ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
FXトレーダー(FX投資家)の取引手法を公開!

美人すぎるFXニート発見!(1)
目指せ!? FX界のB・N・F!?

2010年03月01日(月)17:31公開 (2010年03月01日(月)17:31更新)
ザイFX!編集部

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 美人すぎる市議会議員、美人すぎる海女、美人すぎる獣医、美人すぎる首相、美人すぎる公認会計士などなど、ネット上ではいつの頃からか、「美人すぎる○○」をよく見かけるようになった。

 そこで、遅ればせながらザイFX!も「美人すぎるシリーズ」に参入! 当然、ザイFX!としてはFXに関係した美人すぎる人を取り上げたいと思い、四方八方を探し回って、ついに美人すぎる人を発掘してきました!

美人すぎるFXニート!? 金井京子さんがその人です!

■またたくまにアクセス最多の人気ブログへ!

 現在、金井さんはFXを中心とした投資情報サイト「Klugクルーク」でアルバイトをしている。そこで書いているブログが「金井京子のFXで優雅なニート生活」というもの。

 この「金井京子のFXで優雅なニート生活」がスタートしたのは昨年、2009年9月のこと。まだ、割と最近の話だ。

 にもかかわらず、「Klugクルーク」の全ブログの中で、金井さんのブログは一番のアクセスを集めているらしい(社外執筆者のブログは除く)

 FX会社の各種セミナー、レポートなどでみなさんご存じの山岡和雅さんは実はこの「Klugクルーク」の運営チームに所属しているのだが、その有名な山岡さんが書いているブログ「ダックビル為替研究所」より、アルバイトにすぎない金井さんのブログの方がアクセスが多いという話なのだ。

 これも美人すぎるから……ということなのか!?

 ちなみに金井さんはこの2月にオープンした「ザイFX!」「Klugクルーク」のコラボサイト「ザイクル!」でメインキャラクターにもなっている。

 「ザイクル!」という名称は「ザイFX!」の“ザイ”と「Klugクルーク」の“クル”を合体させたもの。2つ合わせて「ザイクル!」というわけだ。

 冒頭の写真で金井さんがモニターに向かって指差していたのはザイクルのロゴ。ロゴの中に金井さんが登場している。

 「ザイクル!」は今のところ、FX会社の比較コンテンツを中心としたサイトだが、今後は金井さんがたくさん活躍するコンテンツなども拡充していく予定だ。

 それにしても、金井さんのブログタイトル、「FXで優雅なニート生活」とはどういう意味なのだろう? まず、そのあたりから聞いてみた。

■目指せ!? FX界のB・N・F!?

 「ブログのタイトルは自分でつけたんですよ。あえて悪い感じにした方がなんか面白いじゃないですか。それでこういうタイトルをつけました。

ニートなんだけど、FXで楽して儲けて優雅な生活ができるみたいな、そんなイメージです」

 相場の世界でニートといえば……株のトレードで莫大な利益を上げ、総資産200億円以上と言われるジェイコム男ことB・N・F氏のことが記者には思い浮かぶ。

 神にもたとえられるB・N・F氏がテレビ番組に出演した際に漏らした言葉が「ただのニートだと思うんです」というものだったのだ。金井さんは「悪い感じ」と話していたが、B・N・F氏のことを考えると、相場の世界でニートというのも案外、悪い意味にはならないのかも!?

■ニートがまじめに働いていたら珍しい!?

 金井さんは現在、「Klugクルーク」のアルバイトとして日々ちゃんと働いている。仕事内容はアナリストの補佐だ。となると、それをニートとは言わないのでは?

 「確かに『働いてるからニートじゃないじゃん』とみんなから言われるんですが、アナリスト補佐がまじめに働いていても当たり前でしょ。逆にニートは働いていなくて当たり前。だけど、ニートがまじめに働いていたら珍しいじゃないですか

 だから、タイトルにニートって入れたんです。その方が面白いと思いません?」

 何だかわかったような、わからないような論理だが、確かに面白いことは間違いない!……かも。

■ニュース大好き! 家にもブルームバーグ端末がほしい

 さて、そんな金井さんの「Klugクルーク」アルバイトとしての1日はどんな感じ?

 「働いているのは朝7時から午後3時まで。ブルームバーグ端末(※)の前に座っていることが多いですね。

 ブルームバーグにはいろいろな情報が入ってくるので、重要なニュースをピックアップしてアナリストの人たちに伝えたり、ニュース原稿をちょっとまとめたり、メルマガ用に経済指標の結果を入力したり、といったことをしています。

 まあ、ニュースを見る時も、自分がどうやって儲けようかということをひたすら考えてますけどね。なんかいいネタないかな~と。

 仕事をしているというより、遊びみたいな感じです」

(※ブルームバーグ端末はブルームバーグ(Bloomberg)社が提供している情報端末。世界中の相場情報を見ることができる。利用料金はかなり高い)

 「もし、お金があったら、家にもブルームバーグ端末がほしいぐらい。1日中、ずっとニュースを見ていても飽きないんです」

 職場でやっていることが、仕事ではなく遊び……というと、やっぱりニートということなのか!?

 だけど、ブルームバーグ端末が家にもほしいとは、なかなかの相場マニアだし、1日中、経済ニュースや相場のニュースを見ていて飽きないというのだから、タダものではない。

■原油よりも天然ガスが好き

 では、そんな経済ニュース好きの金井さんから見て、今の世界の経済情勢で一番気になることは?

