24時間いつでも仮想通貨をかんたん売買!マネックスグループのコインチェック!

「ビットコイン・仮想通貨のFX」ができる
取引所を比較。上昇も下落も収益チャンスに

2017年11月17日(金)14:40公開 [2018年11月16日(金)13:20更新] 向井友代[ザイFX!副編集長] バックナンバー一覧へ>>

専用スマホアプリが充実!仮想通貨FXならGMOコイン

■上昇でも下落でも利益を狙え! 資金効率の良さも魅力!

 高いボラティリティが特徴のビットコイン(BTC)をはじめとした仮想通貨。価格が上昇する局面だけでなく、下落する局面でも利益を狙えたら、収益チャンスも増えますよね?

 「現物取引」では、安いところで買って高いところで売るしか利益を上げる方法がありませんが、「証拠金取引」なら、買いからでも売りからでも取引を始められますので、上昇局面はもちろん、下落局面でも利益を狙うことができます。

買いからでも売りからでも取引を始められるから上昇局面も下落局面も収益チャンスになる

 ここでは、そんな仮想通貨の「証拠金取引」について取り上げていきたいと思いますので、ただ単にビットコインを買って気長に持っていたいだけなんだよという人は、仮想通貨の「現物取引」について解説した以下の【参考コンテンツ】の方をチェックしてください。

【参考コンテンツ】
ビットコイン・仮想通貨の取引所/販売所を比較。取引コストが安いのはどこ?

ザイFX!が調べたところ、現在、日本国内の仮想通貨取引所などで提供されている「証拠金取引」のサービスは、「仮想通貨のFX」「先物取引」「信用取引」の3つ

仮想通貨の証拠金取引の分類

 細かいしくみは異なりますが、いずれも「証拠金取引」であり、売りからでも買いからでも取引を始めることができるほか、レバレッジ(てこの原理)をかけた資金効率の良い取引ができるという点は共通しています。

レバレッジ(てこの原理)のイメージ図

 この「レバレッジ」という独特のしくみに注目して、仮想通貨の世界では、こうした「証拠金取引」を「レバレッジ取引」と表現しているのを見かけますが、これは「仮想通貨のFX」「先物取引」「信用取引」のいずれかのサービスを指す言葉として利用されていることが多いようです。

<「証拠金取引(レバレッジ取引)」の特徴>

・ 売りからでも買いからでも取引を始めることが可能
→上昇局面はもちろん、下落局面でも利益を狙うことができる

・ レバレッジ(てこの原理)をかけた取引が可能
→資金効率の良い取引ができる

■「仮想通貨のFX」ができる仮想通貨交換業者。レバレッジは将来4倍へ!?

 当記事では、仮想通貨の「証拠金取引」のうち、「仮想通貨のFX」ができる業者について、詳しく見ていきましょう。

 以下は、財務局への登録が完了している国内の仮想通貨交換業者に絞って、ザイFX!がサービス内容などを調査し、まとめたものです。詳細や最新情報については、必ず各業者のウェブサイトなどで確認するようにしてください。

(※当記事は、財務局への登録を完了している業者について紹介していますが、2019年1月11日には、以下の業者に加えてCoincheck(コインチェック)も登録を完了しています。ただし、コインチェックでは、レバレッジの新規建て取引は休止中です)

(※2019年8月21より、DeCureet(ディーカレット)でもレバレッジ取引の提供が開始されています)

