ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

ギリシャ問題一時停戦で、相場は短期的に
risk onへ。ユーロのショートカバーに注意!

2011年06月30日(木)16:20公開 (2011年06月30日(木)16:20更新)
西原宏一

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 こんにちは。

 東京は本日も31度の猛暑です。熱中症と紫外線対策には、十分に注意したいですね。

■ギリシャ問題一服で「ヘッジ外し」が行われている

 ギリシャの債務問題に揺れるグローバルマーケットですが、6月29日(水)にギリシャの緊縮財政法案の採決が行われ、賛成155票と棄権によって可決しました。これは、先週行われた内閣信任投票以上の差です。

 これでギリシャ問題が収束に向かうと考えている市場参加者はいないのでしょうが、多くのプレイヤーが「否決された場合に備えたヘッジ」をかけていたため、結果判明後は、さまざまなマーケットでヘッジの買い戻しが断続的に行われているもようです

 たとえば、欧州周辺国の国債のスプレッド(金利上乗せ幅)は縮小し、欧米株は上昇、原油価格はショートカバー(売り方の買い戻し)が起きています。

 また、リスクオフに備えてのスイスロング(スイスフランの買い持ち)の売り戻しや、ユーロの買い戻しも出ています。

全体的には「risk on」の流れとなっています

ユーロ/米ドル 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/米ドル 4時間足

 一連の動きを見ていると、プロのファンドマネジャーが悲観的なシナリオに傾き過ぎて、ムダなヘッジをしていたようにも思えます。

 その点を友人のファンドマネジャーに聞いたところ、「大切な資金を運用している立場としては『最悪のシナリオ=ギリシャのデフォルト(債務不履行)』の可能性が高まっているときにヘッジをしないワケにはいかない」とのことでした。

 これはある意味、プロとして当然のスタンスですね。 

今週末は欧米勢のユーロ/米ドルのショートカバーに注意

 さて、6月30日(木)の為替市場でも「ヘッジ外し」と見られるユーロの買い戻しが断続的に持ち込まれているため、ユーロ/米ドルは1.4500ドルのstop loss(損切り注文)を巻き込んで、一時は1.4519ドルまで上昇しました。

ユーロ/米ドル 1時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/米ドル 1時間足

 ただ、アジア時間にユーロ/米ドルが一方の方向に進むと、同日のNY市場で強烈なカウンターが入る可能性があるため、高値追いは禁物です

 今週のユーロ/米ドルの動きを振り返ってみると、マーケットのセンチメントとは裏腹に、大きく売り込まれる局面はあるのですが、日足ベースでは連日で陽線引けしており、マーケットには依然としてユーロ/米ドルのショート(売り持ち)が残っていることがうかがわれます。

 加えて、来週月曜日は米国市場が「independence day」の休場であるため、今週末は欧米プレイヤーのユーロ/米ドルのショートカバーに注意すべきでしょう。

短期的には、スイスフランは反落する可能性が高い

 次に、マーケットで注目されているのがスイスフランです。

 ギリシャのデフォルトという万が一のリスクに備え、マーケットでは避難通貨であるスイスフランの買いが収まらず、連日スイスフランは最高値を更新しています。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る