ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

GMOクリック証券CFD‗ドクタケ取材スポンサード記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ベージュブックで緩和期待も少し後退
リスク回避強まるかクロス円も注視

2012年08月30日(木)17:05公開 (2012年08月30日(木)17:05更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 昨日の欧州時間はユーロ買いで始まった。ユーロクロスも上昇してのユーロ全面高であった。ユーロドルは上がってきて1.2550を越えてきたが、目指すは23日につけた戻し高値である1.2588である。そのポイントが重要なレジスタンスを与えていることも同じである。

 1.2590で買い戻しのストップ注文を置いて、売ってみるというのがテクニカル面からの要請。私もさっそく1.2555で売ってみた。完全な逆張りなので、すぐに落ちるとは思っていない。欧州時間を飛び越して、ニューヨーク勢の参入までも待たなければならないかもしれない。

 相変わらず株価も債券相場も小動きが続いていて、なかなか材料難である。マーケットの方はすでに月末のジャクソンホールに始まる一連の重要イベントに関心が向いてしまっているようだ。アメリカのGDPの改定値などにはやはり反応も薄かったが、独伊首脳会談からのニュースが出てきた。

 メルケル首相がESMへの銀行免許の付与について難色をしめしたことに対してはユーロ売りで反応した。言っている内容は同じなのに、やはり欧州の信用不安の解決から遠のくという不安もあったのだろう。ユーロドルは1.25台の前半までゆるんだが、でもそれがせいぜいであった。

 その後はまずまず小動きとなってしまい、ポジションを動かすこともできない。私が密かに期待していた石油在庫報告だが、あいにく在庫量が予想よりもはるかに多かった(苦笑)。それで原油価格は軟化し、ミニ・リスクオフの形となった。しかし米国株などに与える影響は軽微で、ゆえに為替相場も反応薄。

 私は早起きしてニューヨーククローズを見たが、公表されたベージュブックでは追加緩和を必要とされるほどの警戒感のないものだったことから、緩和期待は多少なりとも払しょくされる形となった。かといってドル買いが強烈に起こるわけでもなく、ユーロドルは1.25割れを見せるわけでもない。私は1.2528で買い戻して、アジア時間に控えた。

 今日はアジア株が安い。インド株、中国株も安値攻め。いやおうなく日本株も安い。日経先物は今週の安値であった8980円を下回ってきて、なかなか値を戻せないでいる。ジャクソンホールを明日に控えて、さすがにその講演の中で新規の政策が打ち出されないかもしれないという現実を振り返っての反省でポジション調整が出てきたのかもしれない。

 リスク回避の流れになりそうなところだが、ユーロドルやユーロ円はそれほども値崩れしていない。私としてはユーロドルが1.2550を越えてきたら再び売り込もうと思っているが、ニューヨークオープンの前までに戻らなかったら、多少安くてもショートに振ろうと思っている。

 米国株も安値攻めから始まるだろうが、それがいつまで続くかに要注意である一方で、一段安するようならばユーロ円やドル円といった円ものも売っていきたいところである。株価もここ1カ月ほど、動かないでパワーを貯めているところである。できれば明日の注目イベントを待たずにポジションを作っておきたいものである。


日本時間 17時00分
 


8つの項目で「おすすめのFX会社」を比較!
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.3pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年7月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で最大10000円!

トレイダーズ証券[みんなのFX]

最短当日取引可能!ザイFX!限定キャンペーン実施中のみんなのFX!

link

ザイFX!限定で5000円!

セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]

マーケット情報充実!今ならザイFX!限定5000円がもらえるキャンペーン中!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
CFD口座おすすめ比較 キャンペーンおすすめ10 トルコリラスワップポイントランキング
CFD口座おすすめ比較 キャンペーンおすすめ10 トルコリラスワップポイントランキング
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る