住宅の数字やセンチメント調査も出てくるので、ユーロ問題だけでなく、景気の失速感に目が向いていくことになるかもしれない。今晩のうちに87円台を見ることになるかどうかは、米国市場の動きにかかってきた。ちょうど日本対パラグアイの試合とも重なって、どうせ目も爛々(らんらん)としているはずだ(笑)。私はドル円の売り増しも考えて米国市場で私も勝負してみようと思っている。


日本時間 19時00分
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事 jfx記事
キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る