仮想通貨の「証拠金取引」:「仮想通貨のFX」ができる業者一覧
業者名など サービス 通貨ペア 最小
取引数量
レバレッジ ロスカット 売買
手数料
bitFlyer
(ビットフライヤー)
Lightning FX
(ビットコインFX)
BTC/JPY 0.01 BTC 1倍、2倍、3倍、4倍 無料(終了の2週間前に告知)
GMOコイン 仮想通貨FX BTC/JPY
ETH/JPY
XRP/JPY
BCH/JPY
LTC/JPY
0.01 BTC
0.1 ETH
100 XRP
0.1 BCH 
1 LTC
4倍 無料
(取引所)
レバレッジ取引
BTC/JPY
ETH/JPY
XRP/JPY
BCH/JPY
LTC/JPY
0.01 BTC
0.1 ETH
10 XRP
0.1 BCH
1 LTC
4倍 無料
DMM Bitcoin レバレッジ取引 BTC/JPY
ETH/JPY
XRP/JPY
BCH/JPY
LTC/JPY
XEM/JPY
ETC/JPY
ETH/BTC
XRP/BTC
BCH/BTC
LTC/BTC
XEM/BTC
ETC/BTC
ETC/ETH
0.01 BTC
0.1 ETH
100 XRP
0.1 BCH 
1 LTC
100 XEM
1 ETC
4倍 無料
BITPoint
(ビットポイント)
レバレッジ取引 BTC/JPY 0.01 BTC 1倍、2倍、4倍 無料
ビットポイントMT4取引
※メタトレーダー4(MT4)
BTC/JPY
BTC/USD
BTC/EUR
BTC/HKD
0.01 BTC 2倍、4倍 無料
QUOINE
(コイン)
(プラットフォーム名:
Liquid)
差金決済取引
(レバレッジ取引)
BTC/JPY
ETH/JPY
XRP/JPY
BTC/USD
BTC/EUR
BTC/AUD
BTC/SGD
BTC/HKD
BTC/CNY
BTC/IDR
BTC/PHP
ETH/BTC
0.001 BTC
0.01 ETH
1 XRP 

 

4倍まで

無料

※日本国内の業者のうち、財務局への登録が完了しているものだけをピックアップし、サービス内容などをザイFX!が調査。ただし、すべての登録業者を対象に調査しているワケではない
ビットバンクのbitbank Trade(BTCFX)については、先物取引に当たるため、当表には掲載せず
※証拠金取引では、売買手数料以外にもレバレッジ手数料(スワップポイント、建玉管理料と呼ばれるケースもある)などの手数料がかかる場合がある
※BTC=ビットコイン、ETH=イーサリアム、BCH=ビットコインキャッシュ、XRP=リップル、LTC=ライトコイン、XEM=ネム、ETC=イーサリアムクラシック
※JPY=日本円、USD=米ドル、EUR=ユーロ、AUD=豪ドル、SGD=シンガポールドル、HKD=香港ドル、CNY=中国人民元、IDR=インドネシアルピア、PHP=フィリピンペソ

仮想通貨のFXの大きな魅力であり、特徴の1つがレバレッジです。いずれも最大レバレッジは4倍となっています。

 FXの最大レバレッジは、法令で25倍(証拠金率4%)と定められていますが、実は、仮想通貨の証拠金取引で用いるレバレッジについては、特に法令上の定めはなく、以前は業者の裁量で決められてきました

 しかし、2018年10月になって、マネーパートナーズの奥山社長が会長を務める仮想通貨交換業協会(JVCEA)が正式に自主規制団体として認定されたため、以降は、この自主規制団体が主導する形でレバレッジをはじめ、法令でカバーできていない仮想通貨取引に関する細かなルールの取り決めが行われていくことになったのです。

 仮想通貨の証拠金取引におけるレバレッジについては、同協会のガイドラインなどにより、一定の猶予期間が設けられたのち、4倍以下に引き下げられることが決定され、各業者一律で最大レバレッジ4倍という現在の状況に至ったワケです。

【参考記事】
金融庁が仮想通貨の自主規制団体を認定。証拠金取引のレバレッジは4倍へ引下げ方針

 資金効率がいいと言われても、そもそもレバレッジをかけた取引をするなんて、ちょっと怖い…というイメージを持っている人もいるかもしれませんが、当記事で紹介する仮想通貨のFXサービスは、いずれもロスカット(※)が採用されていますので、原則、預け入れた証拠金以上に損失が発生することはありません

(※ロスカットとは、一定の水準まで損失が膨らむと自動的に決済されるルールのこと。「仮想通貨のFX」では、業者に対してロスカットの設置が義務付けられているワケではない)

