ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
ザイFX!投資戦略&勝ち方研究!

FXプロトレーダー・志摩力男の本領発揮!4~6月の
米ドル/円メルマガトレード利益は800pips超え!
年間収益1300pips突破! FXで勝ち続ける極意とは?

2023年07月14日(金)14:00公開 (2023年07月14日(金)14:00更新)
ザイ投資戦略メルマガ

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

2023年4~6月は円安加速!米ドル/円は一時145円乗せ!

 2023年4~6月の為替相場は一転して円安となり、4月初めに132円台で推移していた米ドル/円はじりじりと上昇し、6月末には一時145円台に乗せる場面もあった。1~3月の高いボラティリティの中での方向感に乏しい動きから一転して、円安トレンドに回帰した。

 植田新総裁就任後、初の開催となった4月の日銀金融政策決定会合で金融緩和の継続が確認されたこと、そして米国では、深刻なリセッション(景気後退)は起こらない、マイルドリセッションで終わるというコンセンサスが台頭し始め、FRB(米連邦準備制度理事会)の金融政策においても金利は高水準を維持するとの見方が強まったことなどが材料視されたようだ。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(出所:TradingView

 このように、昨年(2022年)の動きを思い出したかのように、急に円安が進んだ米ドル/円相場だが、この流れに乗って利益を大きく積み上げたのが志摩力男さんだ。

志摩力男プロフィール

円安トレンドに回帰!米ドル/円上昇で収益も右肩上がりに

 志摩さんは、2023年に入ってからの難しい相場でも、米ドル/円トレードで着実に利益を積み上げていたが、米ドル高・円安に傾いた4月以降はその勢いが増した。
【※関連記事はこちら!】
志摩力男の真骨頂!損小利大で負けないFXトレード実践!なぜ相場に乗れなくても、2023年1~3月の米ドル/円メルマガトレード実績はプラスだったのか?(2023年4月11日公開)

 以下のグラフは、2023年4~6月に志摩さんがメルマガ「グローバルFXトレード!」で配信した米ドル/円トレードの実績をまとめたもの。これを見ると合計で800pips超の利益を上げていることがわかる(※ザイ投資戦略メルマガ調べ)。

2023年4月~6月米ドル/円トレード実績

 それもそのはず、志摩さんはどのような相場でもこなすトレーダーだが、その中でもトレンド相場を得意としている。

 過去のトレンド相場での志摩さんのトレードを見ると、昨年(2022年)の一方的な円安相場において、1~12月末までの最終的な米ドル/円トレードの収益が5000pips(※ザイ投資戦略メルマガ調べ)に迫ったのは記憶に新しいところ。
【※関連記事はこちら!】
5200pips超獲得した「損小利大」米ドル/円トレードの裏側を大公開!志摩力男が語る2022年の米ドル/円トレードと2023年に向けての新たな戦略とは?(取材日:2022年12月6日)

 つまり、2023年4~6月は円安が進み、米ドル/円が上昇トレンドに回帰したことで、志摩さんの得意な相場で勝負することができたということなのだ。

★志摩力男さんの有料メルマガ「志摩力男のグローバルFXトレード!」では、世界情勢の解説に定評がある志摩氏が、その分析に基づいたポジションや、実践的な売買アドバイスをメルマガで配信! メルマガ登録後10日間無料です。

損失を抑えて利益を大きく取る「損小利大」」トレードで勝つ!

 さらに詳しくトレードデータを見てみると、2023年4~6月に米ドル/円は24回ポジションを決済し、利確が18回、損切りが6回で、割合は利確が75.00%、損切りが25.00%となった。利確が多く、損切りが少ない、これはかなり良い状況でトレードできていたということではないか。

2023年4~6月の米ドル/円トレード実績(詳細データ)
2023年4~6月の米ドル/円トレード実績(詳細データ)

(※ザイ投資戦略メルマガ調べ) 

 次に、新規ポジションを決済した際の獲得pipsを見てよう。

志摩力男メルマガ・2023年4~6月米ドル/円トレード新規ポジション獲得pips

(※ザイ投資戦略メルマガ調べ) 

