ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

GMOクリック証券CFD‗ドクタケ取材スポンサード記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

久しぶりのユーロ独歩高
高値を更新した米国株も要ウォッチ

2012年08月22日(水)16:37公開 (2012年08月22日(水)16:37更新)
持田有紀子

史上最高値更新! 一時4万2000円台に乗せた「日経平均」や「NYダウ」、「金」を少額から取引できる【CFD口座】を比較!

 夏休みのためか、あまりにも動かない相場に慣れ切っていたので、昨日のユーロの上伸にはちょっと驚いた。すでにアジア時間のうちからユーロドルは堅調な動きをしており、前日の高値は1.2370であったが、そのあたりに張り付いていた。とくに新しい要人発言などがあったわけでもないが、何もなかったというのがかえって安心感を与えたのかもしれない。

 ユーロドルはあっさりと1.24台まで乗せてきた。私は8月になってからの戻し高値である1.2442を強く意識していたので、1.24台に乗ったところで売っておくべきレベルだと考えた。さっそく1.2425で売るには売ったのだが、なかなか持ち心地がよろしくない。

 かれこれ2時間以上も下がらずにいる。もちろん1.2450で買い戻しのストップ注文は出しているのだが、それでも少しも押しがないというのは気分が悪い。しかも1.2430とかになってくると、どうしても私のロスカットレベルのほうが近く見えてしまって仕方がない。

 何の経済イベントもなかったのだが、やはりそうしたテクニカルムーブで盛り上がった相場では、買いが買いを集めてしまうものだ。もっと鷹揚に構えねばと思いつつも、持ち心地の悪さに数ポイントだけコストに下でスクエアに戻した。

 そして21時半過ぎにはユーロドルは8月高値をブレークしてきた。これは同時期に欧州株が高くてリスクテークになったことと、それにツラれてグローベックスでの米国株が今年の最高値を更新してきたことにもよる。まあ、これだけ株高の最中なのだから、ユーロショートであらがっても詮ない。このままユーロ買いがどこまで続くのか、見守る一晩になりそうな気配だ。

 スクエアなのを良いことに夜は寝てしまったが、あとで値動きを確認すると、ユーロドルは。124台の後半で高止まっている。しかし1.25台はつけていない。外部環境はというと、あれだけ高値追いをやっていた米国株が反転、下落し、ついには前日比でマイナス転するまでに沈んでいた。

 マーケットが薄いから利食い売りに押されたのだという解釈も成り立つが、それでも為替相場では、まったくリスク回避になっていかなかったのにもちょっと驚く。

 ユーロ円も99円台まで戻しきり、ユーロポンドは0.79台まで回復している。ユーロの全面高の形となっている。週末にギリシャに関連する協議が立て込んでおり、そちらの方では支援の延長までを視野に入れて、混乱の少ないものになるだろうとの見方が強いのも確かだ。

 またスペインについても何らかのアクションが出てきそうでもある。それにしてもユーロの強さが目立つニューヨーク市場となった。まあ、これも1.2442を上抜けしたのが大きいのだろう。テクニカルな要因でしか動けないだけの材料難にも原因がある。

 今日のアジア市場では日本株が下落。それでややリスク回避の動きも出て、ユーロは利食い売りに押されている。しかし昨日の重要なレンジスタンであった1.2442が当面はサポートとして働くことも考えられるので、欧州時間はそのあたりの値動きをケアフルウォッチすることが肝要だ。

 問題は昨日、下落に転じた米国株だ。一時的なものなのか、それとも今晩も一段安に向かうのか。夜中の中古住宅の指標発表が動き出すための契機になりそうだが、結果が悪かったらまたユーロドルを売っていこうと思っている。そのうち株安に連動してくるのではないかと考えているからだ。

日本時間 16時30分
 


8つの項目で「おすすめのFX会社」を比較!
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.3pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年7月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

セントラル短資FX「FXダイレクトプラス」
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
バイナリーオプション比較 メキシコペソ比較 人気FX会社ランキング
バイナリーオプション比較 メキシコペソ比較 人気FX会社ランキング
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る