 もちろんノーリスクで必ず儲かるというワケではありませんし、相場が大きく動いた際は、ロスカットがかかっても預け入れた証拠金以上の損失が発生する可能性がないワケではありません。しかし、ルールや特徴、リスクなどをしっかりと理解して取引に臨めば、レバレッジをかけられる取引であるということ自体を、むやみに怖がる必要はないでしょう。

■売買手数料無料がスタンダード!? でも、スプレッドには注意を

 上の表を見ると、売買手数料については、キャンペーン中のところも含めると、「仮想通貨のFX」は、どの取り扱い業者でも、基本的に無料で提供されていることがわかります。

 「現物取引」では、売値と買値が2Wayプライスで提示され、業者が取引の相手方となる相対取引(店頭取引)(※)形式が採用された「販売所」の場合は、外付けの売買手数料は無料で提供されているところが多いものの、注文が板に表示される取引所では、比較的、外付けの売買手数料がかかる業者が多い印象でした。

 仮想通貨のFXにも、相対取引(店頭取引)と注文が板に表示される取引所形式のサービスがありますが、仮想通貨のFXでは、いずれのサービスであっても、外付けの売買手数料無料がスタンダードみたいです。

(※「相対取引(店頭取引)」とは、ユーザーと業者の間で売買を行う取引方式)

【参考コンテンツ】
ビットコイン・仮想通貨の取引所/販売所を比較。取引コストが安いのはどこ?

 ただし、仮想通貨のFXでも「現物取引」の販売所と同様、相対取引(店頭取引)が採用され、2Wayプライスで価格が提示されているサービスを利用する場合、注意してもらいたいのが売値と買値の価格差、スプレッド

仮想通貨のFXで2Wayプライスで価格が提示されるサービスの例:GMOコイン「仮想通貨FX」
仮想通貨FXで相対取引のサービス例:GMOコイン「仮想通貨FX」

(出所:GMOコイン

 この手のサービスでは、外付けの売買手数料は無料とはいえ、スプレッドが実質的なコストとなります。上の図で例に挙げたGMOコイン「仮想通貨FX」の場合、画像を取得した瞬間のBTC/JPY(ビットコイン/円)スプレッドは、311円でした。この時、GMOコインではスプレッド縮小キャンペーンが開催されていたため、通常よりも狭いスプレッドが提示されていたのですが、仮想通貨のFXでビットコイン/円のスプレッドが311円というと、かなり狭い方ではないかと思います。

 全体的には、たとえばビットコイン/円のスプレッドで考えると、おおよそどの業者のサービスも、数百円~数千円の間で推移していることが多い印象ですが、相場状況などによって、頻繁かつ結構、大きく伸縮している印象です。基本、どこも原則固定ではなく、変動制のスプレッドが採用されています。例に挙げたGMOコインの「仮想通貨FX」のスプレッドも、変動制です。

 近年では、お伝えしたとおり、GMOコインでスプレッド縮小キャンペーンが開催されたり、DMM Bitcoinではスプレッド原則固定キャンペーンが開催されるなど、仮想通貨業界全体として、少し、仮想通貨のFXにおけるスプレッドを縮小する方向に向かっているような気も…。今後、もしかすると、主要業者を巻き込んで、スプレッド縮小バトルが勃発するかも?しれません。期待したいところです。

【参考記事】
GMOコイン vs DMM Bitcoinのスプレッドバトル!一挙60%以上縮小でBTC/JPYスプレッドが300円!?