 これを見ると、利確は最大で300pips以上取れているところがある一方で、損切りは大きくても135pipsに抑えられている。以前公開した記事でも紹介しているが、志摩さんは損失を抑えて利益を大きく取る「損小利大トレード」に長けていて、この結果は志摩さんのトレードががっちりハマったものと言えるだろう。
【※関連記事はこちら!】
志摩力男の真骨頂!損小利大で負けないFXトレード実践!なぜ相場に乗れなくても、2023年1~3月の米ドル/円メルマガトレード実績はプラスだったのか?(2023年4月11日公開)

 誰だって損切りはしたくない。でもそこをしっかり損切りして損失を最小限に抑えながら利益を最大限にする「損小利大トレード」は志摩さんの真骨頂なのだ。

★志摩力男さんの有料メルマガ「志摩力男のグローバルFXトレード!」では、世界情勢の解説に定評がある志摩氏が、その分析に基づいたポジションや、実践的な売買アドバイスをメルマガで配信! メルマガ登録後10日間無料です。

損切りできない人必見!損切りからドテンして勝つには?

 そんなこと言っても、やっぱり損切りは難しい…。そんな風に思っている人がいるかもしれないが、志摩さんは損切りの考え方について以下のように話している。

「思い切って損切りできないならトレードはしない方が良い、損切りするときは腹を決めることが大切。

 マズいなと思ったら離れるのが大事。それが1秒前に言っていたことと180度違うことだとしても、恥ずかしがらないでスパッとやめることが大事です」

 実際に、2023年4~6月においても保有していた米ドル/円の売りポジションをあっさりと損切りしてドテン(※)し、結果的にトータルで200pips以上利益を出した局面があった。

(※編集部注:「ドテン」とは、持っているポジションを決済し、反対のポジションを建てること)

 以下は、志摩さんがマーケットを見る際の材料として重視しているWSJ(ウォール・ストリート・ジャーナル)の記者、ニック・ティミラオス氏の記事が出たタイミングで配信したメルマガだ。

志摩力男のグローバルFXトレード!
2023年5月11日(木)03:41の配信メール

WSJ紙のニック・ティミラオス氏が新しい記事を出しています。4月のCPIレポートがFRBの利上げ休止を後押ししたと。CPIは4.9%だったので、低下しています。事前に上方向の見方が強かったので、少し驚きのサプライズでした。 友人から指摘を受けたのですが、今回のインフレレポートは旅行、ホテル代、航空運賃といったところが価格の急低下を見せていると。その部分が下るのを待っていた部分もあるので、利上げ休止し易い環境になったといえます。 そうなると、日本はYCC解除に動くのだから、ドル売り円買いが最も良いトレードになりそう。。。。そういう論調が多くなっています。 チャンスがあれば、ドル円を戻り売りしたいと思います。

 この局面では米ドル/円の戻り売りを示唆していて、その直後に配信されたメルマガで米ドル/円のショートポジションを建てていた。

志摩力男のグローバルFXトレード!
2023年5月11日(木)03:50の配信メール

売るには低すぎるのですが、ニック砲もでたので、ドル円を少し売ってみたいと思います。USDJPY-0.4@134.22円

 しかしその後、米ドル/円が上昇すると、売りポジションに見切りをつけて損切りし、ドテンして買いポジションに転換した。この損切りの局面でも、米国の経済指標の結果やテクニカル分析の観点から冷静に判断している。

志摩力男のグローバルFXトレード!
2023年5月13日(土)00:33の配信メール

CPI、PPI低下でも、ドル円は133円台がしっかりサポートされました。その事実を踏まえれば、ドルはその時に反発の力を溜め込んでいたのでしょう。ポジションをひっくり返したいところですが、今日一日で考えれば、かなり高い位置にいます。しかし、ドル円は全体で見れば、上向きの三角持ち合い。アセンディングトライアングルです。一般的には上方向にブレイクする確率が高いことを考えると、タイミングわるいですが、ショートをやめてロング転します。USDJPY -0.4@134.22 ⇒クローズ@135.35 USDJPY +0.4@135.35 ストップ133.80

