ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
志摩力男の「マーケットの常識を疑え!」

米ドル全面安へ。米国の引き締め政策に終わりが見え
てきた! 次の日銀会合は、どんな政策が示唆されても
大きく動く。政策変更なら米ドル/円は3~5円の下落か

2023年07月14日(金)11:38公開 (2023年07月14日(金)11:38更新)
志摩力男

ザイFX限定!口座開設&取引で最大10000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

【記事公開のお知らせ】

 志摩さんのメルマガ「グローバルFXトレード!」では、トレード実績を公開していますが、2023年4~6月の米ドル/円メルマガトレード実績は800pips超!そして、1~6月までの実績は1300pipsを超えています。

 記事では、4~6月にターニングポイントとなったトレードも振り返っているので、志摩さんが、なぜFXで勝ち続けることができるのか知りたい人はぜひご覧ください。
【記事はこちら!】
FXプロトレーダー・志摩力男の本領発揮!4~6月の米ドル/円メルマガトレード利益は800pips超え!年間収益1300pips突破! FXで勝ち続ける極意とは?


YouTube動画「週刊!志摩力男」では、志摩さんがより注目しているテーマをピックアップし動画で解説します。動画を視聴したら、続けて最新コラムをご覧ください。

週刊!志摩力男


米ドル/円急落。米ドル相場全体が米ドル安方向に反転したのか

前回のコラムでは、米金利が上昇しているにも関わらず米ドル/円が上昇しないのはなぜなのか、米ドル/円が調整相場を迎える前兆ではないかと推測しました。
【※関連記事はこちら!】
【見通し修正】米ドル/円は調整局面を迎えると予想。米金利が上昇したのに、米ドル/円が反応せず下落しているのはなぜ?(7月7日、志摩力男)

 その後、米ドル/円は145円から138円割れへと、7円超の急落となっています(本稿執筆時点)。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(出所:TradingView

 その時点では、「金利上昇⇒リスクオフ」というシナリオをマーケットが織り込み始めているのかもしれないと推測しました。それは必ずしも全面的に正しかったわけではありませんが、マーケットの変調を感じ、その背後で何が起こっているのか考える、それがマクロトレーディングの醍醐味です。

 気分は、事件の現場に立つコナン君のようなもので、推理通りにマーケットが動く時、こんな楽しいことはありません。

 結果的には、米雇用統計と米CPI(消費者物価指数)、この2つの主要経済指標が市場予想を下回ったことが、米ドル下落につながりました。

 特に米CPIは、対前年比で予想が3.1%上昇だったところ、3.0%上昇だったのですが、FRB(米連邦準備制度理事会)の目標である2%にかなり近づきました。今後、インフレがそれほど問題にならない状況になる道筋が見えてきたと言えます。

 その意味では、FRBによる引き締め政策にも終わりが見えてきたということです。7月のFOMC(米連邦公開市場委員会)では、0.25%利上げを市場がほぼ100%織り込んでいるので、これはしなければならないでしょうが、それが最後の利上げになる可能性が高まっています。

 実際、CME(シカゴマーカンタイル取引所)が提供するFed Watchでは、7月以降の利上げはまったく予想されていません。そして来年(2024年)1月から利下げ局面が始まると予想されています。

CMEが提供するFed Watch
CMEが提供するFed Watch

(出所:CME

 そうであるなら、米ドル相場全体が米ドル安方向に反転しても良さそうです。

★志摩力男さんの有料メルマガ「志摩力男のグローバルFXトレード!」では、世界情勢の解説に定評がある志摩氏が、その分析に基づいたポジションや、実践的な売買アドバイスをメルマガで配信! メルマガ登録後10日間無料です。

ドルインデックスも重要なサポートラインを下抜け

 ドルインデックスを見ると、100.80が重要なサポートラインでしたが、そこをついに下抜けしました。

ドルインデックス
ドルインデックス

(出所:TradingView

 このチャートだけを見ていると、このブレイクでターゲットは90前後となります。つまり、あと10%ぐらい動いてもおかしくないことになります。

 ドルインデックスの構成要素のかなりの部分を占めるのはユーロです。特にユーロ買い材料は見当たらないのですが、ドルインデックスの売りが出れば、その分だけユーロ/米ドルは上がることになります。

 米ドル/円に関して言えば、135-138円は良い下支え水準となりそうですが、ドルインデックスの売りが出ると、それが米ドル/円の売りにもなります。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(出所:TradingView

 

★志摩力男さんの有料メルマガ「志摩力男のグローバルFXトレード!」では、世界情勢の解説に定評がある志摩氏が、その分析に基づいたポジションや、実践的な売買アドバイスをメルマガで配信! メルマガ登録後10日間無料です。

マーケットは日銀の政策変更を織り込んでいる。政策変更なら米ドル/円は3~5円の下落か

 米ドル下落の大きな理由のひとつは、米国のインフレ率の低下から、米金融引き締め局面の終わりが見えてきたことと言えそうです。それをマーケットが何らかの形で予想していたのでしょう。

 もうひとつは、円に関わることですが、海外勢の日銀政策変更への期待が、かなり高まっていることです。7月7日(金)の日経新聞に掲載された内田日銀副総裁のコメントですが、「金利操作修正は、バランスとって判断」との内容で、海外勢にはこれが政策変更を示唆すると見ているようです(やや無理があるように見えますが)。

日銀内田副総裁、金利操作修正は「バランスとって判断」

(出所:日経新聞

 しかし、次の日銀金融政策決定会合では、物価見通しに関して少し修正が入るとは報じられています。物価見通しが上方修正されれば、それは政策変更への期待に確かに繋がります。

日銀が今月会合でYCC修正の可能性、長期金利変動幅を拡大-早川氏

(出所:Bloomberg

 次の日銀金融政策決定会合(7月27日~28日)は盛り上がるでしょう。

 金融政策変更が織り込まれている分、政策変更なしとなれば、米ドル/円は再び145円に戻ることになります。また、仮に政策変更があった場合、その時は3-5円ぐらいさらに円高が進むことになります。 

次の日銀金融政策決定会合は、どのような政策が示唆されたとしても、大きく動きそうです。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 2024年2月28日(水)20時~志摩力男のYouTube「グローバルFXトレード!チャンネル」「ライブ配信!志摩力男」を開催しました。

 見逃した!という人は、志摩力男のYoutubeチャンネル「志摩力男のグローバルFXトレード!チャンネル」でアーカイブを配信しているので、ぜひ追っかけ視聴してください。視聴者の質問に志摩さんが忖度なく丁寧にすべて回答しています。トレードの参考になること間違いなしです!

 志摩力男のYoutubeチャンネル「グローバルFXトレード!チャンネル」では、有料メルマガ「志摩力男のグローバルFXトレード!(月額:4,950円[税込み])」の会員限定動画やウェブセミナーなども開催していきますので、チャンネル登録よろしくお願いします。

※YouTube「志摩力男のグローバルFXトレード!チャンネル」のチャンネル登録よろしくお願いします!

外資系金融機関でトップトレーダーとして活躍した伝説の男が、ザイ投資戦略メルマガについに登場!「志摩力男のグローバルFXトレード!(月額:4,950円[税込み])」
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
CFD口座おすすめ比較 jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ
CFD口座おすすめ比較 jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る