 「やっぱりアメリカですね。財政赤字がどんどん増えちゃって、今年度は1兆何千億ドルとかで過去最高らしくて。今後5年で4兆何千億ドルになるとかで、アメリカってやっぱりやばいんじゃないかと。

 その一方、ユーロはなんで、あんなに騒がれてるのかな~と思います。ちょっと騒ぎすぎの気もします。

 あとは天然ガスとトウモロコシの相場が気になりますね。しょっちゅう、ニュースをチェックしてます」

 なんで、天然ガスとトウモロコシ? エネルギー価格なら、天然ガスより原油の方がポピュラーですが…。

 「原油相場を見てて、それが為替にも影響を与えてるとか言っても普通でしょうし…。とにかく、変わったことが好きなんですよ。

 だから、原油より天然ガスです!

 原油と天然ガスの動きは似てるんですけど、たまに違うこともあるんですよ。

 それと、トウモロコシが気になるのは、バイオエタノールの原料だからです。

 あとは何十年ぶりの高値になってる砂糖も最近気になってます。ブラジルが干ばつで砂糖が取れなくて、砂糖の供給が減る一方、新興国で砂糖の需要がすごく高まっているそうで、高値をつけているんですよ」

『美人すぎるFXニート発見!(2)ユーロ売りで今年は200%のリターン!』へつづく)

(取材・文/ザイFX!編集部・井口稔  撮影/和田佳久)
【2022年9月最新版】

FX初心者におすすめのFX会社はココだ!

■少額から取引できる「最低取引単位が小さいFX会社」!

SBI FXトレード⇒詳細情報ページへ

最低取引単位 スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.09銭 0.30銭 0.19pips 34ペア
※取引量が1~1000通貨までのスプレッド。2022年7月1日(金)6時00分~2022年7月30日(土)5時30分までの配信実績
【SBI FXトレードの関連記事】
「SBI FXトレード」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレードの公式サイトはこちら!▼
SBI FXトレードの公式サイト

MATSUI FX(松井証券)⇒詳細情報ページへ

最低
取引単位
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.2~0.9銭 0.5~1.5銭 0.4pips原則固定 20ペア
【MATSUI FX(松井証券)の関連記事】
「MATSUI FX(松井証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼MATSUI FX(松井証券)の公式サイトはこちら!▼
MATSUI FX(松井証券)の公式サイト

パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)⇒詳細情報ページへ

最低
取引単位
スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
100通貨 0.0銭原則固定 0.0銭原則固定 0.1pips原則固定 18ペア
※スプレッドは取引量によって変化。2022年9月30日までのキャンペーンスプレッド
【パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の関連記事】
「パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の公式サイトはこちら!▼
パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)の公式サイト

■スプレッドが狭くて「取引コストが安い、おすすめのFX会社」!

 米ドル/円

SBI FXトレード⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.09銭 0.30銭 0.19pips 34ペア 1通貨
※取引量が1~1000通貨までのスプレッド。2022年7月1日(金)6時00分~2022年7月30日(土)5時30分までの配信実績
【SBI FXトレードの関連記事】
「SBI FXトレード」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレードの公式サイトはこちら!▼
SBI FXトレードの公式サイト

FXネオ(GMOクリック証券)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.5銭原則固定 0.4pips原則固定 20ペア 1万通貨
【FXネオ(GMOクリック証券)の関連記事】
「FXネオ(GMOクリック証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼FXネオ(GMOクリック証券)の公式サイトはこちら!▼
FXネオ(GMOクリック証券)の公式サイト

LINE FX(LINE証券)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.4銭原則固定 0.4pips原則固定 23ペア 1000通貨
※日本時間9時~翌27時までの時間帯に適用されるスプレッド。スプレッドはすべて例外あり。ユーロ/円・ユーロ/米ドルは、2022年10月1日までのキャンペーンスプレッド
【LINE FX(LINE証券)の関連記事】
「LINE FX(LINE証券)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼LINE FX(LINE証券)の公式サイトはこちら!▼
LINE FX(LINE証券)の公式サイト
 ユーロ/米ドル

LION FX(ヒロセ通商)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2~1.0銭 0.4~1.6銭 0.3pips 51ペア 1000通貨
【LION FX(ヒロセ通商)の関連記事】
「LION FX(ヒロセ通商)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼LION FX(ヒロセ通商)の公式サイトはこちら!▼
LION FX(ヒロセ通商)の公式サイト

MATRIX TRADER(JFX)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2~1.2銭 0.4~1.6銭 0.3pips 38ペア 1000通貨
【MATRIX TRADER(JFX)の関連記事】
「MATRIX TRADER(JFX)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼MATRIX TRADER(JFX)の公式サイトはこちら!▼
MATRIX TRADER(JFX)の公式サイト

外貨ネクストネオ(外為どっとコム)⇒詳細情報ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低
取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.4銭原則固定 0.3pips原則固定 30ペア 1000通貨
※日本時間9時~翌27時までの時間帯に適用されるスプレッド。スプレッドはすべて例外あり。ユーロ/円・ユーロ/米ドルは、2022年10月1日までのキャンペーンスプレッド
【外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の関連記事】
「外貨ネクストネオ(外為どっとコム)」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の公式サイトはこちら!▼
外貨ネクストネオ(外為どっとコム)の公式サイト

※本コンテンツの調査対象は法人口座ではなく、すべて個人口座となっています。
※サービス内容は当社が独自に調査したものです。正確な情報を提供するよう努めておりますが、詳細は各FX会社にお問い合わせください。

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る