 その後、しばらくもみ合いが続くと、135円台の買いポジションをキープしつつ138円台でポジションを買い増したが、それ以上の高値追いはせずに押し目買いスタンスに切り替えたところで利確している。この局面では、売りポジションの損切りで113pipsの損失を出したが、買いポジション(建値:135.35円と138.30の両方)で331pipsの利益を出したので、差し引き218pipsの利益となった。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(出所:TradingView

志摩力男のグローバルFXトレード!
2023年5月23日(火)16:26の配信メール

本日、ドル円は138.88円まで上昇しました。基本的には堅調ですが、この138円台後半は重く感じます。何かニュースがあると、下りやすいと思うので、いったん利食いし、押し目で買い戻すスタンスに変更します。USDJPY +0.4@135.35 USDJPY +0.3@138.30  ⇒クローズ@138.48

 上記は一例だが、緻密な分析のもと、損切りを恐れずフットワーク軽くトレードして収益を確保していたことがわかる。

 負けても損失は限定、勝つときは積極的に攻めて大きく取る、結果、トータルで勝つ!、それが志摩力男のトレードなのだ。

★志摩力男さんの有料メルマガ「志摩力男のグローバルFXトレード!」では、世界情勢の解説に定評がある志摩氏が、その分析に基づいたポジションや、実践的な売買アドバイスをメルマガで配信! メルマガ登録後10日間無料です。

2023年のトータル収益好調!米ドル/円トレードは1300pips超え!

 ここまで、4~6月のトレードについて見てきたが、ここからは2023年1~6月のトレード収益も見ておこう。

 冒頭で少し紹介したとおり、2023年1~3月はトレードするには非常に難しい相場で米ドル/円は上下に激しく動きながらも方向感には乏しい展開だったが、4~6月になると円安が進み、米ドル/円は急騰した。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(出所:TradingView

 このように動きが目まぐるしく変化する中で、志摩さんの2023年1月~6月までの米ドル/円メルマガトレード収益は1388pipsとなった(※ザイ投資戦略メルマガ調べ)。

 これは志摩さん本人もメルマガなどで語っていることだが、2023年序盤は年初に稼いだ利益を吐き出す局面が続き、かなり苦しいトレードだった。

 しかし、ここで注目して欲しいのが、トレードが苦しいと言っていた2月上旬でも、トータルの収益がマイナスになっていないことだ。

 実は、ここでも「損小利大トレード」が力を発揮していた。トレードが上手くいかず、どうにかして利益を出したいとき、建てたポジションに損失が出ていたら、なかなか損切りできないなんてこともある。

 しかし、志摩さんは自身で設定した損切りルールを守り、リスク管理を徹底することで損失を抑え、自身の得意とする相場(攻める相場)が来るのをじっと待っていたのだ。

 その結果はグラフをご覧のとおりで、2月中旬以降は徐々に持ち直すと、3月末時点で利益を確保、さらに先ほど紹介したとおり4月以降は右肩上がりで収益を大きく伸ばした。

 ちなみに、7月に入ってからは、6月の円安基調が収まり米ドル/円に調整が入っているが、ここでも志摩さんは絶妙なタイミングで売りポジションを建てると、さらに利益を積み上げている。
【※関連記事はこちら!】
【見通し修正】米ドル/円は調整局面を迎えると予想。米金利が上昇したのに、米ドル/円が反応せず下落しているのはなぜ?(2023年7月7日、志摩力男)

★志摩力男さんの有料メルマガ「志摩力男のグローバルFXトレード!」では、世界情勢の解説に定評がある志摩氏が、その分析に基づいたポジションや、実践的な売買アドバイスをメルマガで配信! メルマガ登録後10日間無料です。

メルマガ「グローバルFXトレード!」は、FXで勝つために必要な情報が満載!

 最後に志摩さんの有料メルマガ「グローバルFXトレード!」について紹介しよう。

 メルマガでは当記事で紹介したように、志摩さん自身のトレード実績も公開しているが、ほかにもファンダメンタルズ分析やマーケット解説、トレード手法や戦略などFXトレードをする上で知っておくべき情報が盛りだくさんとなっている。

(※シグナル配信ではありません)

 為替のインターバンク市場の最前線で活躍してきた志摩さんが、マーケットに流れる多くの情報の中からテーマとなり得るもの、相場を動かす可能性があるものを取り上げ、独自のトレード戦略とともにわかりやすく丁寧に解説してくれるかなり贅沢な内容だ。

志摩力男のグローバルFXトレード!

