ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」

NYダウ、原油、中国株反騰は限界に近い。
105~106円へのドル/円下落は時間の問題

2016年03月25日(金)17:45公開 (2016年03月25日(金)17:45更新)
陳満咲杜

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

■相場急変は、原油&中国株市場と密接な関係あり

 もっとも2015年からの相場の急変は、2つの市場の状況と緊密な関係にあった。1つは原油市場で、もう1つは中国株市場だ。

 両市場のリバウンドがともに確認されており、これが世界金融市場の落ち着きにつながっている。両市場に変化のサインがあれば、世界金融市場の基調も再び変わってくるだろう。

北海ブレント原油先物 日足
北海ブレント原油先物 日足

(出所:CQG)

WTI原油先物 日足
WTI原油先物 日足

(出所:CQG)

 ブレント原油にしても、WTI原油にしても、深刻なオーバーシュート(売られすぎ)の状況だったので、2016年2月安値から大きくリバウンドしてきた。

 しかし、200日移動平均線(200日線)に近づき、すでに頭打ちになったか、これから頭打ちする公算が高まっている。切り返しが失速する可能性は高まっていると言えるだろう。

 原油の安値再打診があれば、リスクオフの気運を高める要素として市場に意識され、世界金融市場は再び揺れやすくなるのではないかと思う。

■目先のリバウンドは、すでに一服。もしくはそろそろ頭打ち

 もう1つパラメーターとなる上海総合指数は、2016年1月安値から反騰してきたものの、2015年6月高値から引けるメインの抵抗ラインに拒まれる兆しを見せ、リバウンドがいつ終わってもおかしくない状況だ。

 中国株・中国人民元問題は根深いだけに、近々ブル基調に転じる余地は皆無と言える。

上海総合指数 日足
上海総合指数 日足

(出所:CQG)

 要するに原油と上海株を見る限り、目先のリバウンドは、すでに一服したか、これからそろそろ頭打ちとなろう。世界金融市場の安定も、両市場と深い関連性を持つから、両市場に変調があれば、足元の落ち着きもたちまち消失するはずだ。

 FRBが重視する市場の安定が、そう長く維持できるものでないのであれば、FRBの利上げも遠いといった観測が再び高まるだろう。

■米ドル/円は、メインターゲット105~106円台打診へ

 こうなれば、米ドルのブル基調回復は、そう簡単にいかない。外貨サイドでは、EU離脱問題で売られる英ポンドさえ、2016年2月安値を更新していないから、目下の米ドル全体の切り返しを過大評価すべきではなかろう

英ポンド/米ドル 日足
英ポンド/米ドル 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:英ポンド/米ドル 日足

 同じように、目下、米ドル/円は113円台を回復しているものの、これはあくまでベアトレンドにおけるスピード調整とみなせる。再度、頭打ちを果たしてから、ベアトレンドへ復帰しよう。

メインターゲットの105~106円台打診は、もはや時間の問題だとみる。市況はいかに。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 日足

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
CFD口座おすすめ比較 田向宏行 トレーディングビュー記事
CFD口座おすすめ比較 田向宏行 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る