ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ブラックフライデー売上は好調でも為替相場は閑散、
中国各地の大規模デモでクロス円全面安でスタート

2022年11月28日(月)15:26公開 (2022年11月28日(月)15:26更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 先週の金曜日はアメリカはブラックフライデーに入り、マーケットは連休モードにもなっていたこともあり、閑散だった。グローベックスのほうも半日営業で、多くの人はワールドカップを見ている。

 ニューヨーク時間ではややドル買いが優勢となった。ドル円は139円台の後半まで攻め込んで、なかなか138円台に逆戻りすることはなかった。米国株のほうもマチマチで、前日の終値を挟んで一進一退。勝負は翌週に持ち越されたとみるべきであろう。

 今週の注目は雇用統計である。これによってFOMCでの利上げ観測が変わるとは考えられないが、それでも市場の期待をさそってしまうこともつながる。とくに平均時給の下振れには要注意である、

 インフレ沈静化どころか、景気の後退を意識しての利上げを見込んでくるかもしれない。予想とそれほども変わらなければ、それはそれで50ベーシスポイントの利上げが淡々と行われるだけだろう。

 そして雇用統計の前哨戦として、ADP雇用の数字も出てくるし、依然として1000万人台の求人数の予想のままのJOLTSも出てくる。また住宅関連の数字やCB指数、FRBが一番気にしているはずのPCEコアデフレータなどもあり、パウエル議長はじめFRB要人たちの発言予定もある。

 本日は要人発言の他には大したイベントはない。だがブラックフライデーの売上は予想より良かったと言うものの、在庫調整での値引きのせいではないかということもあり素直に株高とはなっていない。

 むしろ中国各地での大規模デモの状況を懸念してリスクオフに傾くなか、クロス円は全面安となっている。インフレと景気後退の綱引きのなか、単に利上げペースの鈍化だけを寿げない状況になりつつある。

 

日本時間 15時00分

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定5000円&オリジナルレポート

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引でもれなく限定5000円&オリジナルレポート!

link

ザイFX!限定で5000円!

トレイダーズ証券[みんなのFX]

最短当日取引可能!ザイFX!限定キャンペーン実施中のみんなのFX!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る