ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

QE2を正当化したFOMCだが、
ドル相場は上昇へ!

2010年12月15日(水)19:39公開 (2010年12月15日(水)19:39更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 昨日の欧州市場にはいっても、私はアメリカでの重要イベントにむけて、様子見を続けていた。ほどなくベルギーの見通しが引き下げられるという格下げの話しが伝わってきたが、欧州マーケットではどこ吹く風という感じ。それどころかFOMCを前に、量的緩和に向けての期待もあってか、欧州時間はドル全面安という動きとなった。ユーロドルは1.35ちょうどの付近まで買われ、ドル円も今週はじめてとなる82円台後半までドル売りが進んできた。

 それでもドル円は、11月の後半あたりから82円台ミドルから84円台ミドルまでのレンジにはまっているようにも見える。そこでレンジ取引と称して、とにかく82.40に買い注文を出した。だが米国市場に向けて、少しずつドル買いの方向に動き始め、アメリカの小売売上やPPIが出る頃には、ユーロドルは1.34台前半、ドル円も83円台に戻してきた。

 レンジ取引と思って出したドル円ロングにするための注文も、当然のようにできてなかった。ドル買いについていく?と一瞬は思ったが、為替市場でも早くもクリスマスモードに入っていて小動きな場面も多くなっている。とにかくFOMCまでは待つことにした。

 FOMCは事前の予想通りに金利は変更なしだった。注目された声明文でも、目新しいことは出てはこなかった。しかし資源価格の上昇などは無視して、QE2を正当化するほうが優先的になっているようにも見える。これをすでに見越していたのか、FOMCの声明が発表された後、債券価格はさらに下落することとなった。やはりドル買いで入っていくのがよさそうに思えた。せっかく夜中に起きたとはいえ、このステージでは手を出さずにアジア市場での反応も見たいと考えた。

 本日のアジア市場は小動きだったが、朝方のユーロドルは1.33台後半を辛うじてキープしている感じだったので、またユーロドルのショートをつくり、私はドル買い作戦をはじめてみることにした。ロスカットは1.3390に置いている。FOMC後に1.36台まで下落した後、1.3385近辺まで戻しているためだ。つくったレートが1.3370なのでたかだが20ポイントのアゲインストしか耐えないことにはなるので、来ちゃうかなぁと思っていたが、今のところ存外についていないまま、欧州市場に突入した。
 しかしアジア市場の終盤に、ムーディーズがスペイン格付けする方向で見直しているというニュースのあったが、ユーロドルの下押しも1.32台後半なので、下方向へもあまり動いていない。

 今晩もアメリカではいろいろな経済指標が出る。イベントとしては重要なものもあるのだが、あまりマーケットは反応しないかもしれない。結局、いまいちばんマーケットが気になっているのが、アメリカの債券価格の動向であるからだ。


日本時間 19時20分
おすすめFX会社
link

使いやすい取引環境の【LIGHT FX】

トレイダーズ証券[LIGHT FX]

ザイFX!限定で3000円がもらえるおトクな口座開設キャンペーン実施中!

link

ザイFX!限定5000円&オリジナルレポート

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引でもれなく限定5000円&オリジナルレポート!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 jfx記事 トレーディングビュー記事
キャンペーンおすすめ10 jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る