 ひとまず、現段階では変化するスプレッドの状況を目視で確認しつつ、あまりにもスプレッドが開いているな…と感じる時は取引を控えるなど、自分で注意していくほかありません。状況によって利用する業者を使い分けるなど、複数の業者に口座開設し、スプレッドの状況を比較しながら、各業者とも、いつでも取引できる状態にしておくというのも、ありだと思います。

■アルトコインが豊富なDMM Bitcoin、GMOコイン。スマホアプリがスグレモノ

 続いて、取扱い通貨ペアについても見ておくと、どの業者の仮想通貨のFXでも当然、ビットコイン/円の取扱いはありますが、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)や外貨との通貨ペアとなると、取引できる業者は限られてきます

 上の表を見るとわかるとおり、アルトコインの取り扱いが特に豊富なのはDMM Bitcoinです。GMOコインも、主要なアルトコインはラインナップされており、わりと豊富。外貨との通貨ペアがラインナップされているのは、QUOINEビットポイントあたりでしょうか。

 bitFlyer(ビットフライヤー)のLightning FX(ビットコインFX)は、意外にも取り扱い通貨ペアはビットコイン/円1通貨ペアに絞られており、残念ながらアルトコインや外貨との通貨ペアの取扱いはありません。

 ということで、ビットコインもいいけれど、ETH(イーサリアム)やXRP(リップル)などのアルトコインをFXで取引したい! という人は、まず、DMM BitcoinGMOコインをチェックしてはいかがでしょうか?

DMM Bitcoinは、DMM.com証券を擁するDMM.comグループが運営する仮想通貨交換業者。ウェブサイトでは、イメージキャラクターを務めるローラさんの画像が目を引きます。

DMM Bitcoinのウェブサイト

DMM.com証券の兄弟会社だけあって、取引ツールはPC版もスマホアプリ版もDMM.com証券のものと、やはり似ています。直感的な操作が可能で、初めてでも使いやすい印象です。そのほか、DMM Bitcoinについてのサービス詳細は、以下の【参考記事】でまとめて紹介していますので、ご参考に。

【参考記事】
DMM Bitcoinを徹底調査! アルトコインが豊富なFX(レバレッジ取引)のスプレッドは?

 いずれにしても、DMM Bitcoinは、全体的に金融畑で培ったノウハウが生かされたサービス設計になっているようで、FXなどの経験がある人には、あらゆる面で使いやすい業者の1つでしょう。

GMOコインは、GMOクリック証券を擁するGMOインターネットグループが運営する仮想通貨交換業者です。すでに金融事業で名を馳せているグループ企業の仮想通貨業界参入という点で、DMM Bitcoinとは似たような立ち位置の業者かもしれません。

GMOコインのウェブサイト

 そんなGMOコインには、仮想通貨のFXサービスとして、「仮想通貨FX」に加え、2018年9月にサービスインした取引所サービスの「取引所(レバレッジ取引)」があります。先ほども少し触れましたが、「仮想通貨FX」の方は売値と買値が2Wayプライスで表示され、それをクリックするだけで売買が成立するタイプ、「取引所(レバレッジ取引)」は、注文が板に並ぶ取引所形式のサービスです。

コスト的には、「仮想通貨FX」よりも「取引所(レバレッジ取引)」の方がお得に取引できそうですが、初心者にとって操作しやすいのは、おそらく2Wayプライスで価格が提示される「仮想通貨FX」の方。しかしながら、板の見方なども、一度覚えてしまえば難しくありませんので、GMOコインでFXするなら、ぜひ、「取引所(レバレッジ取引)」の利用も試してみてください。それぞれのサービス内容詳細は、ぜひ、以下の【参考記事】でチェックを。

【参考記事】
GMOコインを徹底調査! スマホアプリは使用感良好! スプレッドなどのコストは?

 なお、GMOクリック証券といえば、スマホアプリに定評があるFX会社ですが、その兄弟会社というだけあって、GMOコインのスマホアプリもなかなかのスグレモノです。特に、「仮想通貨FX」の専用アプリ「ビットレ君」は、外出先などでもサクサク動いてくれて、かなり便利。頻繁に売買を繰り返す短期トレーダーの人は特に、どこにいてもトレードチャンスを逃がさずに済みそうです。

GMOコイン「仮想通貨FX」スマホ専用アプリ「ビットレ君」
GMOコイン「仮想通貨FX」スマホ専用アプリ「ビットレ君」

(出所:GMOコイン

■外貨との通貨ペアならQUOINEやビットポイント。メタトレーダー4(MT4)が使える?

