ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ECB緩和の副作用を意識、
ドル高進むも本日は米国お休み

2016年11月24日(木)16:19公開 (2016年11月24日(木)16:19更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 昨日は日本が休みだったが、海外市場では為替相場で円安が進んだ。欧州時間では111円ちょうどを挟んでの動きが続いていて、110円台と111円台を行ったり来たり。このまま再度の上値追いがあるのかどうかを、そっと窺っている展開となっていた。

 相場上昇のタイミングとしてはアメリカの経済指標の発表と同時期であったが、直接の原因は長期金利の上昇であったろう。ECBが持っている国債を貸し出すことに融通を図るというのだ。確かに担保適格債というのは少ない。

 それゆえに短期金利の融通のメインであったレポ市場は死んでいるも同然だ。これは金融緩和の副作用でもある。このトピックが伝わると、世界的に長期債に売りものが膨らんだ。つまり長期金利は上昇。それがドル高をもたらしたともいえるのだ。

 ドル円は112円台に乗せてきても、なおも堅調。そのまま112円台の後半まで上がってしまった。およそ半年ぶりの高値を実現。買い戻しのストップロス的な要因が強かったのだが、それでもニューヨーククローズに至るまで112円台はキープすることとなった。

 一方でユーロドルも安い。今年はまったくユーロドルの激しい動きが見られなくて、すっかりトレードの対象から外れてしまっている感のあるユーロドルだが、昨日の安値はついに1.0526までつけてきた。

 これは去年の安値である1.0463に急追するレベルであり、もう100ポイントもない。いつブレークしてもおかしくはない状態なのである。すると13年ぶりの安値水準が待っていることになる。

 今日はアメリカが感謝祭で休み。明日も半日営業となるので、すでに連休モードに入っているといってもよい。だから来週になるまでマーケットは動意薄の展開となろう。

 昨日は日本が休みだったので私も手を出さなかったが、今日と明日は何か突発事項でもない限り、マーケットには参加しないつもりだ。十分に休んでおくための良い機会だ。

日本時間 16時00分
 

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ jfx記事 トレーディングビュー記事
ザイ投資戦略メルマガ jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る