 購読すれば、一般の投資家が得るにはハードルが高い緻密な情報・相場分析や、豊富な経験に裏打ちされた説得力のあるトレード戦略などを、メルマガを通して日常的に触れることができる。

 これからFXを始めようと思っている人から、すでにトレードしている人まで幅広くカバーしながらも、深く読み込める内容になっているので、ぜひ購読してみてはどうだろう。

(文/ザイ投資戦略メルマガ 撮影/和田佳久)

 


ザイ投資戦略メルマガ一覧

西原宏一の「トレード戦略司令!」のここがスゴイ!
外資系銀行でチーフトレーダーとして活躍していた西原宏一氏が、プロディーラーの経験を生かした実践的でタイムリーな為替予測や自身のポジションを、ほぼ毎日配信! 会員限定コンテンツでは、過去のすべての配信内容、チャートや過去に配信した動画などが見放題となり、購読者限定のセミナーも開催されるなど充実した内容が魅力。日経平均や米国株など、FX以外の金融商品のことにも言及してくれているので、幅広いトレードに対応可能なメルマガです!


田向宏行の「ダウ理論で勝つ副業FX!」のここがスゴイ!
FXの書籍7冊が計10万部超えの人気を博す田向氏が、会社員などトレードにかける時間がない人に最適なメルマガを配信します! 著書を基礎とした田向氏のテクニカル分析から、相場が動き出すエントリー・プライスや損切りすべきプライスなど、具体的で実践的な取引価格をお届け。メルマガ独自の学習動画コンテンツに加えて、オンライン交流会を行うことで、コミュニティを作りながら、読者自身のチャート分析能力向上を目指す、新しいタイプのメルマガです!


志摩力男の「グローバルFXトレード!」のここがスゴイ!
ゴールドマン・サックス証券会社やドイツ証券などの名だたる金融機関でトップトレーダーを歴任し、現役トレーダーとして相場の前線で活躍する伝説の男、志摩力男氏のグローバルな相場観を配信! 志摩氏が実際に行ったトレードとポジジョンについてもほぼリアルタイムで細かく配信されるほか、マーケットで注目されているニュースやマクロ経済などの的確な分析も届くので、FXだけでなく、他の金融商品の取引にも役立つメルマガです!


「ザイFX!プレミアム配信with今井雅人」のここがスゴイ!
元邦銀チーフディーラー・今井雅人氏からのレポートを受けてザイFX!が配信する「ザイFX!プレミアム配信 with 今井雅人」は、その日のニュースをコンパクトに解説し、今後の為替相場の予測とともに、今井氏のポジションについても可能な限りお届けするメルマガ。国会議員時代の2014年に、FXで5000万円以上の利益を上げたことが話題になるほどの抜群のトレードセンスと、鋭い視点で為替相場を解説するレポートは、多くの個人投資家の取引に役に立つだろう。


太田忠の「勝者のポートフォリオ」のここがスゴイ!
日本の中小型株市場に携わり、国内外で6年間にわたってアナリストランキングのトップを維持した太田忠氏が、個人投資家の目標のひとつであるFIRE(早期経済的リタイア)を目指す投資法を配信! 徹底した分析による優良銘柄・バリュー銘柄の発掘を通じて、相場の動きに一喜一憂せずに資産増を目指す方法を配信やセミナーなどで発信する。購読者(無料期間終了後)には、太田氏が推奨するポートフォリオの提示サービスが閲覧できるサービスも提供しています!


ポール・サイの「米国株&世界の株に投資しよう!」のここがスゴイ!
日本で外資系運用会社として首位となる3兆円あまりを運用するフィデリティ投信でアナリストとして活躍し、40代でFIREを達成したポール・サイ氏が、世界の株式、経済に影響を与えるニュースをリアルタイムでキャッチし、分析を加えて配信!購読者(無料期間終了後)には、成長力の高い米国株を中心に、中国株や日本株も臨機応変に組み入れる珠玉のポートフォリオを提供しています。


人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る