 続いて、仮想通貨と外貨との通貨ペアを取り扱っている仮想通貨交換業者、QUOINEビットポイントについて確認しておきましょう。

 まずは、QUOINEから。QUOINEが提供する仮想通貨のFX、「レバレッジ取引」の最大の特徴は、米ドルやユーロはもちろん、シンガポールドルやフィリピンペソなど、かなりマイナーな通貨とのペアがラインナップされている点です。このような新興国通貨との通貨ペアがFXで取引できる国内の仮想通貨交換業者は、かなり貴重だと思います。興味がある人は、ぜひ、チェックしてください。

QUOINE「Liquid」のウェブサイト

 ちなみに、QUOINEは、2018年9月に取引プラットフォームをQUOINEXからLiquidへリニューアルしました。

 Liquidは、もともとQUOINEが2017年に実施したICOで134億円相当を集めたプロジェクト。ここでは詳細は省きますが、Liquidは、仮想通貨市場における流動性の安定供給を目的とした、とにかくなんだか壮大なプラットフォームの構想です。QUOINEによると、2018年9月にリリースされた機能は、実は壮大な構想の一部で、今後、さまざまな関連機能・サービスのリリースを予定しているそう。

 興味がある人は、以下の【参考記事】でご覧いただければと思いますが、進化を続けるプラットフォーム、Liquidに注目しながら、外貨との通貨ペアも豊富なQUOINEで仮想通貨のFXを取引してみるのも、ありではないでしょうか?

【参考記事】
134億円相当を集めたICO「Liquid」リリース!世界中の注文を集めて「流動性」を確保せよ!?

 もう1つ、仮想通貨と外貨の通貨ペアを取り扱っている仮想通貨交換業者として紹介したいのがビットポイント。この業者の親会社は、東証二部上場のリミックスポイントです。

ビットポイントのウェブサイト

ビットポイントの証拠金取引には、「レバレッジ取引」と「ビットポイントMT4取引」というサービスがあり、レバレッジ取引の方はビットコイン/円のみの取り扱い

外貨との通貨ペアが用意されているのは、ビットポイントMT4取引の方です。こちらは、ビットコイン/円のほか、ビットコイン/米ドル、ビットコイン/ユーロ、ビットコイン/香港ドルの取引ができます

 また、ビットポイントMT4取引は、取引ツールが特徴的で、なんとメタトレーダー4(MT4)で仮想通貨のFX取引ができるのです! メタトレーダー4(MT4)は、ロシアのメタクオーツ社が開発した高機能取引ツールで、通常の取引のほか、EA(エキスパートアドバイザー)を使った自動売買にも対応しています。

チャート機能も充実していますので、テクニカル分析に力を入れたいと考えている人にとっても、うれしいツールでしょう。なお、以下の【参考コンテンツ】では、メタトレーダー4(MT4)について基本から詳しく解説しています。FXトレーダ―向けのものではありますが、参考になる情報があるかもしれませんので、併せて紹介しておきます。

【参考コンテンツ】
ザイFX!×メタトレーダー(MT4)

ビットポイントのメタトレーダー4(MT4)
ビットポイントのメタトレーダー4(MT4)

(出所:BITPoint

 メタトレーダー4(MT4)は、FXトレーダーなどには結構、おなじみの取引ツールですが、国内の仮想通貨交換業者で対応しているのは、ビットポイントのみ。メタトレーダー4(MT4)贔屓のトレーダーで、仮想通貨のFXにチャレンジしてみようかな、と考えている人は、ぜひ、ビットポイントをチェックしてください。

【参考記事】
BITPoint(ビットポイント)を徹底調査!メタトレーダー4(MT4)で仮想通貨取引!?

次ページでは、各業者の「レバレッジ手数料(スワップポイント、建玉管理料)」を比較しています!)

