ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
今井雅人の「どうする? どうなる? 日本経済、世界経済」

米ドル/円は、147.66円の1998年8月高値が
チャート上の上値目標に。資金管理に気を
つけながら、さらなる円安方向で勝負したい

2022年06月09日(木)12:15公開 (2022年06月09日(木)12:15更新)
今井雅人

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

米ドル/円の次の目標は2002年1月の高値135.15円。1998年8月の高値147.66円までは道のりが遠い

先週のコラムで、「米ドル/円は131円に向かう展開」とお話ししましたが、あっさりとそこも突き抜けてしまいました。

【参考記事】
米ドル/円は、131円台を再び目指す展開へ。円安になる環境に変化がない中、ファンダメンタルズとチャートの両方が底打ちを示唆(6月2日、今井雅人)

 こうなると、次の目標は2002年1月の高値135.15円ということになりますが、それも目前に迫ってきているので、近いうちに到達するでしょう。

 問題は、その先一体どこまでいくのかということですが、チャート的には言えば、1998年8月の高値147.66円ということになります。そこまでは、まだまだ道のりは長いですが。

米ドル/円 月足
米ドル/円 月足チャート

(出所:TradingView

★最強の為替サイト「ザイFX!」と、今井雅人氏がタッグを組んで為替情報を配信する「ザイFX!プレミアム配信 with 今井雅人」は、ニュースをコンパクトに解説し、今井氏のポジションについても可能な限り配信する、実践型のメルマガです! 10日間の無料体験期間もあります!

ザイFX!プレミアム配信 with 今井雅人

調整がある程度終わった時に、市場環境をもう一度良く見てみると、何も変わっていないことに気が付き、再び円安が進行する

 さて、この円安の原因については、すでに何度も説明してきています。

【参考記事】
米ドル/円の128円台後半は絶好の買い場、129円台前半から買い下がりたい。ただし、さらなる円安には新しい材料が必要か(5月12日、今井雅人)
日銀が毎営業日の指し値オペ実施を決定!米ドル/円は1米ドル=130円どころではない、135円や140円が視野に入った!(4月28日、今井雅人)
1米ドル=130円が、円買い介入の参考値になる可能性!? 円安基調に変化はないが、関係者の発言のトーンや行動を注視(4月21日、今井雅人)

 結局、その原因に変化がないために、円安が継続的に進行してしまう。それだけのことです。

 ただ、相場は時に先に折り込み過ぎて、行き過ぎるときがあるために、途中、調整局面が出てきます。今回で言えば、131円台から126円台に下落した局面でした。

 そして、その調整がある程度終わった時に、市場環境をもう一度良く見てみると、何も変わっていないことに気が付き、再び円安が進行する。こういう流れでした。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足チャート

(出所:TradingView

インフレを抑えるために、今の米国にとって、米ドル高は歓迎すべきものだということを忘れてはいけない

 こうした急激な円安が進行しているにも関わらず、金融当局の真剣度が伝わってきません

 日銀の黒田総裁は、「急激な円安は望ましくはない」とは言っていますが、「金融政策は為替相場とは関係ない」し、そもそも「円安は米国の金融引き締めが原因である」との見解。それから、「為替政策は財務省の所管で我々は関係ない」と、非常にそっけない態度を変えていません。

 また、鈴木財務大臣は、急激な円安に懸念を示しながらも、「日本経済に取って円安はプラスとマイナスの両面がある」と、これも煮え切らないコメントをしています。大臣は、「今後円安に関して米国と対応を協議する」と言っています。

 その相手となるのは、イエレン米財務長官です。しかし、イエレン財務長官は最近、「自分はインフレの見通しを間違えた。今は、FRB(米連邦準備制度理事会)と協力しながら、インフレを抑えなければいけない」と言っています。

インフレを抑えるためには、通貨は強い方がいい。つまり、今の米国にとって、米ドル高は歓迎すべきものだということを忘れてはいけません

その米ドル高の流れを阻止しようとする日本の要請に、米国が素直に応じるとはどうしても考えられません

イエレン米財務長官写真

イエレン財務長官は最近、「自分はインフレの見通しを間違えた。今は、FRBと協力しながら、インフレを抑えなければいけない」と言っている。インフレを抑えるためには、通貨は強い方がいい。つまり、今の米国にとって、米ドル高は歓迎すべきものだということを忘れてはならない (C) Bloomberg/Getty Images

★ザイFX!と、今井雅人氏がタッグを組んで為替情報を配信する「ザイFX!プレミアム配信 with 今井雅人」では、実践的な売買アドバイスをメルマガで配信! 10日間の無料体験期間もあります!

ザイFX!プレミアム配信 with 今井雅人

円安はまだまだ続くと考えるのが自然。資金を守ることにも留意しながら、さらなる円安で勝負

 また、需給関係で見ると、日本の年金などの機関投資家は、かなり米ドルを買い遅れているようです。

 あれよあれよという間にスルスルと上昇してしまったので、買うチャンスを失ってしまったということだと思います。

 こうしたことを総合的に考えると、円安はまだまだ続くと考える方が自然だということです。

 私の持論ですが、相場には簡単な相場と難しい相場があります。難しい相場は出来るだけ損をしないようにし、簡単な相場でどれだけ儲けられるかが、トレードの成功の鍵だと思っています。

 今年(2022年)は、いつか米ドル高・円安に向かい出すと思いながら、1月、2月は悶々としていましたが、3月に入り116円台後半を上に抜けてからは、数年に一度のチャンスと思い勝負してきました。

 利益が出てくるとポジションを積み増す、いわゆる、ピラミッディング戦法をやってきました。お陰で、3ヶ月余りで資金が10倍近くになりました。

 しかし、このやり方は、段々ポジションが大きくなっていきますので、逆に向かい始めた時に大損をしてしまうリスクがあります。

 かつて、痛い目にあったことも何度かあります。そこからの教訓ですが、上がってから買い増していった分に対しては、ストップオーダーを入れながら、資金を守るということも重要です。

 そういうことに留意をしながら、さらなる円安方向で勝負していくつもりです。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

ザイFX!でもおなじみの今井雅人さんからのレポートを受けて、ザイFX!が 配信する「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人(月額:5,500円(税込))」

ザイFX!プレミアム配信with今井雅人

 その日のニュースをコンパクトに解説し、今後の為替の値動きについての予測とともに、今井氏のポジションについても可能な限り配信する、実践型の有料メルマガです。

「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人」には10日間の無料体験期間がありますので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ jfx記事
トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る