ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
今井雅人の「どうする? どうなる? 日本経済、世界経済」

米ドル/円は、131円台を再び目指す展開へ。
円安になる環境に変化がない中、ファンダ
メンタルズとチャートの両方が底打ちを示唆

2022年06月02日(木)11:45公開 (2022年06月02日(木)11:45更新)
今井雅人

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

米ドル/円は126円台が底になり、131円台を目指すのでは

先週のコラムで、米ドル/円がそろそろ底に近づいてきているという見方をしていると申し上げました。

【参考記事】
米ドル/円は125円台~126円台が下値メド。今の相場は短期トレードか、十分に引きつけてからの押し目買い・戻り売りで(5月26日、今井雅人)

 結論から言うと、126円台が今回の調整局面での底になった可能性が極めて高いということだと思います。

 今後の展開について端的に申し上げれば、米ドル/円は再び上昇トレンドに戻り、直近の高値である131円台を目指すのではないかというのが現在の私の考えです。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足チャート

(出所:TradingView

★最強の為替サイト「ザイFX!」と、今井雅人氏がタッグを組んで為替情報を配信する「ザイFX!プレミアム配信 with 今井雅人」は、ニュースをコンパクトに解説し、今井氏のポジションについても可能な限り配信する、実践型のメルマガです! 10日間の無料体験期間もあります!

ザイFX!プレミアム配信 with 今井雅人

なぜ米ドル/円は底打ちをしたのか。ファンダメンタルズで言えば、米長期金利がまた上がり始めていることがある

 では、なぜドル円は底打ちをしたのか? それをファンダメンタルズの要因と、テクニカル分析の観点から考えてみたいと思います。

 まず、ファンダメンタルズで言えば、米長期金利(米10年債利回り)が下げ止まって、また上がり始めていることがあります。

米長期金利(米10年債利回り) 日足
米長期金利(米10年債利回り) 日足チャート

(出所:TradingView

 米長期金利が上昇したのには2つの要因がありました。1つは、EU諸国がロシア産の石油の輸入のうち90%を停止するという合意をしたことです。

 これにより原油価格が上昇したことで、世界的にインフレが長引くとの見方が広がったことです。

 もう1つは、FRB(米連邦準備制度理事会)関係者から、6月、7月それぞれに0.5%の利上げをした後、その次のFOMC(米連邦公開市場委員会)でも0.5%の利上げを実施する可能性についての示唆があったことです。

 これも、これまでの発言よりやや踏み込んだものとなっていたことから、米長期金利上昇の要因の1つとなりました。

 今後に関してですが、さすがに米長期金利が急上昇していくことはないとは思いますが、3.2%から2.7%に低下してきた局面からは転換したと考えて良いと思います。

チャート的には、一目均衡表の雲との乖離や、買われ過ぎが解消され、鍋底を形成して相場が跳ね上がった

 さて、次にチャートから考えてみます。

 米ドル/円は131円台からジリジリと下がる転換が続いていました。いわゆる調整局面です。それがどこで終わるかという点がポイントでした。

一目均衡表の雲との乖離がほぼ解消されてきているのを見て、私は調整の終盤に入っていると考えていました。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足チャート

(出所:TradingView

 それ以外のオシレーター系のチャート、例えば、MACDやRSI、ストキャスティックを見ても、ほぼ「買われ過ぎ」を解消し、「売られ過ぎ」ゾーンに入っていたものもありました。これら「買われ過ぎ」がかなり解消された可能性があることが1つの判断材料でした。

 そして、もう1つあります。一般的に言うと、何らかの相場において、下落の最終局面では、日足の下値が段々切り上がってきてラウンドしてくる

 日本のチャート用語で言えば、鍋底のような形を形成することがよくありますが、今回の米ドル/円もまさにそういう形のチャートになっていました。

 そして、鍋底の形が現れた後、ある日相場が上に跳ねる。これも基本パターンですが、今回もそうした形になっています。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足チャート

(出所:TradingView

★ザイFX!と、今井雅人氏がタッグを組んで為替情報を配信する「ザイFX!プレミアム配信 with 今井雅人」では、実践的な売買アドバイスをメルマガで配信! 10日間の無料体験期間もあります!

ザイFX!プレミアム配信 with 今井雅人

米ドル/円は再び131円台に上昇していくのでは。当局の円安への警戒感も緩んでいる

 その上で今後についてですが、冒頭に申し上げたとおり、米ドル/円は再び131円台に上昇していくのではないかと考えています。

 理由は非常に単純で、元々円安になる環境に変化がない中で、短期間に買われ過ぎたことの調整だっただけであり、市場の環境が変ったわけではないので、また上がり出すだろうということだけです。

 ここしばらく相場が膠着していたせいで、当局の円安への警戒感も緩んでいます。

こういう時を狙って、相場は上値を試していくのではないかと思います。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足チャート

(出所:TradingView


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

ザイFX!でもおなじみの今井雅人さんからのレポートを受けて、ザイFX!が 配信する「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人(月額:5,500円(税込))」

ザイFX!プレミアム配信with今井雅人

 その日のニュースをコンパクトに解説し、今後の為替の値動きについての予測とともに、今井氏のポジションについても可能な限り配信する、実践型の有料メルマガです。

「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人」には10日間の無料体験期間がありますので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 jfx記事 トレーディングビュー記事
キャンペーンおすすめ10 jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る