次のページヘ
この記事を各ソーシャルメディアで共有する
ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在のいいね数 2399人ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロワー数 96973人ザイFX!のtwitterをフォローする

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

GMOコイン
ビットコイン・仮想通貨の取引所&販売所を紹介!くわしくはこちら

人気記事アクセスランキング

  1. 11月30日(木)19:23更新【仮想通貨激論!】広瀬隆雄vs大石哲之(0)大物2人がツイッター上でにわかに激突!(井口稔[ザイFX!編集長])
  2. 06月29日(金)11:12更新bitFlyer(ビットフライヤー)を徹底調査!手数料無料で安心してはいけない真の理由(向井友代[ザイFX!副編集長])
  3. 08月17日(金)17:03更新2018年の今、ホリエモンに聞いた「ビットコインなどの仮想通貨が日本で爆発的に普及しうるシナリオ」(井口稔[ザイFX!編集長]&杉原光徳[ミドルマン])
  4. 11月16日(金)13:20更新「ビットコイン・仮想通貨のFX」ができる取引所を比較。上昇も下落も収益チャンスに(向井友代[ザイFX!副編集長])
  5. 06月28日(木)14:07更新ひろぴーが店舗でのビットコインの支払いにビットポイントのアプリを使っているワケ(ひろぴー[専業トレーダー])
  1. 11月30日(木)19:23更新【仮想通貨激論!】広瀬隆雄vs大石哲之(0)大物2人がツイッター上でにわかに激突!(井口稔[ザイFX!編集長])
  2. 07月04日(水)14:30更新ヨーロピアン氏がビットコインを買う理由。早くて2019年に200万円超えへトライか?(高城泰[ミドルマン])
  3. 03月04日(月)14:30更新ビットコイン・仮想通貨の取引所/販売所を比較。取引コストが安いのはどこ?(向井友代[ザイFX!副編集長])
  4. 03月19日(火)15:45更新コインチェックを徹底調査! 国内で唯一ファクトムの取引可能。コスト高って本当?(向井友代[ザイFX!副編集長])
  5. 12月28日(木)12:00更新仮想通貨初心者でも1分でわかる「ビットコイン」の基礎知識!(堀之内智[ザイFX!編集部])
  1. 03月04日(月)14:30更新ビットコイン・仮想通貨の取引所/販売所を比較。取引コストが安いのはどこ?(向井友代[ザイFX!副編集長])
  2. 07月04日(水)14:30更新ヨーロピアン氏がビットコインを買う理由。早くて2019年に200万円超えへトライか?(高城泰[ミドルマン])
  3. 08月17日(金)17:03更新2018年の今、ホリエモンに聞いた「ビットコインなどの仮想通貨が日本で爆発的に普及しうるシナリオ」(井口稔[ザイFX!編集長]&杉原光徳[ミドルマン])
  4. 11月30日(木)19:23更新【仮想通貨激論!】広瀬隆雄vs大石哲之(0)大物2人がツイッター上でにわかに激突!(井口稔[ザイFX!編集長])
  5. 06月28日(木)14:27更新約2億円の利益!? ヨーロピアン氏がBTCを200万円付近で決済できたのはなぜか?(高城泰[ミドルマン])
  1. 08月17日(金)17:03更新2018年の今、ホリエモンに聞いた「ビットコインなどの仮想通貨が日本で爆発的に普及しうるシナリオ」(井口稔[ザイFX!編集長]&杉原光徳[ミドルマン])
  2. 03月04日(月)14:30更新ビットコイン・仮想通貨の取引所/販売所を比較。取引コストが安いのはどこ?(向井友代[ザイFX!副編集長])
  3. 07月04日(水)14:30更新ヨーロピアン氏がビットコインを買う理由。早くて2019年に200万円超えへトライか?(高城泰[ミドルマン])
  4. 07月24日(水)15:30更新ビットコイン急騰劇をズバリ予想! 億り人の意外な前歴と儲かる手法!?をマル秘公開!(高城泰[ミドルマン])
  5. 12月28日(木)12:00更新仮想通貨初心者でも1分でわかる「ビットコイン」の基礎知識!(堀之内智[ザイFX!編集部])

さらに人気記事アクセスランキングを見る>>

ザイFX!トップに戻る ザイFX!×MT4トップに戻る
↑ページの先頭へ戻る